Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

WONDER LAND / Ash

WONDER LAND

タイトル:WONDER LAND
サークル:Ash

2010.12.30頒布

東方アレンジマキシ

全4tr

Vo…3tr



■感想

個人的に注目していたサークルさんの、
東方アレンジマキシです。
やっと頒布、といったところでしょうか。

可愛らしいジャケットが目を牽きます。
くそっ、魔理沙かわいいな←

が、これがまた侮ってました。

=====

tr-1「Ice Moon」

「恋色マスタースパーク」のピアノソロインストアレンジ曲です。
約1分と短いイントロ曲。

冒頭はくぐもった感じにエフェクトがかかっているのですが、
少しすると開放され、広がりのあるサウンドが聴けます。
メタル系のアルバムだとこの後にヘヴィな曲か、
メロディックなキラーチューンが来るのですが…。
いい意味で裏切られました。

tr-2「Sparkling Star」

こちらも「恋色マスタースパーク」のアレンジ。
ノリの良いアップテンポの明るく可愛いポップロックです。
まさかこう来るとはね。

Vo.はまめこさん。
まるでキャラソンなどにありそうな可愛らしい歌声で、
高音がちょっとキツそうですが、
それを差し引いても十分に上手いし可愛いです。
何より聴きやすいのが良いですね。

キャッチーなイントロのギターと
シンセの使い方が非常に巧く、
普通に聴いてて良いなと感じました。

とにかくノリが良く可愛いです。
うん、良いアレンジ。

tr-3「Endless Snow」

「亡き王女の為のセプテットのアレンジです。
スローテンポのロックバラードといったとこですか。
ピアノを中心とした構成で、
展開や構成は王道といえば王道。

この曲、聴くとすぐに歌詞を見なくても分かるのですが、
セプテットで雪が題材ってのはあまり見かけないですね。

エロゲのED曲でありそうなピアノから始まるイントロに始まり、
Vo.が入ってきてビックリ。
tr-1とはうって変わってシリアスな大人びたコーラスが映える、
しっとりとした歌声で、
特に低音に魅力を感じます。

とか思ってたらビックリ。
tr-2とVo.が一緒のまめこさん。
この違いは聴かないと分からないでしょうが、
ギャップが物凄いです。
到底同一人物だとは思えないほど

このギャップの魅力もそうなのですが、
全体的な構成や展開に王道かつ既視感を感じるものの、
纏まりがあって凄い良いです。

これは純粋に良い曲です。
お気に入りですね。

tr-4「Not True」

「竹取飛翔」のミドルテンポのロックアレンジ。
非常に聴きやすい構成と展開。
アニソンっぽいといえば分かりやすいでしょうか。

Vo.は南条あきらさん。女性の方です。
中音域が多く、聴きやすいですね。
無理をしていないってのも良いです。

サビの盛り上がりがもうちょっと欲しかったかなぁ。
すこし勿体無く感じました。

ピアノから始まるイントロ、
ストリングスをバックに奏でる歪みの少ないギター、
癌曲重視のメロと、
展開はアニソンそのもの。
聴きやすさは抜群です。

=====

うん、素直に良い曲が揃ってます。
というかハズレがない。
どの曲をとってもLVが高いですね。

他サークルへの提供曲やマスタリングも数多く手がけていて、
何気にベテランなのでしょうか。
そういった意味では安心して聞けます。

残念なのは曲数が少ないということと、
アレンジ元の原曲が書いていない点ですか。
率直にもっと聴きたいって思いました。
次回作にも大いに期待したいです。

| 同人音楽 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豚乙女×回路ライブ行ってきた。

諸事情により写真とかないです。
もっと詳しいレポは他の方のを読んだ方が…。


あー。もう。
圧倒されっぱなしでしたよ。


会場に着いたのがオープンちょっと前だったのですが、
生憎の雨にも関わらず人だかりですよ。
やはり豚乙女の人気は凄いですね。
そんな中、自作の回路Tシャツを某Hさんに激写される俺。
なんて異様な光景なんでしょう。


結局最期の方にフロアに入ったのですが、
ほんともうスシ詰め状態。
身体を回転させるのもやっとなほど。
コミケですかここは。
これ、キャパギリギリなんじゃなかろうかってほどです。
開場前物販もやっていたのですが、
それにたどり着くのもやっとな感じでした。
ちなみに最後方のPAのやや右前に陣取ってました。
ここじゃないとステージ向かって右壁に設置されたモニターが見えなかったので。
というかですね、
人が多すぎてステージが殆ど見えない!!
一応背は高い方ですが、
それでも満足に見れないほどでした。


さらに有名な方もちらほら。
某ギタリストや某ボーカリスト、某コンポーザーの方など。
やっぱり注目されてるんでしょうか。


程なくして暗転して…。
スクリーンに映し出される人影。
そう、回路。


セトリは以下。
「tune the world」
「違うということ」
「叶えたいこと」
「hack」
「竜」
「lost」
「わたしであるということ」
「舞い散る夢は」
「天地爛漫」
「moon」
「想うということ」
「種蒔く人」


スクリーンに映し出される人影で一気に引き込まれた「tune the world」。
某レビュワーさんが大好きな(俺も大好きですが)「違うということ」。
ヘヴィなリフが身体を突き動かす「叶えたいこと」。
初めて聴く「hack」「竜」。
心さんの美しい歌声に魅了され号泣した「Lost」。
「わたしであるということ」。
最新のアルバム「And, I wake up under the cherry blossoms tonight.」からの「舞い散る夢は」。
恐らく回路で一番有名であろう「天地爛漫」。
俺的名曲「moon」。
そしてラストは、一番思い入れのある、
自分が回路を知った出会いの曲でもある「種蒔く人」。


ああ、そりゃもうヘドバンしてましたとも。
周りは全然振ってませんでしたが。


独特なセカイ、ヘヴィなサウンド、卓越した演奏力から繰り出されるグルーヴ感、
予告通りMCが一切無いステージング、個々のパフォーマンス、
咆哮するツインスクリーモ、透明感溢れるボーカル等々…。


全てはこの一言で表せます。


「回路マジやべぇ」


一度は見て欲しいと思うステージです。
圧倒されると共に、
その魅力にとり憑かれます。


ああ、このサークルに出会えて良かった。


さて。
15分くらいの転換をしてからメインである豚乙女。


こっちは人気度もさながらメインでもあるから当然なのですが、
盛り上がりが半端ないです。
皆飛ぶ飛ぶ。
フロア揺れてたよ?マジで。
さらに酸欠なのか何なのかリタイアしている人もいました。
すげぇな。


ノリの良い曲が多いので、
皆のテンションが上がりっぱなしでもうね。
前列に行った知人は終演時に合流したら滝のような汗でしたw


途中あまりにエキサイトしたために下手のスピーカーが倒れそうになって、
一時中断するハプニングも。


なんにしても演奏力の高さとパフォーマンスは相変わらず。
素直に巧いと感じましたし、すげぇと思いました。
何がって、被り物したままでのあのステージですよ。
普通なら倒れてるって。
そりゃ酸素も必要です。


ラストには回路のメンバーもステージに上がってのアンコールでした。
いいなぁ、楽しそうで←


というわけで。


参加された皆様お疲れ様でしたああああ!!!

| 雑記 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓬莱少女 / 渚

蓬莱少女


タイトル:蓬莱少女
サークル:


2010/12/30頒布


東方アレンジシングル


全2tr


Vo…2tr




■感想


まずサークル名ですが、記載が特にないので、
アレンジやG.などの担当の渚さんにしましたが良かったですかね?
C79の委託頒布先はJ&Bなのですが。
とか思ってたら、元サークルメンバーなのですかー。
なるほどなるほど。


=====


tr-1「蓬莱少女」


「懐かしき東方の血」のストレートな、
ミドルテンポのロックアレンジ曲。
なんというかスルメでした。


ちょっとダルンダルンな音が気持ちいい、
ノリの良いリフがかっこいいイントロが印象的です。
こういう冒頭のインパクトに弱いんですよね。


恐らくストラトですかね、このギターの音。
ジャケットでも描かれていますし。
そんなに歪んでない、聴きやすい誤魔化しの効かないサウンドで、
きっちりしたギタープレイが聴くことができます。


が、ギターのせいなのか、
全体的に篭って聴こえる印象です。


声が通っていて、聴きやすい男性ボーカルです。
これがまたクセになる。
コーラスが入ってからその魅力は倍増で、
なんともコーラス映えする声色です。
こういう男性Voがもっと聴きたいですね。


ボーカル重視の為か、
バックが埋もれている印象です。
メロは原曲重視で聴きやすく、
バッキングは薄く、それほどハードでもないので、
聴きやすいといえば聴きやすいですね。


ただサビに入ってから一変して、
裏打ちのDrとシンセのお陰か、
盛り上がり方は巧いです。
メリハリが付いてるとも言うんでしょうかね。
原曲のせいもあるのですが、
この盛り上がりはズルイ。


何気に動きまくるB.も気持ちいいです。
もっと前に出てきても良いくらいです。


tr-2「千年の孤独」


「千年幻想郷」のこちらもストレートな、
ミドルテンポのロックアレンジ曲。
曲調は明るめで、
原曲重視のメロで聴きやすいですね。


音的にはtr-1と然程変わらないのですが、
こちらの方がギターのカッティングが多く、
スラップ混じりのB.がより際立って聴こえます。


サビとサビ手前のコーラスを含んだVo.がまた魅力的です。
こういうのはいいなぁ…。


ハウス調のノリの良いピアノがアクセントになっていて、
本来なら悲しめな曲なのですが、
どことなく楽しい雰囲気が出ています。


ラストのメインメロを奏でるストリングスも良いですね。
ここだけなのが勿体無いですが。


=====


たった2曲なのが勿体無い!
これはもっと聴きたいですね。
男性Voが少ないってのもありますが、
コーラスを含んだVoが気持ちいいんです。


冒頭でも書いてますが、
特にtr-1はスルメでした。
クセになる魅力は十分にあると感じます。
というか、聴いていて楽しいのです。

| 同人音楽 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日は豚乙女と回路のツーマンライブですよ!!

というわけで恒例の



回路Tシャツ

ええ、HPのトップですね。
色々考えたのですが、
これが一番印象に残っているのと、
いかにも回路という名前らしいので、
これをチョイス。
そのままではなくちょっと加工してあります。

サークルのカラーというか、
自分がイメージしている・できたのが白だったので、
今回はあえて派手にはしないで、
実にシンプルにしてみました。

左側の文章は、
HPの紹介文から拝借しました。
この文章はどうしても入れたかったのですが、
バックだとイメージにそぐわないので、
こういう配置にしてみました。

たまにはこういうシンプルなのもいいですわー。
毎度のことながら掲載許可は頂いています。

というわけで、会場で見かけたら宜しくです。
恐らく邪魔にならない位置でヘドバンしてると思いますw

| 雑記 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(今更)フラワリ一日目行ってきた

FN2011

ホント遅くなりましたw
色々あったもんでねー。
二日目は不参加です。

さて、毎度お馴染み(?)レポになってない日記みたいな。
セットリスト?
もっと細かく書いてる人がきっといるはず!!←
というか、行きたかった人はニコニコかUstで見てるんじゃ。

-----

というわけで、新木場STUDIO COASTです。
ちょっかな。以来二度目ですね、ここに来るのは。

開催前日の告知で、早期時間の待機列が抽選になるとのことで、
12時前に会場に入ることに。
新木場駅で待ち合わせて会場に着いたのが11時半くらい。
物販は10時に開始していたらしいですが、
着いた頃にはバッジガチャが完売してました。
ちょっと欲しかったのになー。
とりあえずTシャツとかタオルはいいので、
OPで使われているCDをゲット。
これだけで十分です。
売り子の妖夢可愛かったなー←

今回は12時までに形成された待機列は5本に分裂形成されて、
入場順は抽選でした。
自分達は人数の少なかったEの列で待機。
最終的にEの列の真ん中くらいでした。
抽選では結局最後になりましたが、
下フロアの真ん中くらいでした。
最前は押されるから遠慮したいのですw

とりあえず抽選結果を確認したので、
再集合の14時半まで時間を潰すことに。
再び駅に戻って軽く昼食。
芋。

14時半ちょっと前に再びSTUDIO COASTへ。
って、人がすげえw
流石フラワリですね。
リハが押しているとのことで、15時ちょっと過ぎに開場。
そそくさとフロア中央へ陣取ります。
ちょうど真ん中の柵のところですね。
ステージ左右にでかいモニターがあって、
なかなかお金が掛かっている印象でした。

15分位押して、いざ開演!
まずはどぶウサギさんの挨拶から注意事項の映像へ。
って、黒岩さんwww
いちいち面白かったですw

が、この流れでまさかのトップが、
君の美術館!
冒頭の全員によるそげぶに爆笑w
このあたりの楽しませてくれるパフォーマンスは流石ですね。

と、ここで気づく。
既にUstなんかでも発表されてたけど、
ステージのせっとがカッコイイ!!
大道具さん超お疲れ様です!
紅魔館の雰囲気が良く出てると思いました。

さらに、サプライズ。
魔女達の舞踏会で、パチュリーコスの豚乙女のランコさんと、
アリスコスの回路の心さんが参加!!
これは熱かったです。
以前ちょっかな。で見た時のとはまた一味違って、
凄く良かったです。
fifyさんが魔理沙コスだったので、
まさに魔女三人ですね。

ここ最近、君の美術館としてのライブも多く、
今までから感じていた演奏力の高さと安定感は流石です。
人数が多く重厚なサウンドなのはもちろん、
キチンとまとまっているのは凄かったです。

お次はC-CLAYS。
自分は初見ですねー。

ちょっとwktkして待っていたら、
なんかセクシーな衣装のおねぇさんが続々と。
まさかのダンサーでしたw
今までのフラワリからするとちょっと違和感を感じるのですが、
それはそれで。
エロいからいいです←

小峠 舞さんの生の歌声はとても耳福でした。

そして、三番手。
自分のお目当てでもある回路。

いきなりのイントロでわかる、
「違うということ」
まさか冒頭からコレで来るとは!!
全身鳥肌立ちっぱなしでもう!
そりゃもう頭振りまくりです。
周囲の方々すみませんでした!!

だからセトリはry

重厚なサウンド、掻き毟るようなスクリーモ、独特の空気、
MCが一切無いステージング、
メンバー各々が独自のパフォーマンス。
流石セカイ系、全てが最高でした!!
本当にありがとう…!!

回路のステージが終わった後、
周囲の方々が口々に「回路すげぇな」との会話を耳にしたり。
この凄さが分かってくれるとは!!

ちなみにフラワリのステージ中に、
とらに置いてあった旧譜が完売したそうです。
マジぱねぇ。
人気出るといいなぁ・・・。

あまりにもヘドバンしたためか、
体力的に持たない(トシですね)ので、
ここでいったんロビーに避難して水分補給です。

程なくしてフロア後方へ移動すると、
豚乙女の演奏開始!

何度もステージを見ているのもありますが、
やはりこのサークルは巧いです。
初めて見る人は見た目のインパクトに圧倒されるでしょうが、
パフォーマンスを含めたステージングは流石です。

そしてトリはお馴染み、
岸田教団&THE明星ロケッツ
が。
なかなか幕が上がらない。
どうやら機材トラブルのようで。

フロアのロリコンコールの後に、
「待たせたな!石鹸屋だ!!」のコールと共に開始。
が、しかし。
サウンドが滅茶苦茶。
明らかにはやぴーさんのギターの音が大きいし途切れ途切れ。
どうやらFUZZが逝った模様。
さらにそれに輪をかけて、
ブリッジが吹っ飛んでいくというアクシデントも。
ノリと勢いは流石なんですが、
こういうのはちょっとうにょーんって感じですね。
毎回トラブル多いですね。
それもまたライブなんですが。

そんなこんなで終演。
なにはともあれ、
フラワリに参加された方、お疲れ様でしたー!!

-----

その後まっすぐ帰路についたのですが、
途中の電車で人身事故の為に30分足止め喰らいました…。
最近こういうので足止め喰らうの多いですね…。
やれやれですわ…。

| 雑記 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例大祭8行ってきた

ベントラーベントラー(何

ベントラーベントラー

というわけで、行ってきました例大祭。
売り子で。
というかお使いがメインですね。
当然頼まれたものはフルコンプです。

自分のはというと、
殆ど委託で購入してしまった作品が多かったので、
会場での購入は少なかったです。

あとは実にまったりしてました。
似顔絵描いてもらったり←

例大祭でしか会えない知り合いもいるのですが、
無事に顔を見れてほっとしました。
うん。こういうのも大事ですね。

で、戦利品。

本とか

本とか。
気になっていたのをちらほらと。

こっちは音楽CD。

戦利品その1

無料配布多いですね。

戦利品その2

というわけで、
購入16枚・頂き物無料配布15枚・ROM1枚・薄い本6冊。
うん少ない←

今回はグッズ系が盛り上がってましたね。
殆ど何でもアリの状態ですが、
色々参考になりましたし、見ているだけでも楽しかったです。
なんか作ろうかなー←

そういえば、コスROMの頒布停止を喰らっているサークルさんありましたね。
どれだけヤバかったんでしょうか。
ちょっとだけ気になります。

そして土曜はフラワリ!!

| 雑記 | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

M3-2011春 行ってきました

色々とバタバタしていて(←
応援リストも結局公開しないままでのM3参加となりました。
期待していた方には申し訳ないです。
恐らく誰も期待してないとは思いますが。

で。

まずは戦利品から

M3-2011戦利品その1
こっちは無料配布・会場特典・頂き物

M3-2011戦利品その2
購入その1

M3-2011戦利品その3
購入その2

M3-2011戦利品その4
購入その3

合計で84枚ってとこですか。
無料配布や頒布価格が抑えられていた作品が多かったので、
お財布に優しいM3でした。
スリムケースや袋での頒布・配布作品が多かったので、
物量的にもそれほど多くなりませんでした。

今回は会場の中での場所が前回より移動し、
1フロアでの開催となりました。
上下移動が無くなったので、移動はわりとスムーズでしたが、
壁(特にS)の人口密度が物凄かったのと、
女性一般参加が増えたように感じました。
制服で来ていた方もちらほら見かけましたね。
会場1時間位は壁周辺はカオスでした。
どれが待機列なのか分からなく、
移動もままならない程でした。

また、今回のM3を見送ったサークルさんも多く、
空いているスペースもちらほら、
新作がないサークルさんもちらほら。
震災の影響でしょうか。
それと関連付けるかのように、
頒布価格を抑えチャリティーで作品を頒布しているサークルさんも多かったようです。
なんか、いいですね。こういうの。

しっかし、買い物してたら声かけられることかけられることw
顔が割れてるサークルさんは当たり前ですが、
初めて行くサークルさんにも知られていたりとw
さらにサークルさん以外の方々にもちらちら見られてましたw
Tシャツのせいだと思いたい、そう信じたいw
なんというか、ネットの恐ろしさを感じましたw

とまぁ、そんな感じのM3でした。
右腕と腰が痛いです。
歳ですかそーですか。

次のイベントは来週5/8の例大祭ですね。
ち-19b「ブルーチーズコロニー」でただの売り子してます。

| 雑記 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |