Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] 続・○刊わたしのはいてない / ぶらは堂本舗

続・○刊わたしのはいてない
作品名:続・○刊わたしのはいてない
サークル:ぶらは堂本舗

2010.5/5頒布

虫姫さま(ふたり)アレンジミニアルバム
全5曲収録
全てインスト



■感想みたいな何か
○刊わたしのはいてない」と同時に購入した、
虫姫さま(ふたり)のアレンジミニアルバムです。

○刊わたしのはいてない」と対を成しているジャケットが可愛いです。

=====

tr-1「ガルーダのように / STAGE.1-1,2-1」
跳ねるようなピアノが心地よい、
ノリのいい4ツ打ちアレンジです。

音数が多く派手なのですが、
それを五月蝿く感じさせないアレンジは見事です。

また、とても爽やかな雰囲気で、
ループして聴いていても飽きないのもいいですね。

メロも原曲重視で聴きやすいですし、
巧くまとまっている構成も見事。
これは良いアレンジです。

tr-2「イカール祭 / STAGE.2-2」
ピアノとシンセを主体とした、
4ツ打ちアレンジです。

イントロが少し不気味な雰囲気を出していますが、
メロが入ってからは一転して爽やかに。

比較的ノリも良く、
メリハリの効いたアレンジがとても良いです。

もうちょっと派手でもいいかな?
とは思ってみたりもしますが。

tr-3「サンドウォーム祭 / STAGE.1-2」
なんだろうこのノリ。
ラテンっぽいといえばいいんでしょうか?
踊りだしたくなるような感じです。

跳ねるようなピアノがいい感じです。
リズミカルなのにほのぼのまったりできます。

これは良いアレンジ。
何度聴いても飽きません。

もうタイトル詐欺もいいとこです。
まぁ、仮のタイトルをそのまま使っているだけなんでしょうが。
こういうのを想定外というんでしょうね。

tr-4「烈焔大地 / STAGE.1-3」
4ツ打ちテクノアレンジですね。

左右にパンが振られるのがとても楽しいです。
レトロチックな、
ちょっと間抜けな感じのシンセもまた良いです。

良い意味での原曲破壊ですね。
メロは原曲重視なのですが、
明らかに曲の雰囲気は別物で、
ちょっと楽しい感じも受けるアレンジに仕上がっています。

tr-5「POSTGAME / ENDING 」
ちょっと寂しげな、オルゴール調のアレンジです。

冒頭で巻き上げる音も入っているのは
良い味出してます。

終盤になると止まりそうになるのも定番ですが、
やはりこういうのはいいですね。

=====

5曲と少ないのが残念ですが、
アレンジ自体はどれも秀逸で、
ループして聴いていても飽きないアレンジは見事。

東方以外のSTGアレンジ少ない
(そもそもタイトルが少なry)ので、
もっと増えて欲しいところに、
こういう良いアレンジがあるというのは
良い刺激になって欲しいですね。

虫姫さま(ふたり)プレイヤーにはオススメ。
是非とも聴いて欲しいです。
スポンサーサイト

| 同人音楽 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] 2nd gospel.「Moonlight cradle song」告知用デモCD / 猫の福音

2nd gospel.「Moonlight cradle song」告知用デモCD
作品名:2nd gospel.「Moonlight cradle song」告知用デモCD
サークル:猫の福音

2010.5/5配布

オリジナルデモシングル
全2曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
Sylfioreでも活動中の朔夜さんと、
Vo.のくろねこさんのサークルです。
こっちがメインなんでしょうか?

あ、これは普通にCD-Rでした。
ちょっと安心。

=====

tr-1「feel(仮)ショートVer.」
クリーントーンのアルペジオとシンセ、
それに乗ってくる、くろねこさんの伸びやかな
透明感溢れるVo.で幕を開ける曲です。

くろねこさんのVo.は多少クセがあるものの、
突き刺さるような高音部での伸びは素晴らしいものがあります。
某サークルの方に似てはいるものの、
低音部での差別化が出来ているとは思います。

ちょっとV系の香りを漂わせるメロと構成のスピードチューンですが、
この完成度の高さにはビックリです。
Vo.が前に出すぎている感じもしますが、
曲全体のバランスは良いです。

これは是非ともフルで聴きたいです。

tr-2「Rone NoirショートVer.」
ストリングス、チェンバロも加わって、
よりゴシック要素が増えたスピードチューンです。

変則リズムとサウンドが、
初期某ラルクを彷彿させると感じたのは内緒です。

ショートVer.なので、
1コーラスで終わるのが物凄くもどかしいです。

この曲も構成、バランス共にいいですね。
早くフルで聴いてみたいです。

=====

むう。
アルバム聴きたいです。切実に。
とはいえ、完売してるっぽいんだよなぁ…。

Sylfioreもそうなんですが、
デモの段階でこのクオリティは凄いです。

しかもずるいのはもっと聴きたくなるところで終わるということです。
これが意図してやっているのだったら凄いことなんですが。

| 同人音楽 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東方写真集ROM F / アカカゲ本舗

東方写真集ROM F

作品名:東方写真集ROM F
サークル:アカカゲ本舗

2010/03/14頒布

東方コスROM
画像約480枚

モデル:地獄遊戯綺咲ゆね

撮影:アカカゲ



■感想みたいな何か
ジャケットの雰囲気が良かったので、
現地にて購入っと。

星蓮船、紅魔郷、パチェ×アリスという
三部に分かれて収録されてます。

それぞれ聖・ぬえ、レミリア・フラン、パチェ・アリスと
2キャラずつ、合わせあり、ピンありです。

地獄遊戯さん…封獣ぬえ、フランドール・スカーレット、パチュリー・ノーレッジ
綺咲ゆねさん…聖 白蓮、レミリア・スカーレット、アリス・マーガトロイド

こんなですね。

収録HTMLとFLASH。
スライドショー搭載で、
重い方用に軽量版も収録。
サムネイルが無いのが惜しい。
あと大きいサイズでも見られるのも良かったです。

凄いのはBGMが流れるということ。
恐らく使用許可は取ってあるとは思いますが、
原曲をふんだんに、計9曲も収録されています。
これにはちょっとビックリしました。

-星蓮船-

廃墟と洞窟(?)を中心に屋外での写真が殆どです。
特に聖のピン、洞窟内での写真はビックリしました。
エア巻物の使い方が非常に効果的で、
どのように固定されているかは分かりませんが、
まるで本当に宙に浮いているかのようでした。

ぬえの衣装がちょっとしょんぼり。
特に羽っぽい何か安っぽいです。
ぬえらしく暗い写真が多いのは◎。

特に洞窟の写真は光の使い方が巧かったです。

-紅魔郷-

洋館の一室を使った写真が多く、
フラン・レミリアでは、濃厚な絡みは一切ないです。

フランの衣装は多少アレンジが加わっているものの、
それほど違和感は感じませんでした。

似たような構図の写真が多目です。
もうちょっと色んなポーズが欲しかったかな?

フランのピンは、
原作通り閉じ込められている様子の構図です。
ただ、柔らかめなので、凶暴って感じがしないのが残念でしょうか。

全体的に赤と基調としたライティングが凄く良いです。
これはハッキリ言ってうらやましいですね。

フランは外廃墟での写真もあります。
この時の爪がメチャカッコイイです。
まさに吸血鬼って感じですね。

-パチェ×アリ-

外廃墟での2ショットは
引きの写真が多いのと、
同じような構図が多目です。

できればこの二人なら、
室内の写真が欲しかったですね。
パチェは外に出ないですし。
できれば図書館とか。

加工なのかライティングなのかは分かりませんが、
魔法を使っているかのような写真は良かったです。
正直これは発想勝ちだと思います。

アリスの動きのある写真は良かったです。
なかなかこういった動きのある写真を見ることは少ないので。

ただ、アリスならではの人形がいないのが悔やまれます。
せめて一体あればもっと幅が広まったのではないでしょうか。

=====

暗い雰囲気の写真が多いので、
明るい写真を求めている方はスルー推奨です。

逆に、シリアス系や雰囲気のある写真が見たい方は、
購入して損は無いかと思います。

まぁ、東方が大丈夫なのが大前提ですが。

あと、閲覧する時は音量注意です。
いきなり鳴ったのはかなりビックリしました。

| コスプレROM | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] Primavera ~プリマベーラ~ 告知用デモCD / Sylfiore

Primavera ~プリマベーラ~ 告知用デモCD
作品名:Primavera ~プリマベーラ~ 告知用デモCD
サークル:Sylfiore

2010.5/5配布

オリジナルデモシングル
全2曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
C78頒布予定の2ndアルバム「Primavera ~プリマベーラ~」の
告知用フライヤー付きデモCDです。

今回も前回と同じくプレスです。
無料配布でプレスって…。

=====

tr-1「スノウドロップ」
物凄く透明感のあるVo.で幕を開ける、
まるで初期の某LUNA SEAを彷彿とさせるスピードチューンです。
特にクリーントーンのアルペジオがもうね。

前のデモの雰囲気よりもっとポップ寄りになっていて、
とても爽やかで聴き易い曲です。

前のデモの時に感じていたVo.の不安定さもすっかり消えていて、
特徴的だった伸びのある歌声に拍車がかかっていて、
とても美しいです。

ちょっとスカスカ感はあるものの、
この透明感はさすがです。

tr-2「Swallow [Tale]」
ピアノとストリングスが印象的な、
ゴシック要素も多少あるスピードチューンです。

サビのメロもなかなかにメロディックで、
ハーモニーも美しくて良いです。

恐らくフルでの収録ではないでしょうが、
これだけでも十分ですね。

=====

アルバムを聴いていないのでなんですが、
たった2枚でのこの成長ぶりには驚かされます。

というわけで、
機会があれば是非ともアルバムを聴いてみたいです。
多分購入しますね、自分のことだから。

| 同人音楽 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[Break∽FielD 現地調達でGET!] RAZE/tears... / Reliance:Tone

RAZE/tears...
作品名:RAZE/tears...
サークル:Reliance:Tone

2008.10/12配布

オリジナルシングル
全2曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
2008.10/12に行われた
Primary闇;灯MintJamencounter+が出演した
Break∽FielD -Stage01-」というライブイベントで、
参加者全員に配られたCDです。
どうやら頒布や配布はされていない模様です。

ライブ自体は上記リンクにレポがあるので、
一読すると良いかもです。
というか。
今読み返したら、物凄いメンバーじゃないかっ!!
コレを見に行ってたんだよなぁ…。
しみじみ。

ちなみに参加メンバーとか羅列。

流歌(Reliance:Tone / encounter+)
桃梨(リル・プラクティカ / encounter+)
遊女(闇;灯 / FataMorgana)
ゆいこ(Primary)
BB(takrockers!!)

=====

tr-1「Raze
疾走感溢れる、アップテンポのロックナンバーです。
冒頭から聴ける弾きまくるピアノと、
Vo.の三人の美しいハーモニーがたまらないです。

メロが熱いです。特にサビ。
初めて聴いた時、
某JAM projectの曲に聴こえた程です。
この盛り上がりはまさに鳥肌もの。

G.ソロはBBさん(takrockers!!)。
冒頭とラストしか出番がないですが、
それでも弾きまくりでカッコイイです。

しかし、流歌さん(Reliance:Tone / encounter+)はこんなメロも
書けるのかと感心するばかりです。

tr-2「Tears...」
シンセが目立つミドルテンポの曲。

まるでエンドロールで使われていそうな、
爽やかなメロとテンポで、
これまたVo.のハーモニーが美しいです。

盛り上がりには多少欠けるものの、
このクオリティは流石です。
構成や展開の安定感も抜群です。

=====

残念なのはこれが会場限定だということと、
ちょっと前まではHPで聴けたのに、
今はリンク切れになっているということですね。

さらに凄いのは、
これ、手焼きCD-Rなんです。
会場に結構な人数入ってたから、
かなりの枚数だとは思うのですが、
ある意味太っ腹ですね。

tr-1「Raze」の熱さには
ホントにやられます。
男性Vo.Verも聴いてみたいとか思ったり。
どこかで再録されないかなぁ。

| 同人音楽 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[C74 メロンでGET!] 僕らのお○んぽ。 / COOL & CREATE

僕らのお○んぽ。
作品名:僕らのお○んぽ。
サークル:COOL & CREATE

2008.8/16頒布

オリジナルアルバム?
全16曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
意外や意外。
なんとコレがCOOL & CREATEとしては初のオリジナルアルバム。
というか、もうタイトルからしてもうね。
流石というかなんというか。
とりあえず伏字にしておきます。
すべて「ち」が入ります。

とりあえず参加メンバーとか羅列。

ビートまりお(COOL & CREATE)
myu314(とどのとまり亭)
狐夢想(狐夢想屋)
まこっちゃん
ジュクチョー(アドレナ義塾)
ペサマ
あまね(COOL & CREATE)

因みに手焼きCD-R版と、プレスCD版の二種類が存在してます。
自分のはプレス版ですね。

=====

tr-1「僕のお○んぽ。」
アカペラver.です。

歌詞はアレですが、
このキャッチーなメロは流石です。
  
素人っぽさバリバリのアカペラもなかなか。
このCD自体がネタなのでもうね。

tr-2「myu314のお○んぽ。」
4ツ打ちのテクノです。

歌詞がアレじゃなかったら
十分に聴ける曲ですね。

跳ねるようなピアノが良いです。

tr-3「○ンポリズム」
いわゆるテクノポップですね。

ちょっと可愛いです。
歌詞がアレじゃなければ良かったのに…。

tr-4「僕のYMお○んぽ。」
タイトルからも分かる通り、
某YMOを連想させるアレンジですね。

これは巧いと思いました。
でも歌詞がね…。

tr-5「公園でもお○んぽその1」
夏の公園で台詞の練習をしている、
そんな感じ。
コメントしづらいです。
  
tr-6「お○んぽ刑事。」
まるで某太陽にほえろ的なアレンジです。
  
これも純粋に巧いですね。
サウンドもまんまですし。

しかも一発録りらしいです。

tr-7「オ○ン湖ボイスサンプル。
そのまんまですね。
「元気な感じで」、「恥ずかしそうに」、「いたわって」など、
様々な状態での「お○んぽ」のボイスサンプルが、
7:50にわたって収録されてます。
  
よくこれだけ次から次へと出てくるものだと
感心させられます。ちょっとだけ。

tr-8「お○んぽ刑事、走る。」
これも某太陽にほえろ的なアレンジです。

こっちはスピードチューンで、
ちょっとノイズ入ってるのが臨場感あっていいですね。

tr-9「君に、お○んこ。」
なにこのきれいなバラード。
でもやっぱり歌詞はアレです。
もう台無し。
  
tr-10「僕のお○んぽ川。
70年代のフォークソングっぽいアレンジです。
これがまた良いです。
ほとんど某神田川。

歌詞はまぁ置いておいて、
ビートまりおさんの声がめちゃくちゃ合ってます。  

tr-11「公園でもお○んぽその2」
これも同じですね。
「太陽の下で、お○んぽ」。

tr-12「レンのおっ○ん。」
鏡音レンとのデュエットですね。
レン君と会話しているのには驚きました。
違和感バリバリですが。

というか、「ピー」音ウザイです。

それとセクハラやめれ。
「レン君案外…」とか吹いた。

tr-13「オ○ンシューティング」
架空のSTGをプレイしている風ですね。
これはどうなんでしょ。

BGMがメロなんですが、
効果音がウザイことこの上ないです。

tr-14「僕のお○んぽ with TnK。」
某TKっぽいアレンジですね。
これも巧いです。
そうとしか聴こえない。
  
tr-15「僕らのお○んぽ。」
これが全てのベースですかね。

この曲のメインメロが基調なっているので、
コレだけ聴けば十分かと。
それでもこのキャッチーなメロは流石です。

サビとかホント楽しそうです。
まじめに作り直してくれないだろうか。

tr-16「○んぽトーク」
いつもの通りトークが始まるかと思いきや、
思いっきりの楽屋録音です。

しまいには「○んぽしりとり」とかやってるし。
ほほえましいというか、単なるバカ(笑

=====

小学生か!!
と、叫びたくなります。

それでも各アレンジのクオリティの高さには参ります。
もっとまじめに…
って、このバカさ加減も彼らの魅力の一つなのですが。

確実にコレクターズアイテムでしょう。
COOL & CREATEのファンなら買いでしょうが、
下ネタがダメならスルー推奨。
逆にバカが好きならオススメです。

| 同人音楽 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIGBANG BEAT 2nd(仮) 製作ムービー / Frontier 彩

BIGBANG BEAT 2nd(仮) 製作ムービー
作品名:BIGBANG BEAT 2nd(仮) 製作ムービー
サークル:Frontier 彩

2010/6/20 頒布

対戦格闘ACTデモムービー



■感想

出る出ると言われているのになかなか出ない、
アリスソフトの「大番長」の同人対戦格闘ACT、
「BIGBANG BEAT 1st Impression」の続編、
「BIGBANG BEAT 2nd(仮)」の製作ムービーです。

収録自体は720と1080の2サイズが収録されています。
どちらも中身は一緒です。

ただ、録画機材が故障してしまったとのことで、
デジカメ録画になっています。
なもんで画質は悪いです。
うーむ。

=====

とりあえず確認できたキャラ
斬真狼牙
天楼久那妓
京堂扇奈
陣内兵太
闇崎アキト(闇のアギト)
韋駄川煉

新技もちょこっと確認しました。
あまりやり込んでいないので怪しいですが。

また、また超必発動時のカットインは新しくなってます。

全体的にスムーズでスピーディ。
あくまでもムービーで見る限りですが。

新規追加キャラ
月読きなこ(+グリモアちゃん)
グリモアちゃんもいるお陰か、
かなりトリッキーなキャラっぽいです。

宮里絵梨花(ショーコ、サキ付き)
当然三人組みなので、一緒にいるのは当たり前。
KOFのストライカー的な感じでしょうか。
ショーコのボディプレスとかもうね。

まぁ、当然前作のキャラも出てくるでしょうが。
下記のキャラは確認できず。
山本無頼
金剛丸三蔵
中西剣道・弓道
堀田大悟
デビル大悟
ハニー
まんぼう
スーパー兵太

情報では神威も使えるらしいですが、
個人的には
斬真豪、根岸ななな、金剛丸彩、旋風寺京子
あたりが使えたらなぁとか思ってみたり。
つか、県内編までなんだから、神威いらなくね?

当然の如くBGMも新規ですね。
何も記載が無いですが、
メロとG.のサウンドから前作同様、
柳英一郎さんだと思われます。
サントラは当然出ますよね…?

=====

まー、なんてことないですね。
ここまで出来てるんなら
もうちょっとで体験版が出そうな感じでしょうか。
というか、後々HPにアップされるんじゃなかろうか、この動画。

そもそも自分は対戦格闘ACTが苦手なので、
前作もあまりやってないのですが、
斬真狼牙、京堂扇奈を良く使ってました。

なんにしても、完成が待ち遠しいですね。

| その他同人作品 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[C76 現地調達でGET!] 無料配布デモ / Sylfiore

ペーパーwithCD
作品名:無料配布デモ
サークル:Sylfiore

2009.8配布

オリジナルデモ
全2曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
1stアルバム「三月ウサギの罪」頒布前に
二度に渡って配布されたフライヤー付きデモCDです。

何がすごいって、
無料配布なのにプレスCD、
フライヤーは業者製と、
どれだけ体力あるんですか。

ちなみにこのデモCDに収録されている曲は、
1stアルバム「三月ウサギの罪」にも収録されています。

=====

tr-1「Re:frain」
ゴシックを基調とした、
ミドルテンポの3拍子の曲です。

動きまくるB.とハッキリとした音色のバイオリンが特徴的な曲です。

多少不安定ではあるものの、
Vo.のkukuriさんの伸びやかな歌声が良いです。

美しくも分かりやすいメロディが良いです。
聴いていて飽きない構成も良いです。

tr-2「アリス症候群」
焦燥感を煽るようなスライドを多様したB.が印象的な、
ゴシックを基調としたスピードチューンです。

イントロからちょっと某Janne Da Arcっぽいと感じたのは内緒です。

Vo.が高音部が多い為か、
ちょっと苦しそうに聴こえます。
この辺りは要改善かなぁ。
そこら辺のVo.より全然上手いですが。

中盤のバイオリンがカッコイイです。
なんてことないフレーズなのに。

笑い声と台詞が怖いです。
これも良いセンスしてます。

ちょっとスカスカしてる感がありますが、
コレはコレで良いです。

=====

これはちょっと今後が楽しみなサークルですよ?
現時点でアルバムを手に入れてないのですが、
このデモからも期待できそうです。

一番不思議なのは、
OHPが二つ存在しているということ。
どっちか消しましょうよ。

| 同人音楽 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とら祭り行ってきたよー

戦利品報告ですよー。

戦利品報告ですよー。

購入音楽CD:11枚
購入ムービーCD-ROM:1枚
無料音楽CD:1枚
無料ゲームDVD-ROM:1枚
購入同人誌:2冊

他に限定ライブのTシャツととら祭り開催記念誌と
ポスカとしおりとバッジですね。

まーなんだ。

朝からバタバタしてて30分遅れて行ったものの、
さほど混雑はしてなく、
ものの30分で目的のモノはほぼゲット。
もうね、会場が暑くて暑くて…。

いくつかのサークルの中の方と話も出来たし、
会いたかった方々(未許可なので敢えて掲載しないです)
にも会えたので大満足です。

その後集まったメンバーでだらだらしつつ、
ラストの限定ライブに挑むわけですが…。

見に来てる人少なっ
恐らく用意してある席の半分も埋まってないんじゃなかろうか。
ライブの内容は良かったのに
これは勿体無い。

というか、全体的に分かりづらい勿体無い。
ちょっと不手際…というか。
参加サークルはいいトコを突いているのに、
一般参加者の数が少なかったように感じました。

ステージイベントもチケットとか整理券もあまり関係ない配置でしたし、
インストアライブと時間かかぶってるとかもうね…。
俺だってインストアライブ見たかったやい。

ライブの方はきっと他の方が書いているので割愛です。
自分より詳しいでしょうしね、きっと。
あ、でもコレだけは言っておきたいです。
龍さんのG.はカッコ良かった!!

とまぁ、イベント自体はイベント屋じゃないので仕方ないのですが、
人が少なかったのでゆっくりできました。
こんなにスカスカした西ホールは初めてかも…。

さて、これで次は夏コミですねー。
と、その前に色々とやらねば…!!

| 雑記 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] Melody of Calamity / Carbonic Acid

Melody of Calamity
作品名:Melody of Calamity
サークル:Carbonic Acid

2010.5/5頒布

東方HRアレンジアルバム
全7曲収録
2曲がVo曲



■感想みたいな何か
新進気鋭のサークル、
炭酸さんの個人サークル「Carbonic Acid」の1stアルバムです。

以下参加メンバーとか羅列。
炭酸(Carbonic Acid)
湯毛
V.Rain
龍5150(5150)
ナダル

ちょっと、メンバーが凄いですね。
湯毛さんはニコ動で活躍中のVo.、
そして全てのサポートとマスタリングが龍5150さん(5150)。
…ゴクリ。

=====

tr-1「Melody of Calamity」
ヘヴィでグルーヴ感溢れるリフで幕を開ける、
「厄神様の通り道」のアレンジです。

メロはシンセとG.と行ったり来たりですが、
比較的原曲重視で聴きやすいです。

少々重さが物足りないものの、
ミドルテンポで聴きやすいかと。

中盤ラストのユニゾンはカッコイイです。
あとスウィープね。
これはたまらん。

もっとB.が動いてれば良かったとか思ってみたり。

tr-2「Blow」
「風神少女」のアレンジです。
2バスドコドコのスピードチューンですね。

まるで某マシンガンズのようなイントロが良いです。

メロはV.Rainさんの吹くアルトサックスと、
G.の行ったり来たりです。

この曲もメロは原曲重視で、
比較的聴き易いですね。

このアルトサックスがこれまたたまらないです。
特に1:30ごろのG.との掛け合い(?)は最高。

メタル系のアレンジでこういった管楽器使ったのは珍しいので、
次作でも同様のアレンジを期待したいです。

何気にバックに入っているホーンセクションも良いですね。
もっと前に出して欲しかったけど。

tr-3「Blind Alley」
グルーヴ感溢れるリフがカッコイイ、
「信仰は儚き人間の為に」のアレンジです。

Voは湯毛さん。
相変わらずパワフルで良い歌声してます。
うむ。漢らしい。

若干原曲勝ちかな?とは思いますが、
メロは原曲重視で聴きやすいですし、
湯毛さんのVo.も曲に合っていると感じました。

展開のなかなかです。
個人的にはもうちょっとタメと、
後半の盛り上がりが欲しかったです。

tr-4「ネイティブフェイス」
「ネイティブフェイス」のアレンジです。

冒頭から弾きまくりの
2バスドコドコスピードチューンです。

イントロが某X-Japanに似てると感じたのは、
自分だけでしょうか?

メロも原曲重視で聴きやすく、
疾走感も十分です。
ただ、2:51とちょっと尺が短いでしょうか?
もっと長くても良かったとは思います。

炭酸さんの持てるテク全てを駆使した
かなり巧いG.プレイを聴くことが出来ます。
気持ち良さそうに弾いているのも分かります。

ラストの終わり方がちょっと歯切れ悪いかな?

tr-5「world」
「東方萃夢想」のアレンジです。

イントロの左右のパン振りが良いです。
個人的にこういうの大好きなので。

グルーヴ感溢れるヘヴィなリフには痺れます。
これは素直にカッコイイ。

メロはシンセで、原曲重視で聴きやすいです。
ただ、メロに変化が乏しいので、
目新しさはそんなに感じなかったです。

中盤のG.ソロも弾きまくりです。
これは純粋にカッコイイ。
楽しく弾いているにがヒシヒシと伝わってきます。

tr-6「Cluster of Cluster」
「フォールオブフォール」のアッパーチューンアレンジです。
Vo.は湯毛さん。

ストレートに明るい、ド直球なロックアレンジで、
メロは多少いじってあるものの、
とても聴きやすく仕上がっています。

湯毛さんのVo.もとても合っていますし、
ノリのいいミドルテンポで安定感もバッチリ。

なんとなく某SOPHIAっぽく聴こえたのは内緒です。

tr-7
おまけですね。
恐らくスタジオでの収録時の
誰かがアルトサックス吹いてみたのが
0:09だけ収録されています。

こういうのが収録されているのは、
ホントに良いですね。
なんて言うか、微笑ましいですし、
楽しくやってるんだなと。

「最悪やー!」

=====

クセのあるアレンジは少なく、
聴きやすさは抜群です。
が、逆にクセが少ない分、
特徴に欠けるのが残念と言ったトコでしょうか。

テクやバランス、聴きやすさなどは
目を見張るモノがあります。
また、tr-6「Cluster of Cluster」などのように、
ストレートな直球な曲にはセンスの良さを感じました。
この辺りを是非延ばしてもらいたいとか思ってみたり。

また、スピードチューンはあるものの、
重さが若干足りないと感じる部分もあるので、
メタルというよりはテクニカルHR寄りかと感じました。

そういえば、炭酸さんはまだ若いよそうで。
それでいて1stごこの出来とかもうね、
オジサンは嫉妬(良い意味で)しまくりです。
なんにせよ、今後の成長株であることは
間違いないですね。

コレだけ良い内容なのに、
綺麗にパッケージングされてて
ジャケとかちゃんとした業者印刷なのに、
真っ白なCD-Rというね。
これなら直筆で「かーぼにっくあしっど」とか
書いて欲しかったとか思ってみたり。
今度書いてくださる?

何はともあれ、1stでこの出来は凄い。
末恐ろしさを感じます。
テクニカルHR、HMが好きならば是非。
新しい風を感じれば良いと思います。

| 同人音楽 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。