Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Forbidden Heart / Valhalla

Forbidden Heart / Valhalla
タイトル:Forbidden Heart
サークル:Valhalla

2010/05/05頒布?

オリジナルシングル

全2tr
Vo.tr…1tr



■感想

惜しまれつつも活動を休止してしまった、
GILDIAのVo.悠梨さんが在籍していたサークルのシングルです。

このシングルが頒布された頃は既に一部では
そのメロにやられた人が続出していたように思います。

このシングル曲「Forbidden Heart」は後に頒布される
アルバム「Dystopia」にも収録されていますが、
そちらとはちょっと違うVer.違いになっています。

また、tr-2はインスト版が収録されています。

=====

tr-1「Forbidden Heart」

幻想的なシンセとピアノのイントロから始まる、
アップテンポでポップ寄りの曲です。
それでいてどこかゴシカルは雰囲気は漂っています。

V系チックな弾きまくりのツインG.と、
動きまくるB.、
分かりやすく聴き易い展開。
メロはまさに秀逸の一言で、
明るくキャッチーでいて、
ついつい口ずさんでしまう程。
アニソンっぽいと言えば分かり易いでしょうか。

音数も多くゴチャゴチャしているのですが、
シンセやストリングスが前に出てきている分、
聴き易いと言えば聴き易いですが、
どうしても低音不足は否めないです。

カッティングで弾きまくるG.のサウンドが軽く、
ストリングスとピアノで補っているものの、
ヘヴィさが足りずに薄っぺらく感じます。

ミックスのせいなのか、
全体的にやや高音キツく感じるのと、
低音が全然出ていないのが難点です。
特にVo.の摩擦音は耳に痛いです。
このあたりの不満はアルバム「Dystopia」に収録されているVer.では解消されています。

歌詞は悲恋の想いを綴った、
ありがちといえばありがちな歌詞なのですが、
メロとの親和性が高く、
つい口ずさむ一因にもなっています。

-----

アルバム「Dystopia」に収録されているVer.よりも前に収録されているので、
当然プロダクションの質は落ちるものの、
Valhallaらしさはこの頃には確立されていたんだなと実感できます。

今となっては難しいとは思いますが、
是非とも復活をして欲しいサークルの一つだったりします。

にしても、派手でサイケデリックなジャケですね…。
スポンサーサイト

| 同人音楽 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胸に花 / あくたむし

胸に花 / あくたむし
タイトル:胸に花
サークル:あくたむし

2012/04/30頒布

オリジナルシングル

全1tr
Vo.tr…1tr



■感想

快楽音楽堂のいわまさんがどこで見つけてきたのか、
ぬのさんというこれまた凄いVo.と手を組んだ、
カオティックハードコアユニットの1stシングルです。

ウワサによると、某動画サイトにPVをアップしたところ、
あまりにグロすぎて削除されたとかなんとか。
一度見てみたかった…。
現在は別のVer.がアップされていますが。

ジャケットもVo.のぬのさんが描いてます。
球体関節人形とはいえ、
確かにこれはエロティックでグロいですねぇ。

=====

tr-1「胸に花」

幻想的なピアノのイントロで幕を開けたと思ったら、
ヘヴィでゴリゴリなサウンドのカオティックなギターが登場して、
ブラストビートで疾走して、
冒頭からカオスっぷりが堪らないです。

ぬのさんのVo.が凄まじく、
妖艶でエロティックな歌声から、
可愛らしいキュートな歌声、
極めつけは女性離れしたガテラル、
そして絶叫。
終盤に聴ける笑い声が不気味でもうなんとも。
これは今後が楽しみなVo.がまた出てきました。

いわまさん特有の歌謡曲っぽいキャッチーで妖艶なメロは健在で、
ぬのさんのVo.の相性も素晴らしく、
サビ?のスクリーモっぽいコーラスを従えた部分では、
素晴らしいハーモニー(といっていいのかどうなのか)が聴けます。

ゴリゴリでヘヴィなギターサウンドがとにかくカオス。
聴いたことのあるリフも出てきますが、
そこは愛嬌ということで。

他にもオルガンやチェンバロ、シンセなども聴け、
その目まぐるしい展開の速さや奇抜さに、
安心して聴く事はままならないでしょう。
なんというか聴くということに覚悟がいるような感じもします。

歌詞もまた独特です。
ジャケの通り、球体関節人形をモチーフにしていますが、
言葉の使い方、並べ方が巧みで、
グロいながらも詩的な感じを見て取れます。
このあたりは快楽音楽堂の作品「少女娼婦」に通じるものがあります。

-----

今後が楽しみで楽しみで仕方ないです。
ガテラルを出せる女性Vo,は確かに見かけますが、
ここまで歌声を使い分けるVo.は少ないんじゃないでしょうか。
これだけ妖艶でテクニカルだと、
どうしても次回作に期待してしまうのは仕方の無いことです。

いわまさんの書く曲との相性が抜群に良いのは保障できるので、
ぜひとも少女娼婦のような作品を作って欲しいものです。

にしても、一体どこで見つけてきたんでしょうねぇ…。

| 同人音楽 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆめみぐさ / *Re:puer

ゆめみぐさ / *Re:puer
タイトル:ゆめみぐさ
サークル:*Re:puer

2012/04/30頒布

オリジナルシングル

全2tr
Vo.tr…2tr



■感想

Cathyさん、ちっぽさん、akariさんの
ボーカリスト3人が主宰するサークルのシングルです。
こういう体制は珍しいと思います。

何気に参加メンバーが豪華だったりするワケですが。

=====

tr-1「薄紅恋歌」

イントロだけは和風の雰囲気がプンプンするスロー~ミドルテンポの
オーケストレーションをメインとした曲です。

イントロ以外では和風の雰囲気は殆ど見られないのが残念ですが、
なんというか、劇場版アニメの主題歌っぽい展開で、
メインでもあるオーケストレーションの使い方が非常に巧く、
Aメロ~サビへの盛り上がり方が素晴らしいです。

また、間奏でのピアノとクワイヤが素晴らしく、
ブリッジからサビへの盛り上がり方にも
一役買っています。

Vo.はakariさん。
高音の響きがとても良く、
ハモリに良く合う歌声です。

曲は6:13と長いのですが、
意外と長く感じません。
アウトロがもうちょっと長くてもいいと感じたくらいです。

tr-2「春は桜、心は嵐」

ピアノのイントロから始まる、
ハーモニーが美しい4ツ打ちミドルテンポのツインVo.の曲です。
この曲も和風な感じは皆無でした。

二人とも声質も歌声のタイプも違うので、
ハッキリと区別がつきますし、
そのギャップが面白いです。

なんというか、
アイドルのシングルB面の曲っぽいです。

歌詞を見ると長く感じるのですが、
意外と短く曲に詰め込んでいるのがわかります。

歌詞は藤代あずきさん(LizTriangle)なのですが、
女性Vo.なせいか、
歌詞の内容から男性へ向けたというより、
同性(もしくは友人)に思えて仕方が無いです。

-----

両曲ともクオリティが高く素晴らしいのですが、
どうしてもジャケットと中身が合ってないのが気になって仕方が無い。
ジャケが和服のキャラなら中身も和風なんだろうと思うのが自然なので、
そのあたりはどうなのかなーと思ってみたり。
そういう意味ではちょっと損をしてるかなと思います。

| 同人音楽 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fakewings / Studio Lepus

Fakewings / Studio Lepus
タイトル:Fakewings
サークル:Studio Lepus

2012/02/05頒布

オリジナルシングル

全1tr
Vo.tr…1tr



■感想

様々な活動をしている三滝航さんの個人サークルのシングルです。
今作はサークルとしては初となる男性Vo.曲だとか。
にしても、絵も描けるコンポーザーさんって凄いですよね…。

ところで、この作品、HPのディスコグラフィーに掲載されてないのですがはて?

=====

tr-1「Fakewings」

アコギとピアノを中心に構成された、
スローテンポのバラードです。

Vo.は川口悠羽さん。
多少クセのある歌い方で、
ちょっとねっとり感がありますが、
中低音域の聴き易さがある歌声で、
すんなり聴く事ができました。

ピアノの音色がとても綺麗で、
アコギとの相性も良く、
儚い曲の内容に非常にマッチしています。

また、大サビに向かい盛り上がる展開も
王道といえば王道ですが、
楽器の数が少ない中でのこの魅せ方は巧いです。

ジャケとタイトルからも分かる通り、
偽の羽をテーマにした歌詞で、
抽象的でファンタジックな歌詞になっています。
こちらの歌詞は川口悠羽さんが書いています。

-----

こういう男性Vo.のバラードって良いもんです。
もっと増えればいいなぁとか思うのですが、
なかなか難しいんでしょうねぇ。

ちなみにこの二人のユニットは、
毎日五月病。主宰のコンピ盤「Stattlich Abmarsch」に
Nihalというユニット名で参加してます。

| 同人音楽 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またライナーノーツ書きました

また書いちゃった!テヘペロ←

というわけで、ライナーノーツようやく公開です。



Resonecia「Schicksal」特設ページ


とりあえず読んで頂きたいっ!!




≫ Read More

| 雑記 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

回り続ける 水車のような 日々に / あめのむらくも

回り続ける 水車のような 日々に / あめのむらくも
タイトル:回り続ける 水車のような 日々に
サークル:あめのむらくも

2012/10/28頒布

オリジナルシングル

全2tr
Vo.tr…2tr



■感想

こういったサークルロゴをバーンと大きく出したジャケットっていいですね。
しかも手裏剣っぽいのはなんとなくですが、内容が分かるような気も。

=====

tr-1「回り続ける 水車のような 日々に」

古き良きジャパメタを彷彿とさせる、
ハイトーンVo.をメインとした、
2バスドコドコ疾走チューンです。

メタルにしては全体的に軽い印象を受けしまうのですが、
テクニカルな面もちらほら見受けられますし、
適度に歪んだG.のザクザクしたリフはカッコイイです。

ただ、Dr.が引っ込んでいて、
聴きにいかないとなかなか聴こえ辛いです。
特に2バスドコドコパートなどは、
バスドラが聴こえにくく勿体無いと感じました。

メロも和音階を取り入れたもので、
なかなかキャッチーなのですが、
Vo.の歌声が男性なのに細すぎて、
かなり勿体無い気もします。
初聴では冒頭を聴いただけだと女性かと思いました。

tr-2「ロシニヨル」

こちらもtr-1同様2バスドコドコ疾走チューンですが、
チェンバロシンセなども加わっています。
このシンセがちょっと薄っぺらく浮いている印象を受けてしまい、
かなり勿体無いと感じました。
サウンド面に関しては概ねtr-1と同様に軽く感じます。

サビのメロがどことなくALFEEっぽく感じたのは自分だけでしょうか?
冒頭からサビで始まり印象付けているのもあるのですが、
このクセのあるサビメロがなかなか頭から離れなくなりました。

緩急のついた展開でメリハリもあって、
なかなかに聴かせてくれます。
随所でG,の速弾きが聴けるのも良いです。

で、タイトルの「ロシニヨル」ってなんでしょう?

-----

やはりどうしてもVo.に耳がいってしまい、
妙に印象に残ります。
これが今後持ち味になればいいのですが…。

あと、メタルと呼ぶには全体的に軽いのがネックですか。

G.のテクやしっかりと印象付けるメロのセンスは良いと思うので、
今後に期待したいです。

| 同人音楽 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Feles/RPG! / Matrica

Feles/RPG! / Matrica
タイトル:Feles/RPG!
サークル:Matrica

2012/10/28頒布

オリジナルシングル

全4tr
Vo.tr…2tr
残り2trはそれぞれのinst.ver.



■感想

両A面シングル(この呼び方は古いような…。)です。
ジャケットは片面が上下反転しているので、
正面から開けるとどちらも右開きになる親切仕様になっています。

にしてもジャケットがちょっと弱いですね…。
RPG!側は曲と合っているからまだ良いのですが、
Feles側はもうちょっと凝っても良かったのではないでしょうか?

=====

tr-1「Feles」

少しダークな感じのジャジーなピアノのイントロから始まる、
スパニッシュっぽいギターが印象的な、
ミドルテンポの曲です。
こういうのなんて言うんでしたっけ?
ど忘れしてて思い出せません…。
とにかくヨーロッパの石畳的な雰囲気が出てます。

リズミカルな曲に良く合うギターと、
跳ねるように小刻みなB.が非常に気持ち良く、
この組合せが非常に良いです。
特にB.はMatricaらしい動き方で、
中盤にはスラップも聴く事ができます。

サビのメロも実に「らしい」メロで、
それに緑坂さんの歌声が乗ることで、
Matricaなんだなと再認識しました。
というか、緑坂さんの大人びた感じの歌い方が
この手の曲にマッチしていますし、
なんというかメロに特徴あるんですよね。

タイトルとジャケから分かるとおり、
猫をモチーフとした歌詞の内容で、
宝石の名前を随所に散りばめていますが、
これがなかなか面白いです。

tr-2「RPG!」

こちらはデジタル色の濃いピコピコサウンド満載の曲です。
サウンド的にはこちらの方がMatricaらしいと感じます。

ピコピコサウンドと言っても、
それほど賑やかではなく、
適度なほどに抑えられていて、
むしろ音数が少ないんじゃないかと思うほどです。

実際のゲームのSEで使われていそうな音を
曲中でコレでもかと使用していて、
まさにタイトル通りの曲です。

サビのメロはまさにMatricaらしいメロで、
バックのシンセやB.はまさにそれ。
ここだけ聴いたら知っている人なら誰でも分かるんじゃないでしょうか。
それほど「らしい」です。

デジタル色が濃いですが、
しっかりとG.ソロも収録されています。
ライトハンドも聴けたりして意外とテクニカルでだったりします。

緑坂さんの歌声はtr-1とは違い、
可愛らしく歌い上げていて、
ちょっと合わないかな?とは思いますが、
なかなか珍しくも感じます。

強気で前向きな女性の心情を上手くRPGにかけた歌詞で、
これはなるほど巧いと感じました。
なんというか、イイ男を捕まえる為に努力してる女子大生みたいな、
そんな感じです(多分違う)。

-----

他のサークルの作品でも良くみられますが、
ここまで特徴が出るのは正直強いと思います。
それがサビのメロだけでなく、
曲調に表れるとズルイとしか言えないです。

両曲ともA面というのも頷けるクオリティですし、
Matricaを知っている方には十分にオススメしたいです。

| 同人音楽 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dolls/Despairing sigh / Release Hallucination

Dolls/Despairing sigh / Release Hallucination
タイトル:Dolls/Despairing sigh
サークル:Release Hallucination

2012/10/28配布

オリジナルシングル

全2tr
Vo.tr…2tr



■感想
この界隈、特にメタルだとSレアの部類になるであろう、
ソロプロジェクトのPHANTAS-MAGORIAでも知られている、
Vo.も務める女性コンポーザーemiさんと、
G.のKaorinさんのユニットです。

先のM3では立ち上げたばかりで音源が少ないのか、
今作を無料配布していたのですが、
あえなく瞬殺したとかしないとか。

=====

tr-1「Dolls」

デジタルサウンドとヘヴィなギターサウンドが混在し、
変則リズムのイントロから始まる、
ミドルテンポのノリの良いメタルです。

終始暗い雰囲気を貫き通していて、
どこと無く一時期のストラトヴァリウスっぽいと感じるのは俺だけでしょうか?
良い意味で脱力感を感じる程に歪んだG.は、
変拍子がとても似合いそうで、
このサウンドでプログレやったら気持ち良さそうですね。

ただデジタルサウンドが多目なのもあるせいか、
メタル色がそこまで濃くないのが残念でしょうか。
シンフォニックサウンドを取り入れているのは良いのですが、
もうちょっと捻りが欲しかったですね。

emiさんの歌声はメロのせいもあってか、
低音を重視しているのですが、
それだけかと思ったら高音の響きも良く、
エフェクトがかかっている部分も合っていると感じます。
決してパワーVo.ではないものの、
妖艶な歌い方とその低音は魅力的です。

サビは比較的キャッチーで聴き易く、
全体的にメリハリの効いた展開なのですが、
6分強あるので少々長く感じます。

歌詞がどうしてもV系っぽく感じてしまい、
男臭いメタルの歌詞とは一味違います。
このあたりは女性らしいとでも言うのでしょうか。

G.ソロはスイープなども聴けますし中々のものです。
これでネオクラっぽいフレーズが入ってたらもっと良かったですね。
好みの問題ですが。

tr-2「Despairing sigh」

この曲も終始暗いスローテンポの曲です。
tr-1「Dolls」とは違い、
デジタル色はなりを潜め、
ヘヴィさが際立っています。

この曲調にemiさんの歌声はピッタリハマっていて、
低音を生かしたメロが実に心地良いです。
ただどうしてもVo.だけが目立ってしまいがちで、
若干浮いている印象を受けました。

ヘヴィさは置いておくと、
メロと曲の雰囲気が何故かシリアスなI'veっぽく感じました。
きっと仄かに漂う哀愁のせいと、
Vo.のエフェクトとコーラス、メロのせいでしょう。
陵辱系のエロゲで使われていそうな感じといえば伝わるでしょうか?
なんというか良くも悪くもカップリング「らしい」曲です。

-----

どメタルではないものの、
そのヘヴィさや個性には光るものを感じます。
PHANTAS-MAGORIAとはまた一味違っていて、
今後このユニットがどういう方向に進んでいくのかが非常に楽しみです。

それから、できれば瞬殺しないようにお願いしたいです←

| 同人音楽 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Magic Believer / CollageMusicaHoric

Magic Believer / CollageMusicaHoric
タイトル:Magic Believer
サークル:CollageMusicaHoric

2012/10/28頒布

オリジナルシングル

全2tr
Vo.tr…2tr



■感想

ひょんなことから知ることになったCollageMusicaHoricのシングルです。
その可愛いジャケットに目を奪われがちですが、
中身はなんとまぁ。

=====

tr-1「Magic Believer」

ヘヴィなG.のリフのイントロから始まる、
ミドルテンポのアッパーなポップロックです。

可愛らしいともよさんのVo.が
前向きな歌詞とノリの良い曲調がマッチしていて、
割とすんなり聴く事ができます。

曲の頭から動きまくるB.が心地よく、
もっと前に出しても良い位です。

キラキラシンセの使い方が、
非常にエロゲのOP曲っぽい使い方で、
まるでそれ散る。
本当によく似てます。

この手の曲にありがちな引っ込んでるG.ではなく、
しっかり前に出ているG.ソロ。
このあたりは分かってるなぁと思ってっみたり。

tr-2「Machine gun」

冒頭から少し儚げで寂しげなあめさんのVo.と同時に、
クリーントーンのG.が入ってくる
スピーディなHR曲です。

バンドサウンドを基調にしているので、
シンセは殆ど聴けませんが、
時折見せるヘヴィな一面ににやり。

躍動感のあるG.とVo.のギャップが面白く、
メリハリの効いた展開にも一役買っています。

バッキングなんかはモロにHRですし、
Dr.のフィルなどはバンドのそれですし、
AメロがどことなくSIAMSHADEっぽくて良いです。
G.ソロ前に何気にヘヴィなリフが聴けたりしてニヤニヤできます。

メロはそれほどキャッチーではないのですが、
Aメロからの導入で、巧い具合に印象付けていると感じました。

曲の雰囲気から、タイトル曲にはなりづらいですが、
良くも悪くもカップリング曲らしい曲だと思います。

タイトルの「Machine gun」には少し違和感を覚えましたが、
歌詞に戦場や硝煙などのワードがあるからこのようになったと思います。
個人的にはマシンガンというよりはリボルバーかなと(どうでもいい)。

-----

なんというか、良い意味でジャケット詐欺。
こんなジャケだったら、
ぴこぴこきゅんきゅんのガールズテクノPOPだと思うじゃないですかー。やだー。

Vo.も作曲者もタイプも違う2曲が収録されているので、
シングルらしいといえばシングルらしいです。

この路線とは別に、違うタイプの曲を聴いてみたいですね~。

| 同人音楽 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Describe the game to Dancers and Readers / ActiveWorks & MR.NiNi

Describe the game to Dancers and Readers
タイトル:Describe the game to Dancers and Readers
サークル:ActiveWorks & MR.NiNi

2012/12/30頒布

DDR旧筐体解説本



■感想

この一目見ただけでDDR本だと分かるカラーリング。
素敵です。

個人(厳密に言えば団体)所有による、DDR旧筐体解説本です。
いまや新筐体に変わってしまい、見かけることの少なくなってきた旧筐体。
その旧筐体を稼動するに当たってのノウハウや知識、
データベースをこれでもかと盛り込んだ内容です。

マシンに対しての本なので、
プレイに関しての記述は殆ど見られません。
けれど、読んでおいて損は無い内容になっています。

この本を作った経緯などは、
もちろん賛同できるものであり、
1stからプレイしている自分のような古参プレイヤーにとっては、
旧筐体はなくなって欲しくないと思うのは自然なことだと思います。
街角やゲームコーナーなどで旧verを見かけるとついついプレイしてしまいますし。

前半は旧筐体の調達から運用までのノウハウを掲載。
特に調達や運搬の部分については、普通のユーザーでは知りえることのないことばかり。
自分はゲーセンで働いていた事もあるので、
知識としては持っていますが、
実際に調達しようとなると、障害はけっこう存在するのです。
自分の場合は設置場所の関係で導入を断念しましたし。

補修や運用の部分も自分には目新しくはなかったですが、
これを知ることにより、手荒なプレイは出来なくなるんじゃないでしょうか?
けれど、マシンの構造を知っていると、
プレイに影響を及ぼす事もあるので、知識として知っておいても損はないと思います。
しかし、流石に古い筐体なので、パーツが揃い辛くなってきているんですねぇ。
まさか海外からパーツを調達しているとは驚きです。

また、マニュアルなども紛失している場合も多く、
この部分の交換方法なども丁寧に記載されていて、
メンテナンスブックとしても大いに役立ちそうです。
実際、アケ機のマニュアルって、
そういうメンテナンスの部分が抜けてること、多いんですよね。
アストロシティの配線図と睨めっこ、なんてこと良くありましたもの。

後半は1st~DDREX、他海外版などのデータベースです。
ここが凄い量です。
収録曲や難易度は勿論なのですが、凄いのは海外版。
自分が知らないVer.が多くて、
ここまで派生していたとは驚きです。
どこかで海外版プレイできないですかねぇ…。
それにしても、初代稼動開始が1998年ですか…。
古いわけです。

ちょっとでもハマったことのある、
DDRプレイヤーなら文句なしに必見の本です。

「かつてのDDRプレイヤーと
現在のDDRプレイヤーと
そして、すべての読者の方々へ」


裏表紙のこの一文が全てを語っています。

| その他同人作品 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。