Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] やめてください しんでしまいます / シェイクジアス

やめてください しんでしまいます
作品名:やめてください しんでしまいます
サークル:シェイクジアス

2010.5/5配布

オリジナルシングル
全1曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
VELGA / DRAGON GUARDIAN Feat. Izna」を購入したときに、
Vo.のIZNAさん(Velforest.)に手渡されたモノです。

よくは分からないですが、
IZNAさん(Velforest.)のサイドプロジェクトみたいなもののようです。

正直ジャケのイラストは、
うん…まぁ…という感じですが、
こういうのも同人らしくて良いです。うん。

=====

tr-1「やめてください しんでしまいます」
ひたすら明るいアップテンポのスピードチューンです。
アニソンっぽいといえばわかりやすいでしょうか?

やはりIZNAさんのVo.はクセがあるものの、
楽しんで歌っているというのもありますが、
とても声が通っていて、
こういったポップチューンの方が、
声質には合っていると思いました。

サウンド面ではちょっと音質悪いです。
全体的にフィルターがかかっているような、
コモって聴こえます。

展開はまさに王道。
これもアニソンっぽいですね。
メロもなかなかにキャッチーですし、
メリハリ効いてますし、
何よりも聴きやすいです。

聴かせるというよりは、
モロにライブで演奏することを意識して作られたように感じます。
なので、普通に聴いていてもノリは良いですね。

=====

うーん。
もうちょっと他の曲が聴いてみたいですね。

というか、こっちの路線のほうが良いんじゃなかろうか?
とか思ってみたり。

あと、音質悪いのはなんとかして欲しかったです。
いくら無料配布とはいっても、
音質悪いとどうもね…。

ただそれでもひたすら明るく楽しくってのは伝わりました。
これは良いポップロック。
気になるかたはマイスペでも公開されているのでぜひ~。
スポンサーサイト

| 同人音楽 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

OFFっぽい何かとか他。

先週は、★なないろ夢日記☆のメタリッカーさんと、
今週は、Dream Cageの竜美悠さんと、
OFF会っぽい何かをしたりしなかったり。

ツイッターとかmixiとかでお世話になってて、
ついでにリンク貼ったり貼られたり。
自分もかなり文章を書く時に参考、
勉強にさせて戴いているお二人に会えたのは、
物凄く光栄です。

今までM3コミケ等のイベントでしか会うことしか無かったので、
挨拶程度の会話しか出来ませんでしたが、
顔を合わせてゆっくり会話が出来たのは、
自分にとって物凄く刺激的であり、プラスになったと思います。

特に、スタンスの違いはあれど、
同じ同人音楽の感想・レビューを書いているもの同士、
色々な話が出来るのは良かったですね。

こうやって、感想・レビューを書いている方同士で集まって、
色んな話が出来たらなぁ…なんて思ってみたり。

さて。
そこでこんなもの登場。
「PSY」新品未開封!!
既に絶版になっているMiddleIslandの「PSY」です。
しかも新品未開封(!!)。
ツイッターで竜美悠さんが2枚所持しているとのコトを聞いて、
頼み込んで譲っていただきました。
この場を借りて、改めてお礼をば。

「お兄ちゃん、ありがと(はぁと)」←

作品自体はメロンブックスでDL販売があったので、
データとしては所持しているのですが、
現物自体は所持していなかったので、
ホント、有難い限りです。m(_ _)m

あとは気の許す仲間と一緒にカラオケ→呑みのいつものコース。
年のせいかハイトーンはだんだん出なくなってきましたね。
もうちゃんとトレーニングとか声出しとかしないとヤバイです。
ほんと、ガラスの喉なので、
ハイトーンの曲だと2曲くらい歌ったら死ねます。ええ。
あと、レパートリーが少ない。

そんでこんなお土産もらったり。
せんべーとくま。
広島銘菓の「杓子せんべい」です。
美味しくいただきました♪。
あ、グルーミーは同日に¥100一発ゲットです。
ついでです。

そんなこんなで。
ノシ

| 雑記 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] When it begins... / Domine-J-C

When it begins...
作品名:When it begins...
サークル:Domine-J-C

2009.10/11頒布

オリジナルミニアルバム
全5曲収録
全てインスト



■感想みたいな何か
新譜買ったついでに旧譜も…ってな感じで購入した…んだっけなぁ。

サークル初のインストミニアルバムです。
「選ばれし者」がメタルだったのに対し、
こちらはサントラチックなインストになっています。

=====

tr-1「When it begins...」
まるでRPGのラストバトルばりのオーケストラ曲。
メリハリの効いている展開や、
わかりやすいまでのメロはまさにそれ。

ちょっとロック色強いのも、
バトル曲っぽくて良いですね。

tr-2「Desolated Villege」
まるでちょっと寂れた山村をイメージしたかのような
オーケストラ曲です。

これもRPGの曲っぽいですね。
ホントに使われてそうな感じがします。

ストリングスの使い方が巧いです。

tr-3「Nostalgic Waltz」
もう曲名そのまんまでしょう。
ちょっと寂しげなメロの木管や、
オルガンがたまらないです。

これもRPGで(ry
ちょっと寂れた王宮ってな感じですかね。

tr-4「The wish I dreamt of」
アコギから始まるピアノとのバラードです。
指が弦をすべる音がたまらない…。

これは凄く良い曲です。
寂しげなメロもそうなんですが、
アコギ+ピアノってのがたまらないです。

こういう切ないのにも弱いんだよなぁ…。

tr-5「Sandglass」
これも指が弦をすべる音がたまらない…。
アコギから始まる曲です。
アルペジオっていいものですね…。

途中からストリングスと木管が入ってきて、
壮大さに磨きがかかります。

そこからの展開は素晴らしいです。
アコギとのマッチングもさることながら、
盛り上げ方が非常にドラマチックで、
ゾクゾクしました。

=====

これ、ホントに同じサークルなのかって思うくらいです。
そのくらいの違いを感じました。

久々にいいオーケストレーションを聴いた感じがします。
あとアコギ。これはいいものです。

特に気になるところも無いですし、
センスの良さも感じる一枚です。
この路線でフルアルバム出して欲しいとか思ったり。

RPGっぽいサウンドやアコギ好きならばオススメです。

| 同人音楽 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[例大祭7 現地調達でGET!] 流月抄 Moon over Mind. / Crest

流月抄 Moon over Mind.
作品名:流月抄 Moon over Mind.
サークル:Crest

2010.3/14頒布

東方アレンジアルバム
全7曲収録
6曲がVo曲



■感想みたいな何か
花たんとしてもお馴染みの、
ユリカさん所属のサークルです。
サークルとしては初めての東方アレンジアルバムのようで、
ユリカさん以外にも、Cheroseさんと、
ゲストとしてASKさん(あすけの。)も参加しています。

まー、当然ユリカさん目当てですよ。ええ。

=====

tr-1「Intro.」
「永夜の報い」のピアノインストアレンジです。

ピアノソロでかなり原曲に近く、
とても聴きやすいです。

透明感のあるクリアなピアノの音色は、
幻想的で良いですね。

タイトルの通りイントロ曲なので、
1:02と短いです。

ただこの曲があるからこそ、
次曲が映えるってもんです。

tr-2「The Bad Moon」
「幻視の夜」のヘヴィロックアレンジです。

ちょっとコモった感じのサウンドの、
へヴィかつちょっと明るいG.のリフからのイントロで始まり、
エフェクトがかかってユリカさんのVo.が入ってくる冒頭には、
「カッコイイ!」の一言。

パワフルで伸びのある、
存在感のあるユリカさんのVo.はまさに圧巻。
へヴィなサウンドに気後れすることなく、
見事に歌いきっています。

特にサビでのハーモニーはパワフルさだけでなく、
美しくも繊細な一面も垣間見れます。

ミドルテンポでノリも良く、
メロはいじってあるものの、
とても聴きやすいアレンジになっています。

サウンド面ではちょっと低音が強いです。
特にG.。
へヴィさを前面に出しているのと、
ユリカさんのVo.を際立たせるのはわかりますが、
Dr.が聴きづらいくらいなのはどうかなーなんて。

G.ソロも収録されてますが、
オマケ程度ってな感じです。
もうちょっと頑張って欲しかったのは秘密です。

それでもこの曲は純粋にカッコイイです。
ひさびさに骨のあるヘヴィロックを聴きました。

tr-3「Bizarre Dream」
「夜だから眠れない」のヘヴィロックアレンジ。
これは珍しい「東方三月精」からの出典ですね。

とてもダークなシンセのイントロと共に、
怪しいCheroseさんのVo.で始まるスローナンバーです。

途中からまたしてもヘヴィなG.が加わって、
妖しくも消え入りそうな細い歌声の
CheroseさんのVo.がたまらないです。

こちらもメロはいじってあるものの、
とても聴きやすいです。

やはりヘヴィさに重点を置いている為か、
低音強めです。
もうちょっと中間域が欲しかったかなぁ。

CheroseさんのVo.も若干ですがクセがあるので、
人によっては好みの分かれるところじゃないでしょうか。

あ、遅れましたがVo.のCheroseさんは男性です。

それと、ブックレットには歌詞が掲載されてないのですが、
HPにて公開されているので本作をお持ちの方はどうぞ~。

tr-4「Tears of Moonlight」
「狂気の瞳」のアレンジ。
Vo.はユリカさん。

基本4ツ打ちで、
ここまでのロック路線とはちょっと違います。

曲自体はシンセが主体ですし、
ミドルテンポでノリも良く、
メロはサビの部分がほぼ原曲通りなので、
非常に聴きやすいです。

ハウスっぽいピアノや、
ちょっと粗いG.のサウンドがまた良いです。

ユリカさんのVo.は言わずもがな。
とてもパワフルに、かつしっとりと歌い上げてます。
ラストはちょっとセクシーです。

派手さはないものの、
ユリカさんの違う一面が見れたようで、
満足のいく一曲です。

tr-5「Blue Ray」
「天空のグリニッジ」のJAZZアレンジです。
Vo.はASKさん(あすけの。)。

大人の雰囲気バッチリのアレンジで、
とても良いです。

ASKさん(あすけの。)のVo.もとても通っている歌声で、
クセも少なくとても聴きやすいです。

こちらもメロは多少いじってあるものの、
聴きやすいですね。

tr-6「Midnight Queen」
「亡き王女の為のセプテット」のアレンジです。

ピアノからのイントロが美しいスローな4ツ打ちアレンジで、
ユリカさんがスローながらもパワフルで、
かつしっとり歌い上げてます。
これはたまらないです。

メリハリもはっきりしている曲展開も、
Vo.に重点を置いている構成もよく、
さほど派手ではないのも良いです。

特にピアノのVo.だけの部分は幻想的で、
とても良いです。

tr-7「無重力の世界とくだらないいくつかの理由」
「千年幻想郷」のバラードアレンジです。
Vo.はCheroseさんです。

とてもしっとりしたサウンドで、
CheroseさんのVo.がぴったりはまっています。

またオーケストラサウンドも見事です。
壮大ですし、何より全体的に巧いです。

ちょっと短いのが残念です。
もっと長くてもよかったかも。

=====

全体的に見て、
Vo.に重点を置いた作品なので、
歌モノ好きにはもってこいですね。

また前半が勢いがあるのに対し、
後半がやや失速気味なのが難点かと。

逆にジャンルがバラバラなのに、
意外にも違和感無く感じました。
これにはちょっとビックリです。

ユリカさんにはほんとロックが似合います。
こういう女性Vo.は久々に見ますね。

CheroseさんASKさん(あすけの。)と、共に巧く存在感もあるのですが、
ユリカさんに喰われてる印象も受けました。
男性Vo.でパワフルなのが1曲でもあれば印象は違ったのでしょうが。

パッと見東方とわからない、
ダークなジャケットもまた良いです。

パワフルな女性Vo.が聴きたい方は是非ともオススメしたい一枚です。
とはいっても3曲ですが、それだけの価値はあると思います。

| 同人音楽 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] 無料配布CD / Je Bats

無料配布CD
作品名:無料配布CD
サークル:Je Bats

配布日不明

オリジナルデモマキシ
全3曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
無料だったので頂いてきました。
現在は6人での活動ですが、
まだメンバー募集しているようです。
というか、活動始めたばかりなんでしょうか?
HPにもあまり情報がないので、
恐らくそうなんでしょう。

=====

tr-1「Lost Fragment」
透き通るようなシンセから始まる4ツ打ちの曲です。

冒頭からラップが入っているので、
物凄く某grobeかと思いました。
いやむしろこういうのは好きです。

Vo.は∞tundevi∞という女性の方です。
ちょっと不安定かな?とは思いましたが、
高音の伸びはなかなか。
もっとパワフルにならないかなぁ。

メロもキャッチーで聴きやすいですし、
シンセの使い方とか展開とかが某I'veっぽいです。
エロゲのOPで使われてそうな感じも受けました。
まさに某I'veですね。

これは是非フルで聴いてみたいですね。

tr-2「starry☆sky」
こちらも4ツ打ちです。

Vo.は蛍という女性の方です。
いわゆるアニソンボイスといえばわかりやすいでしょうか。
かなり通る声質で、かわいい歌声ですね。

ちょっとスカスカ感が目立ちます。

打ち込みバリバリのDr.はいいのですが、
ちょっと軽すぎです。

あとパン振りすぎのハイハットがかなり耳につきました。

G.もちょっと粗すぎですね。
ぼやっとしてますし、
存在感もあまり無いです。

tr-3「Loftiness」
美しいハーモニーが特徴的な、
ピアノロックです。

Vo.はReiという女性の方。
前述の二人とはかなり違い、
透き通るような、ちょっと細い歌声ですが、
美しいハーモニーが特徴です。

これもエロゲのOPっぽいです。
フツーに良いです。

メロもキャッチーで聴きやすいですし、
展開もわかりやすくていいです。
なによりピアノが綺麗ですね。
こういうのはキライじゃないです。

これも是非ともフルで聴いてみたいです。

=====

これはちょっと面白そうなのが出てきました。

このCDに収録されている曲はHPでも聴くことが出来ます。
気になったかたは是非。
音質はCDの方が良いのは当たり前ですが。

デモの段階でこれだけのものが作れるのならば、
否が応にも期待してしまうというもの。
1曲でもいいから完成したものが聴いてみたいですね。

| 同人音楽 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペプシバオバブ飲んでみた

さてー。
あずきに引き続き「バオバブ」でございます。
巷で意外に(?)好評とのことで、ちょっと残念とは思いつつも早速購入。

ばおばぶ。

そもそも「バオバブ」ってなにさ?
ってなわけで早速ググる。
…。
ふむ。
アフリカ、主にサバンナに生息する樹木ね。
んで、実は食べられると。
要はフルーツってことかしらん。

とゆーわけで、
いたってフツーなのね。身近じゃないだけで。

まずは外観から。
確かにアフリカっぽいラベルですねー。
夕方のサバンナって感じの。
ん?
ちょっとまて。
「アフリカの大地にそびえる
バオバブの木をモチーフにした
開放感あふれる爽やかなコーラ!」

との記載が…!
あれー。
バオバブの実味じゃなくて、
あきまでもバオバブの木のイメージなのか。
ちょっとわからくなってきたぞ?

つかそれだったらバオバブじゃなくてもいいんじゃね?
ペプシサバンナとかさぁ…。

液体の色は琥珀色をちょっと濃くした感じ。
オレンジティーとかの色に近いかなぁ。
ここからじゃ味は想像できないです。
一体どんなだ…。

さて開けてみよう。
パキパキ…ぷしゅー。
うん。炭酸だ。あたりまえか。

くんかくんか。
うーん。
ちょっと酸っぱいフルーティーな香りですね。
これはひょっとしなくても美味しいんじゃなかろうか。

んじゃ早速。
こくこく。

あれ?
美味しいw


舌から鼻に抜ける感じはジンジャーエールのそれに近いですし、
程よく甘く、ちょっと酸っぱくフルーティー。
なにより飲みやすいです。
後味もさほど強くなく、
酸っぱさ特有のものがちょっとあるくらい。
見た目とは違って凄く爽やかです。

これ、ある意味失敗じゃなかろうかという感じが…!
だって美味しいんだもの。
ただ定番にはならなそうな味ですね。

というわけで、あずき程ではなかったです。
むしろオススメ。
炭酸、特にジンジャーエールが飲めるなら、
問題なくオススメします。

ってあれ?

| 雑記 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] VELGA / DRAGON GUARDIAN Feat. Izna

VELGA
作品名:VELGA
サークル:DRAGON GUARDIAN Feat. Izna "VELGA"

2010.5/5頒布

オリジナルミニアルバム
全6曲収録
5曲がVo曲



■感想みたいな何か
DRAGON GUARDIANの勇者アーサーさんと、
Velforest.のIZNAさんによる企画ユニットのミニアルバムです。

ナンバリングはDRAGON GUARDIANですが、
DRAGON GUARDIAN扱いではないとのことなので、
ちょっと注意が必要かもです。

=====

tr-1「新宿心中」
六本木じゃなくて新宿です。

はい。
一言で言うならば歌謡メタル。そのまんま。

へヴィなリフに歌謡っぽさ全開のメロ、
わかりやすいまでの展開に、
それらを強調するかのようなストリングス。
そして時折疾走する2バス。
まさに歌謡メタルそのものです。

DRAGON GUARDIANではあまり聴くことが出来ない、
G.ソロが収録されてるのも大きなポイントですね。
タッピング交じりの、
所謂泣きのフレーズが聴けます。

歌詞もいかにも歌謡でありそうな内容ですし、
英詩が一切ないのもポイントですね。

ただ、Vo.のIZNAさんの声質は
多少クセがあるので、
ちょっと人を選ぶかも知れません。

パワーも十分、ハイトーンも申し分ないですが、
特に中・低音部でのビブラートが、
ちょっとしつこく感じます。
高音部ではいいのですがね。

tr-2「to be...」
とてもキャッチーなメロのVo.で始まる曲です。

アップテンポなスピードチューンで、
オルゴールっぽい音色のキラキラシンセと、
動きまくって目立っているB.ラインが印象的です。

もうなんていうか、アニソンっぽいとしか言えないですね。
展開といい雰囲気といいキャッチーさといい。

特にラストのVo.とストリングスだけになる部分なんて、
お約束以外のナニモノでもないですし。

ただやけに明るさが目立っているせいもあってか、
メタルというよりはテクニカルHRな印象でした。
G.ソロの部分はメタルなんですがねー。

tr-3「IZ姫の大冒険Part.1」
tr-4「IZ姫の大冒険Part.2」と合わせての組曲ですねー。

オーケストレーションからの出だしはまるでDRAGON GUARDIANかと思うくらいで、
明るくキャッチーなメロがとても良いです。

ファンタジックな要素もかなり強く、
シンフォニックな一面も持っていますが、
かなりポップで聴きやすいですね。

動きまくって目立っているB.ラインもまた良いです。

これならクワイヤとか加えて、
もっとやっちゃっても良かったんじゃないかと思うくらいです。

tr-4「IZ姫の大冒険Part.2」
へヴィなリフからの展開、美しいメロ、
キラキラシンセ、オーケストレーション、
全てがDRAGON GUARDIANそのもの。

中盤のエフェクトかかったVo.はカッコイイですね。
オルガンと相成って独特の雰囲気を出しています。

tr-5「Re:Birth」
チルボドかっと思うほどのイントロ。

メロデスっぽいリフ、美しいハーモニーのVo.と、
やけに動きまくるB.が非常に良いです。

シンセvsG.のバトルも熱いです。
この辺りはDRAGON GUARDIANじゃ聴けないので新鮮です。

tr-6「The Last Game」
泣きのG.プレイ全開のインスト曲。
マーチング調のリズムで、アウトロ扱いっぽい曲です。

この「タメ」はたまらないです。
DRAGON GUARDIANで聴けないのは残念ですが、
これは素直にカッコイイと思いました。

=====

DRAGON GUARDIANやらない・できないことをやる企画なので当然ですが、
DRAGON GUARDIANでは聴けないサウンドが聴けるってのは大きいですね。

勇者アーサーさんのメロディセンスの良さと、
DRAGON GUARDIANのサウンド意外にもこれだけ出来るってのを
見せ付けられた気がします。

ただやはりIZNAさんのVo.がクセが強いのが難点かなと。
これが大丈夫ならば文句なしにオススメします。

| 同人音楽 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] 蛇姫伝説 / 卯油屋

蛇姫伝説
作品名:蛇姫伝説
サークル:卯油屋

2007配布

オリジナルアルバム
全12曲収録
全てインスト



■感想みたいな何か
無料配布だったので、ごっそり貰って来たうちの一枚です。
無料とはいっても、手作りじゃなく、
ちゃんとプレスしたCDに業者製の紙ジャケ。
ある意味尊敬しますね。

ちなみに全12曲とありますが、
tr-11はまったくの無音で、
tr-12はシークレットです。

=====

tr-1「序曲」
鈴の音から入る、
和の音程を基調としたノンビートの曲。

幻想的な雰囲気とともに、
優しいシンセの音色が心地良いです。

終盤の鈴の音が、
夏虫の音に聴こえてしまうのは自分だけでしょうか。

tr-2「蛇姫伝説」
こっちはB.とDr.も加わった、
ロック調の曲です。
RPGのフィールドBGMっぽい感じですかね。

分かりやすいメロと共に、
転がるようなB.ラインと、
Dr.のフレーズと共に入ってくる太鼓の音が良いです。

また中盤からはストリングスが加わって、
幻想的な雰囲気もバッチリです。

tr-3「夜桜幻想」
まさに夜桜思わせるメロと、
低音そのもののB.が印象的な曲です。

サウンド全体の雰囲気は幻想そのもので、
終盤の左右に振られるシンセは見事です。

ちょっとDr.がコモリ気味ですかね?

tr-4「霧海蛟淵」
妖しいまでのシンセが微妙に恐怖感を煽るものの、
どこか明るいメロとのギャップが面白い曲です。

スローテンポで終始まったりしているものの、
ラストのシンセは怖かったです。

tr-5「管狐之焔」
シンセの明るいメロと、
歪んだB.と展開が面白い曲です。

微妙に超展開ですが、
中盤のカオティックな展開は嫌いじゃないです。

tr-6「夕凪楔月」
ノンビートの部分が多い、
とても幻想的な曲。
波の音っぽいエフェクトが素敵です。

微妙にエコーかかった、
三味線や尺八がかなりいいです。

tr-7「妖星天山」
シンセのメロが特にポップな曲です。

タイトル通り妖しいというのが
ぴったりな曲ですね。

終盤の展開はちょっとカオティック。

tr-8「人形之宴」
こちらもかなりポップな曲です。

初め聴いた時は東方の旧作っぽく感じました。
といえば分かりやすいでしょうか。

跳ねるようなB.が印象的です。

tr-9「蛇姫幻想」
タイトルとおり幻想的なノンビートの曲。

終始スローテンポで幻想的です。
静かでまったりできます。

tr-10「終曲」
記載上のラスト曲です。

音色の違うシンセの絡みが綺麗です。

この後のtr-11は10:30程全くの無音です。

tr-12
シークレットtrですかね。
なもんで当然タイトル分からないです。

聴きやすいメロと、
太鼓がとても印象的な曲です。

なんだか夏祭りっぽい感じを受けました。

=====

ジャケから想像しやすい、
モロに和を基調としたサウンドで、
とても聴きやすい内容になっています。

多少のスカスカ感はあるものの、
とても幻想的で惹き込まれていきます。

ただ目立つ曲もあまり無いので、
めちゃくちゃ良いってほどでもなかったです。

全体的にみて、
打ち込み感がハッキリしてしまっているサウンドが
ちょっと勿体無い感じがしました。

これをベースにもっと発展させたら
面白いものが出来るんじゃないかなぁ、
とか思ってみたり。

| 同人音楽 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] ○刊わたしのはいてない編 / ぶらは堂本舗

○刊わたしのはいてない編
作品名:○刊わたしのはいてない編
サークル:ぶらは堂本舗

2009.5/5頒布

虫姫さまアレンジアルバム
全7曲収録
全てインスト



■感想みたいな何か
虫姫さまのアレンジと聞いたら、
そりゃもう購入するしかないわけで。

これ、面白いパッケージです。
薄いし軽いし。
ちょっと開きづらいのが難点ですが。

タイトルも秀逸です。
はいてないのはレコ姫の代名詞ですね♪

=====

tr-1「RAGE AGAINST THE MUSHI」
STAGE2-3のアレンジ。
タイトルがもうね。

基本4ツ打ちのアレンジで、
ノリのいい動き回るB.ラインが印象的なアレンジです。

音色の聴き易く、バランスも良いです。

展開は乏しいと感じるかもですが、
STGのBGMってこんなもんです。
とくに道中曲なんてなおさら。

tr-2「BLUE TEARS」
STAGE1-4のアレンジ。

これは自分が苦しんだSTAGEなので、
思い入れがありますね。

原曲の幻想的な雰囲気はそのままに、
ピアノやストリングスを加えて
より深みを出しているスローな曲です。

思いっきりパンを振っている、
クリーントーンのG.と、
メインでもあるピアノの使い方がとても巧いです。

終盤に入ってくる、
ジャジーな音色のG.がたまらないです。

こういうアレンジもいいなぁ。

tr-3「Danmakukit From Hell」
BOSS#1のアレンジです。

どこか埼玉を彷彿とさせる、
デジタルHMですね。

これは純粋にカッコイイです。
低音の効きもさることながら、
時折入る金属系のエフェクトや、
へヴィなG.のリフがたまらないです。

メインはスローテンポで恐ろしい雰囲気を出しているのですが、
終盤は一変。
激しいリフから始まって、スピードチューンへと変化。
この変化がたまらないです。

tr-4「INTERMISSION」
BOSS#2のアレンジです。

タイトルよろしくインターミッションらしい、
まったりとしたスローでやさしい曲です。
これがBOSS戦の曲とは思えない程のアレンジです。

終盤のシンセだけがが残って、
他がフェードアウトしていくアウトロは好きですね。

tr-5「Violence Purpleshot」
STAGE2-4のアレンジ。

シンセのパン振りが気持ち良い曲です。
動き回るB.も心地よく、
とてもダンサブルで気持ち良いです。

それほど展開しないかな?とは思ったのですが、
中盤から結構展開して、
その変化を聴くのも楽しいです。

tr-6「灯籠の中心で哀を叫ぶ」
STAGE2-5のアレンジ。

ここまでとは一風変わって、
ストリングスからはいって、
跳ねるようなピアノが印象的な、
民族系のアレンジです。
どちらかといったらラテン系なのかなぁ?

これはもう、ノリの良いピアノがたまらないですね。
奥でシャカシャカいってるタンバリンもまた。

音数多いのに、それほど気にならないのも○。

でもちょっと展開に乏しいかな?

tr-7「森のそれなりに奥のほう」
STAGE1-5のアレンジ。

これはハードテクノですかね。
tr-6「灯籠の中心で哀を叫ぶ」からの流れだと
ビックリすること間違いないです。

それでもメロはしっかりしていて、
楽器がかわってもしっかり聴けるのは流石です。

これだけ派手だと結構飽きが来るのは早いのですが、
この曲は楽器の多様さと共に、
展開にもメリハリが付いていて、
なかなか飽きさせてくれません。

いろんな要素も垣間見えるので、
それを聴くのも楽しいです。

=====

収録されているジャンルがバラバラですが、
ジャンルがどうこうというより、
バランスと音色の使い方が巧いです。

アレンジらしいアレンジですし、
それでも聴きにくいことも無いのも良いです。

これは良いアレンジでした。
ジャンルもバラバラなのは逆に入りやすいかも。
テクノ要素多目なので、
4ツ打ちとか大丈夫なSTGファンなら是非。

| 同人音楽 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] 暮色蒼然 / 午前四時

暮色蒼然
作品名:暮色蒼然
サークル:午前四時

2010.3/14頒布

東方アレンジミニアルバム
全6曲収録
5曲がVo曲



■感想みたいな何か
HPのリンクが切れてるので、
詳細が分からないです。

ライナーの記載からだと、

Vo.tatsu
B.sumi-
デザイン、アレンジ masuta

というメンバーのようです。
あれ。Vo.とB.以外は?

特筆すべきは、ジャケット(ブックレット)が
完全手作りの両面印刷8Pだということ。
今まで色々手作りは見てきたものの、
ちゃんとブックレットになっているのは少ないので、
これは驚きです。

=====

tr-1「彼岸過迄」
「彼岸帰航」のストレートなロックアレンジ。

ちょっと音が軽いものの、
とても聴きやすいギターロックです。

G.ソロの多少コモリ気味だけど、
荒々しいサウンドはとても良いですね。

Vo.の声質の凄く通っていて聴きやすいです。
ただ、若干のパワー不足と不安定なのが残念です。

サウンド面ではVo.が若干前に出すぎているかな~と。
AメロBメロだとちょっとスカスカしてるので、
もうちょっとB.強めでもいいかも知れないです。

tr-2「Finding Evening Srtar」
「夜が降りてくる」のアレンジです。
フェードインしてくるイントロや、
メインリフはカッコイイの一言。

メロが入るとVo.にエフェクトがかかるものの、
これが良い雰囲気を出していて、
なんともノスタルジックに感じます。

この曲ではVo.のパワー不足は感じなかったです。
というか、曲全体の勢いがあって、
そんなのは気にならなかったですね。

また、冒頭のDr.のフィルがカッコイイです。
これはいいフレーズです。

tr-3「Princess Can't Die」
「竹取飛翔」のインストアレンジです。

メロはシンセが主体で、
基本4ツ打ちの曲になってます。

終盤前の「ピチューン」には
ちょっとビックリしたと共に、
思わず「上手い!」と。

全体的に音が軽めなのが残念かなぁ。

tr-4「真相心理」
「ラストリモート」のバラードアレンジです。

クリーントーンのG.がメインなのですが、
Vo.が若干不安定です。
少し音程が外れている様に聴こえますし、
ちょっと勿体無いですね。

メロは結構いじっているので、
若干聴きづらいかも。

ただ、曲の雰囲気は凄くいいです。
こういうバラードは好きなんですよね。

tr-5「蝉時雨」
「蠢々秋月」+「幻視の夜」のアレンジ。

ミドルテンポで、
どこと無く寂しい雰囲気がとても良いです。

展開とかサウンドはいいのですが、
ここでもやはりVo.が気になってしまいます。

中盤後のクリーントーンのG.ソロは良かったです。

tr-6「夜明け前」
「六十年目の東方裁判」のアレンジ。
非常にノリの良い、ロックナンバーです。

これは良いドラミング。
ちょっと叩きたくなりますね。

展開もなかなかカッコイイです。
ストレートなロックという感じですね。

メロもいじってあるものの、
聴きやすい方ではないでしょうか。

ただ終盤のVo.とDr.だけになる部分がちょっと違和感です。
ちょっとG.加えても良かったかも。

=====

むー。
サウンドは良いです。寧ろ好きな部類です。

けどやっぱり、Vo.が気になってしまいます。
パワーだったり、抑揚が足りなかったり。
声質は通っていて聴きやすいので、
改善できれば凄い武器になると思います。

これは今後に期待したいですね。

| 同人音楽 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。