Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[C77 あきばお~通販でGET!] 骨董店 『Mystique』 / 六弦アリス

骨董店 『Mystique』
作品名:骨董店 『Mystique』
サークル:六弦アリス

2009.12/30頒布

オリジナルアルバム
全10曲収録
全てVo曲



■感想
いつも通りの内容かと思ってたら違ってました。
今回はコンセプトアルバムでありながら、
聴き手に問題を投げかけるという、
ちょっと変わった趣向の作品です。
詳しいことはOHPを見ていただければ分かりますが、
問題を解くことで作品が完成されるようです。
現在は回答が発表されているので、
読んで頂けたら理解できるかと。
因みに自分は半分しか分からなかったです。

tr-1「Mystique Avenue」
冒頭にオーケストラとクワイヤを使っているものの、
目まぐるしく変化していく曲。
プログレの臭いもプンプン。

サビらしいサビもないので、
かなり不思議に感じます。

tr-2「噂の雪」
前曲から続いてます。
これはシンフォゴシックってとこでしょうか。

テンポもそうなんですが、
変拍子も入っているので、
変化が目まぐるしいです。

サビはキャッチーでいいですが、
盛り上がりに若干欠けます。

tr-3「Welcome to the Lunatic Town!」
なんていうんでしょう。
ミュージカルっぽいって言えばいいのでしょうか?

ベースはスローテンポのシンフォロック。
キャラのセリフが入ってくるので、
アルバムとしては欠かせない曲。

tr-4「幸せな嘘は真夜中に」
転がるようなB.と
アクセントの効いたピアノが印象的な
とてもジャジーな曲。

雰囲気たっぷりなアンナさんのVo.が素敵です。
いままであまり聴けなかった、
低音でのVo.が素敵すぎます。

tr-5「宝石と楽園」
冒頭はアルバム中では一番六弦アリスっぽい曲ですね。
途中から民族系の楽器が入ってくるので、
あまりそう感じないかもですが。
ただ、これはいいアクセントになってます。

サビからは六弦アリスです。
とてもキャッチーなメロと、
アンナさんのVo.が心地いいです。

tr-6「蒼の世界」
とてもヘヴィなスローナンバー。
どことなく怖い雰囲気を醸し出しています。

もうちょっとB.が動いてVo.が男だったら
ラルクになってるとこでした。危ない。

tr-7「JORKER」
冒頭のパイプオルガンがなんともいえない。
それに加えて、クワイヤが得も知れぬ
怖さを出しています。
うん怖い。

tr-8「画家と骨董店」
変拍子と変則リズム、
そして超展開と、盛りだくさんな曲。

要所要所ではいってくるオルガンの音は好きです。
あと終盤のピアノがたまらん。

tr-9「或る少女の肖像」
ロックバラードですかね。
サビの盛り上がりはたまらないです。
このあたりは流石といったところでしょうか。

tr-10『Mystique』
どこか爽やかな冒頭とは裏腹に、
重厚はクワイヤが恐ろしさを増長させている曲。
これも変化が目まぐるしい曲ですね。

クラシカルな要素もあるので、
聴いていて非常に面白いです。

これは、聴く人を選ぶアルバムかと。
世界系といえば世界系なのですが、
どことなくもやがかかってハッキリしていないので、
一度聴いただけだと満足できません。
プログレロックというだけあって、
変則リズムや変拍子も多用しているので、
ノリづらいという面もあります。
また、個々の楽曲が独立していないので、
アルバムの完成度としては高いですが、
取り出して聴くのはちょっと…って感じます。

「答え」が分からない状態と分かっている状態で、
アルバムの持っている「顔」が変化するのは
とても面白いです。
その点では繰り返し聴いていると
この世界にズリズリと引き込まれていきます。

ゴシックや世界系が好きで、
どっぷりハマッて見たい方は是非。

| 同人音楽 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/390-880030bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT