Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『Birth』特設ページ

『Birth』

C79で完売しました!ありがとうございました!!

あの「FrizzellWeisen」(MiddleIsland)に参加した、
新進気鋭の歌い手・坂本千明の個人サークル、
うちゅうひこうしの1stシングル。

作曲・編曲:七誌、ミックス・マスタリング:中島 岬(MiddleIsland)、
ピアノ:342という豪華な布陣で届ける、
悲哀に満ちた、等身大の女の心情をを綴るバラード。






震える指先を暖めて欲しかった…。










逢いたいの…手を伸ばして求めてる貴方の姿…。










行かないで…苦しいのは愛しているからなの…。










「好きで…好きで…忘れられないの…。」










ジャケット中ジャケット

『Birth』

コミックマーケット 79

12月31日 東ラー43b「うちゅうひこうし」にて頒布

イベント頒布価格¥100

ショップ委託:未定

CD-R

収録曲:1曲

試聴はコチラ


Staff

歌・作詞 坂本千明
作曲・編曲 七誌
Mix・Mastering 中島岬(MiddleIsland)
Piano 342
Illustration mega

<坂本千明さんからのコメント>

ここで苦労話をひとつ…
七誌さんに「曲作ってください」とお願いしたものの、CDなんて作った事もなければサークルを立ち上げた事もなかったので、正直途中で挫けそうでしたww
でも七誌さんが私の伝えたイメージを何倍にも素敵にして曲にしてくれたおかげで、何とか形に出来ました!!
レコーディングやMIX・マスタリングはみんな大好き中島さんにお願いしました。
今回音源はすべて七誌さんに作っていただいたので、中島さんのストリングスは入っていません(><)
と、周りの方に支えられて作ったCDです(´・∀・`)…坂本千明

=====

ということで、何故かウチでの特設となりました坂本千明さんの「Birth」。
どうしてこうなった…?
web上での告知が一つも無かったので、
「作って下さい!!」と坂本さんに頼まれたので、突貫で作りました。
ウチのBlog内なのは許してください。
自分はこの作品にはちーっとも関わっていませんが、
是非ともよろしくお願いします。
バナー?無いよ!ゴメンナサイ!!…マブ
スポンサーサイト

| 雑記 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

C79 二日目おつかれさまでしたー

ということで、戦利品ですよー。

ぶっちゃけ買いすぎた…おうふ。
こんなつもりじゃなかったのに…。

C79二日目戦利品その1

C79二日目戦利品その2

C79二日目戦利品その3

C79二日目戦利品その4

C79二日目戦利品その5


CD(無料配布・特典含)…56枚
ゲーム…1作品
同人誌…3冊

うひひ。

なんですか。
三日目が本番なのにはしゃぎすぎましたね。
どうしよう…。

あと、5150スペースに遊びに来て頂いた方々、
ありがとうございました!!

詳細はまた後日。
寝ます。ノシ

| 雑記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

C79 二日目 個人的応援リスト

C79 二日目の個人的に気になる&応援リストです。

12/31まではトップに出てますよー。
三日目のリストの下が最新の記事とかですよー。

≫ Read More

| 雑記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

C79 三日目 個人的応援リスト

C79 三日目の個人的に気になる&応援リストです。

12/31まではトップに出てますよー。
このリストの下が最新の記事とかですよー。

≫ Read More

| 雑記 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

割とどうでもいい情報

というわけで、冬コミももうすぐですね!!

割とどうでもいい情報公開ですよー。

冬コミ行きます。二日目と三日目。

が、しかし。

両日ともサークルのお手伝いでの参加です。

買い物?行くよもちろん。

俺に会いたいって人は稀だとは思うけど、念のため。

二日目

O-59b「5150

どうしてこうなった。
またでごめんなさい。
恐らくガチでお手伝いしてます。
多分プリキュアTシャツ着てます。←予定

三日目

ラ-43b「うちゅうひこうし」

コレ見て

ということです。
買い物で殆ど居ないかもですが、
後半なら居る可能性高いです。
この日は許可も頂いたので、
コレを着ています。
分かりやすいね!

ということで、
MiddleIsland」「5150」「うちゅうひこうし」をよろしくお願い致します!(ぇ

| 雑記 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒涛の三日間~そにょ3

へくちっ(←挨拶

ラストの三日目ー。

ま、軽くレポみたいな感じで。



もっと詳しいレポが読みたかったら他の人のを見るといいよ!
俺の読むとがっかりするよ!



13日(月)

遂にこの日が来た!

MintJam × 民安★ROCK Spicy Night 1stGIG
at 吉祥寺 CLUB SEATA


Tシャツとチケット

この日の為に一ヶ月前から仕事を休む準備をした甲斐がありました。
ギリギリまで休めるかどうか不安でしたが。

平日の、しかも開演は遅い時間ということもあり、
入場には数々の制約がありました。
整理券配布後一度解散するとかね。

しかし当日は生憎の雨模様で、
自分の髪がとんでもないボンバヘッ!になってたり。
これだから天然パーマはねー。

15時から整理券配布だったのに、
勢い余ってか、13時半には会場に着いてしまった。
がしかし。
既に顔見知りが何人かいるとかもうね。
あんたら一体何時に来たのよ。

知り合いと談笑していると、
次々と関係者やらメンバーやらが会場入り。
まさかジャージ姿のTERRAさんが見られるとは。
a2cさんのギターケースにはflipSideと書かれたテープが。
ちょっと笑いました。

その後続々と知り合いが到着。
と、ここでスタッフから一旦捌けろとの指示が。
仕方なく20分少々会場を離れ、
指定時間ちょっと前に再び会場へ。
既に列出来てるし!
それでもなんとか整理番号30番をGET!
そしてまたオープンの時間に来いやぁとスタッフの指示が。
そう。オープンまで2時間以上あるのです。
なもんで、総勢9人のMintJamファンでカラオケへ。
ここは割愛。
とりあえずギタリストは歌が巧いということは分かった。
あと、みんな牽制しすぎw
俺もだけど。

集合時間近くなったので、
三度会場へ。
あらー。人がいっぱいだわー。
早速列形成へ。
程なくして整理番号順に入場開始。

で、物販にー。
と思ったら、何も無い。
どうやら荷物の到着が遅れているご様子。
仕方ないですねー。

そそくさと荷物をロッカーに押し込めて、
前回の「ちょっかな。」で着ていったTシャツで、
いざステージへ!

おお。
まともなハコだ(失礼
モニターも付いている。
これは見やすい。

既に2マンライブの時点で最前列は諦めていた、
というか、体力的にキツイので、
後方の音響的に良い場所で観覧することに。

まだかなーとか待っていると、
続々と追加で知り合いが到着。
出席率高いなーとか思ってたら!
おお。
もう一人の神がいた。
なんという。
さらに熊殺しボイスのあのお方まで。

もっと良く会場を見回してみると、
ちらほらと見知ったサークルの中の方々が。
おうふ。
初めて名乗れた方もいて良かったです。
冬コミでまた!

入り口から入ると正面にいたのもあってか、
Tシャツのせいなのか、
視線が痛い痛い。
あえて言わせてもらおう。
「欲しいか?」

10分くらい押してスタート!
まずは民安★ROCK

セットリストは曲が分からないから、
他のファンの方のレポを見ると良いよ!

いやー。すごいな。
ライブ慣れしているというのもあるけど、
演奏陣の抜群の安定感。
疾走するアップテンポナンバーの数々。
キッキングホースラプソディーの曲が聴けたのは良かったです。

民安さん可愛いな!
ファンがはしゃぐのも無理ない。
衣装も可愛かったー。
チラチラ見えるお腹が…。

けどね。
やっぱり、あの、合いの手とかコールとか、
あのあたりはどうしても好きになれない。
否定するわけじゃないんです。
ただ好きになれないだけ。

そんでもって少し休憩。
ここでお客さんの移動がw
なんて分かりやすい。
無論自分は動きませんが。

そしてなかなか開かないカーテン。
どうやら機材トラブルがあったようで、
入れ替えに戸惑っている様子。
20分くらいかなー。
それくらい経ってから…

おお…。

遂に登場!

MintJam

セットリストは以下

1.Ignition on
2.Energy drive
3.Prmetheus
4.Melty blood
5.Judgement day
6.Light my fire
7.words
8.Perfect world
9.Sinario
10.Rival
en.Alice magic

もはや鉄板ともいえる
Ignition on ~ Energy driveからスタート!
いつ聴いてもこの流れは素晴らしすぎる。

ライブハウスということもあって、音響はばっちり。
後方だったので、Dr.のMOCHIさん(takrockers!!)の姿が
良く見えなかったのが凄く残念。

そしてPrmetheus
ライティングが素晴らしい!
これはスタッフ良い仕事してます。
TERRAさんが両手を広げる姿には、
ちょっとした感動を覚えました。

何よりびっくりしたのは、
B.のhisashiさん(takrockers!!)が
激しく頭を振りながら5弦B.を弾いていたこと。
あの温厚そうな方からこんな姿が見れるとはw

続くはMelty blood
先日のインストアライブでも話していましたが、
ブレイクの入りが難しい曲ですが、
今日はバンド編成なので申し分なし。

次はJudgement day
TERRAさん歌詞が違うよっ。
流石に気付いていたようで。

新譜からLight my fire
公式Blogでも書かれてましたが、
サビの合唱が巧くいったようで、
TERRAさんが物凄く喜んでいたのが可愛かったです。

そして、サプライズともいえるwords

聴きなれない方も多いかも知れない、
a2cさんが参加している「G5 Project」からの選曲です。
まさかこの曲が生で聴けるとは思いもしなかったです。

終始鳥肌立ちっぱなし。
この曲だけは間近で見たかったとちょっと後悔。
モニターだと細かい動きが見えないんですよねー。

新譜からさらにPerfect world

resetさんのカバーですね。
これはまずい。
先日のインストアライブとは違って、
何から何までヤバイ。
ちょっとウルっときたのは内緒。
はー。
良い曲だわー。

そしてreset繋がりのSinario

幾度と無く聴いていますが、
やはり良いものは良い。

ラストは有名曲Rival

TERRAさんからの曲紹介があると、
会場は一気にヒートアップ!
やっぱみんなこの曲大好きなのねー。
うんうん。

ラストが終わって直ぐに、
民安ファンの方が音頭をとってアンコール!アンコール!
このあたりは良く訓練されてるな~と感心。

直ぐにMintJamのメンバーが出てきた!
と思ったら、民安さんまで。

そう。
アンコールはAlice magic
この時点で民安ファンが前に押し寄せて凄い状態に。
これには流石に混ざれないw

曲が終わった時点で既に時間がオーバーしているらしく、
速攻で撤収。
出口ではメンバーの方々が見送り~。
そして硬い握手を。
はぁ。たまらん。

以上!

いやあ。
たまらん。
TERRAさんのボーカルも、
a2cさんのギターも、
setzerさんのキーボードも、
hisashiさんのベースも、
MOCHIさんのドラムも、
全てが凄かった。

ちょっかなやインストアライブとは違い、
曲数も多いので大満足です。

ただ一つだけ言うならば。
流れが悪かったかな?
MCは良いと思います。
トーク面白いですし。
曲が終わるたびにMCが入るのはどうかなーと。
2曲連続で演奏してもいいと思います。
Ignition on ~ Energy driveは別として。

それでも大きな不満はないですね。
非常に良かったです。
ハコの規模も音響も良かったです。
またここでやって欲しいですねー。

MCの部分はうろ覚えな部分が多いので割愛です。
他の方のレポを読むといいよ!

その後知り合いの方々と「また!」と分かれた後、
某N君と某Mさんと居酒屋で軽く打ち上げ(?)へ。
ライブ会場が近いとコレが出来るからいいよねー。

ここでもちょっと有意義な時間を過ごしました。
音楽仲間っていいわー。

そうそう。
そこでちょっと話が出たのですが、
「スペシャルサンクスに名前が載ると、
身内のサークルでも嬉しいよねー!」

うんうん。
正直マジで嬉しいです。

某MさんにはMintJamセットのビニール袋を進呈。
画像は無い。
実は会場待ちしているときにTERRAさんから頂いたので、
二枚あるから欲しいならと。
喜べ!

そんなこんなで。
怒涛の三日間終了です。

各々のイベントに参加された皆様おつかれさま&ありがとでしたっ!!

おうふ。
腰が痛いぜ。

| 雑記 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒涛の三日間~そにょ2

12日(日)

友人の結婚式ですねー。

場所は…
なんと原宿。
会場は察してください。
神前式でした。

日曜の竹下通りか…。
正直歩きたくない…。

11:40までに会場に来い!と書いてあったので、
その時間に間に合うように行くとなると、
実家出るの8時半っすよ。
魔界遠い。

しかも、スーツを着ていくのと、
寮に戻るので荷物があるので、
さらに大変なことに。

微妙に寒かったので、
ロングコートを着ていくのですが、
これがまた誤算。
かさ張るわ電車の中じゃ暑いわでもうね。

式自体は神前式に参加するのは初めてだったのですが、
至って普通だったのでは?

その後の披露宴の紹介ビデオがもうね。
新婦のビデオはリア充って感じのだったのに対して、
新郎の方はネタを随所に盛り込んだビデオで、
終始笑いっぱなし。
良いセンスしてるわー。

お約束の如く、
悔しいけど泣かされた。
うん。
仕方ないですよねー。ねー。

そして、
友人たちと時間つぶしのお茶をしつつ、
二次会へ。

良い感じの喫茶店だったのですが。
が。
なんともいえない隔壁が。
どうみても、新婦側はリア充ばっかり。
どうみても、新郎側は…。
ねぇ?
幹事のBGMの選曲が神がかっていて、
そっちばっかり気にしてて
幹事とは仲良くなれそうな気がしましたw
当然こっち側のようでw

料理とかそっちのけでまったりモード全開。
翌日のライブの為に体力をとっておかないといけなかったのでつい。

引き出物は空気読んでくれて良かったw
二人の写真が入ったマグカップだったら、
思う存分公開してやったのにw

そんなこんなで寮に着いたのが22時過ぎ。
当然バタンキュー。

翌日はライブです。神の。
うひひ。

おっと。書き忘れた。

おめでとう!!
お幸せに!!

| 雑記 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒涛の三日間~そにょ1

ずびずばー(←挨拶

怒涛の三日間が無事(?)に終了しましたー。

まぁ、風邪はひいたままなんですが。

ま、軽くレポみたいな感じで。



もっと詳しいレポが読みたかったら他の人のを見るといいよ!
俺の読むとがっかりするよ!



11日(土)

秋葉原のとらのあなでMintJamのインストアライブ当日です。
実家からだと軽く3時間近くかかるので、
前日は寮に泊まっての参戦です。

前日から風邪っぽいなぁと感じていたので、
早く寝たのですが、
全快とまではいかずに軽いだるさが。
お陰で三度寝してしまい、
物販開始丁度くらいに会場に着きました。
自己管理がなって無いですねー。
だめだめですねー。

自分は丁度一階から地下へ進む階段の入り口のあたりにいました。
とらのあなの地下のイベントスペースに入るのは初めてだったので、
どのくらい並んでいるのか把握できませんでしたが、
割と早いほうだったようです。

その後列を整理する為にホールへと進むのですが、
先頭集団の顔見知りっぷりったら半端無い…。
身内ばっかりじゃないの…。
いろいろ恐ろしいわ…。

物販が始まると、
メンバーが一人一人に注文を聞いて、
手渡しで渡してくれました。
自分の時はsetzerさんとTERRAさんでした。
setzrerさんの腹がもうね。
待機中はちょっとしたTERRAさんのトークが面白かったです。

物販ではMintJamセット(Identity、Tシャツ、缶バッジ)とポスターを購入。
写真?
Tシャツとポスターが実家だから無いよ!
特別な袋もね!!
穴あきピックが早々に無くなりちょっとがっかり。
まだ3枚くらい持ってるけどw

当然の如く、物販後に行われるインストアライブの整理券をゲット。
割と早い数字でした。
うひひ。

ホールのサイドではなぜかサイン会が行われていたので、
売り子をしていなかった(メンバーが交代でやっていた)ので、
a2cさんにサインを貰いました。
うひひ。

インストアライブまでは時間があるので、
友人と待ち合わせて秋葉原をブラブラ。
いわゆる時間つぶしです。
どうでもいいですね。

時間が近くなったので、
再びとらのあなへ。
既に待機列が形成されてて、
またもや先頭集団は顔見知り。
あんたら一体…。

サイドではTERRAさんとsetzerさんがいたので、
無事にサインをゲット。
わーい。そろったー。

Identity

暫くするときちんとした列形成が始まるのですが、
なんと整理番号順ではないという。
うおー。
しくじった。
それでもなんとか前から三列目下手をゲット。
まだマシですねー。

カーテンが開くとそこには小さいながらもステージが。
が。
スピーカーちっちゃくね?
大丈夫?
天井ひっく!

少しするととらのあなの社員のMC、
清水さんが登場して、
次にメンバー登場。
「清水ーっ!」とか煽ったのは、
自分と友人ですwwwサーセンwww

軽いトーク(?)の後ライブスタート!

セットリストはフォロワーさんから拝借。

1.Ignition On
2.Enegy Drive
3.Prometheus
4.Melty Blood
5.Perfect World

ああ、なんという至福の時!

決して音が良くない、
低音スッカスカのスピーカーでしたが、
間近で演奏が見れたので満足です。

新曲でもあるPerfect Worldが早速聴けたのも良かった。
まさかのMelty Bloodが聴けたのも満足ですね。

ライブ終了後、
最後にメンバーの私物が貰えるというじゃんけん大会があるというので、
会場から出ずにそのまま待機していると。

何故かセッション大会へ突入!
setzerさんが持ってきていた機材の中にデータがあったので、
完全ではないものの、
何曲か演奏を聴くことができたり。
なんという至福な時間…!
たまらないダラダラ感w
アットホームな雰囲気が良かったです。
この距離感はたまらないですね。

で。
じゃんけん大会。
a2cさん…アンプの使用済みチューブ、百式のプラモ
TERRAさん…サイン入りこげぱん絵本、ニット帽(←急遽決定
setzerさん…PSPもとい握力計
なんて豪華なんでしょう!
じゃんけん弱い自分はものの見事に負けましたがw

そんなこんなで、
とても楽しく充実したイベントでした。

その後実家に帰宅するのですが。
23時過ぎですよ、着いたの。
流石魔界。

| 雑記 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010秋 現地調達でGET!] Defrolant / Necrophilica

Defrolant
作品名:Defrolant
サークル:Necrophirlca

頒布日不明

オリジナルマキシ
全4曲収録
全てVo曲



■感想みたいな何か
こっちが1stなんでしょうか?
Blogも更新されていないので、情報が少ないです。

今回(?)はボカロも起用していて、
ちょっと意外だったりします。

ちなみにジャケットのスペルが間違っています。
NecrophiricaじゃなくてNecrophilicaのはず。たぶん。
=====

tr-1「Dhampir」
ノイズ混じりのエフェクトとピアノから始まる
男性Vo.のスピードゴシック。
へヴィなリフ、分かりやすいメロディライン、
ありがちな展開、素敵です。
今作のキラーチューンです。

ただやはり、ゴチャゴチャしてます。
サビの部分やG.ソロなどの見せ場が勿体無いです。
もっとスッキリさせても良いくらい。

あと低音が若干強いでしょうか。
その割にはバスドラが聴こえづらかったり。

それでもメロディックな曲で、
メリハリも効いているのでとても聴き易いです。

Vo.はメインの方ではない、別の男性のようです。
モロにV系の歌い方なのですが、
自分にはメインの方よりこちらの方の歌声の方が好みだったり。
ありがちといえばありがちなのですが。
若干パワー不足なのは否めないですが、
それでも十分に魅力的です。

tr-2「暗に叫び声を」
三拍子のゴシック臭プンプンのスローな曲。
ピアノ、ストリングスを中心に、
退廃的なメロと共に、
独特な男性らしい太くも妖しいVo.が炸裂します。

イントロの左右のパン振りが、
良い意味で気持ち悪いです。
こういうのもっとやって欲しいですね。

以前にも書きましたが、
おそらくこの曲のVo.をとっている方がメインだとは思いますが、
やはり好みが分かれる歌声かと。
スローだと余計にハッキリしますね。
でもやはり低音と高音のギャップが凄いです。

メロはさほどメロディックではないものの、
ゴシックらしい、いかにもと感じる曲で、
妖しさも十分。
もっとダークに、気味悪くしても良いくらいです。

tr-3「シロバラ」
チェンバロを中心としたスピードゴシック。
Vo.はボカロです。これはリンですかね?

チェンバロを主としているのは良いのですが、
そればっかりが目立ってしまって、
G.ソロの部分でも気になって仕方なかったです。
へヴィなリフやVo.のメロディラインも
チェンバロに持っていかれているのが惜しい。
もうちょっとバランスとメリハリがきちっとしていれば…。

tr-4「気壊人形」
パイプオルガンから始まる、
変則リズムが目立つゴシックです。

これもVo.はボカロ。やっぱりリンですかね?
判別難しいです。

ちょっと音数が多いのと、
それぞれの音が混濁していて、
ゴチャゴチャ感が否めないです。
ちょっと勿体無いかなー。

中盤でスネアの連打が入るのですが、
ちょっと音質がチープなのが凄く勿体無いです。

=====

なんとなくなのですが、
無理にボカロを使った印象があります。
これだったらばメインのVo.さんに任せてみてはどうでしょうか。
とか思ってみたり。

メロディックさは十分なので、
あとはバランスがしっかりしていれば十分じゃないかと。
全体的にもこもり気味だったり。
でも光るモノを感じてしまう。
びくんびくん。

それと、メンバーや参加パートなどのクレジットが一切ないので、
誰がなにをやっているのか不明なのもちょっと。
作詞作曲だけは明記されているのに。

| 同人音楽 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[ばお~でGET!] Neuntoter / Matrica

Neuntoter
作品名:Neuntoter
サークル:Matrica

2010.10/31頒布

オリジナルマキシ
全6曲収録
3曲がVo曲
3曲はVo曲のインストVer.



■感想みたいな何か
ジャケットかわいいな…と思ったら、
世の漆黒でもジャケ描いてる鵜飼沙樹さんじゃないの!
ということで即購入。

コンポーザーのじゅんさん(冬虫夏草)と、
Vo.の緑坂亜綾さん(裏月)のユニットサークルです。
このCDが2ndとのこと。

=====

tr-1「ノインテーター」
重厚なストリングスとそれにハモるシンセと、
跳ねるようなB.ラインが印象的な、
ミドルテンポのプログレチックな曲。

とにかくイントロのインパクトが強いです。
なんというか、マイッタ。
メロディックでありながら色んな要素を織り交ぜて、
聴くたびに新しい発見が出来ます。

若干強めな低音と、
緑坂亜綾さんの神秘的なVo.のギャップがまた良いです。
力強いファルセットの使い方もまた巧い。

シンセ、ピアノ、ストリングスが中心なので、
ちょっと物足りなさはあるもののこれでも十分過ぎるくらい
音数が多いです。
それでもごちゃごちゃしていないのには驚きます。

tr-2「Nostalgie」
これ、何語なんでしょう?
ドイツ語?造語?
とにかく日本語じゃないのは確かです。

オーケストレーションが中心となった、
壮大なバラードです。

タイトルのとおりノスタルジーを感じることの出来る、
オリエンタルテイストをも織り交ぜた曲で、
ファンタジックな曲になっています。
安易な想像ですが、
砂漠を旅しているような情景が脳裏に浮かんで来ました。

美しいコーラスと共に、
オーケストレーション、曲の展開が素晴らしいです。
特にラストの緑坂亜綾さんのソロには、
良い意味でぞっとしました。

ちなみにコーラスにはfoolenさん(群青箱庭)、
B.でdoggy goさんが参加しています。

tr-3「極夜」
神秘的なノイズ混じりのシンセ、
悲しげなピアノから始まるスローな曲。
バラードですかね?

これまた重厚なストリングスパートがたまらないです。
さまざまな音のエフェクトの使い方が巧いです。
オルゴール、ゼンマイを巻く音、風切り音、水滴の落ちる音。
どれをとっても効果的で。

ちょっとエコーとパン振りが強い気もしますが、
逆にそれが神秘さに重なっていて、
曲の雰囲気を十二分に引き出しています。

=====

若干ジャケットに騙された感じはするものの、
tr-1「ノインテーター」だけでも購入して良かったと思いました。

ただやはりサークルの方向性もあるでしょうが、
暗めの曲が多いので、
そのあたりがちょっと勿体無いかなと。
是非とも別の雰囲気の曲も聴いてみたいですね。

透明感のあるVo.、ストリングス好きならば是非。

| 同人音楽 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。