Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[C77 現地調達でGET!] 空想活劇 / Voltage of Imagination

空想活劇
作品名:空想活劇
サークル:Voltage of Imagination

2009.12/29発売

オリジナルアルバム
全10曲収録
全てVo曲



■感想
架空のアニメをモチーフにしたコンセプトオムニバスアルバム。
発売が企業で、一般流通作品ですが、
参加メンバーが同人からばかりなので、
いちおーこっちで。

見てもらえば分かるとおり、
MintJam一曲のためだけに購入したと言っても過言ではないです。
そうでなくてもかなり豪華なのですが。

以下参加メンバーとか。
イラストも凄いらしいですが、
そっちは疎いので省略(ぇ

MintJam
onoken
流歌
ぺーじゅん
佐藤ケンジ(空色絵本)
大嶋啓之
Morrigan(WAVE)
深水チエ
bermei.inazawa(anNina)
Cutie Pai
みとせのりこ
やなぎなぎ
茶太(ウサギキノコ)
あべかずひろ(空色絵本)
霜月はるか(Maple Leaf)
片霧烈火(CLOSED/UNDERGROUND)
Annabel(anNina)

いやー。
そうそうたる面子ですねー。
これ、企業じゃなかったら凄いことになってたんじゃ…。

tr-1「Back-alley Spiders」MintJam
ホーンセクションをフィーチャーした、
疾走感溢れる、ノリの良いHRナンバー。

まさにハードボイルド系のアニメのOPで使われていそうな曲です。
MADに使われそう…。

今までのMintJamではあまり聴かれなかった、
ホーンセクションは聴き所満載。
良いアクセントというよりは、ほぼ主役です。
これが無かったら多分スカスカでしょう。

展開だったりキャッチーなメロだったり、
王道といえば王道なのですが、
一段と磨きがかかったTERRAさんの歌声に痺れます。
珍しくかなり熱い歌いっぷり。惚れます。

終盤の盛り上がりも展開も王道そのもの。
が、最近あまりこういう曲少ないので、
逆に新鮮です。

G.のサウンドも言うことないです。
パートごとにキチンとサウンドが分かれてますし、
なにより聴き易いです。
しっかしa2cさん巧いなぁ。

G.ソロは圧巻そのもの。
終盤のスウィープは鳥肌モノ。
OHPでもギタープレイ動画が上がっているので、
一度見てみると良いかもです。
特に薬指の動きは絶品。エロい。

言うまでも無くバランスは最高。
細かいところでアコギが入ったり、
オルガンが入ったりと、
濃厚なサウンドが聴けます。

気になった点と言えば、
ちょっとスネアの音が重い位でしょうか。
アタックが強いので、余計にそう感じてしまうのですが。

ファンであることを抜きにしても、
この曲はヤバいです。
絶対オススメ!

tr-2「silence」
多重ボイスでお馴染み、みとせのりこさんがVo.、
onokenさんが作曲の、壮大な曲。

歌詞には造語も使っているらしく、
独特な世界が構築されています。

オーケストラサウンドとデジタルが、
巧く混在していて、
みとせのりこさんの透明感抜群のVo.が加わって、
壮大で尚且つ幻想的な曲に仕上がっています。

なんていうのでしょうか。
攻殻機動隊っぽいって言えば分かりやすいですかね?
デジタルな感じが特にそう。

しっかしみとせのりこさんのVo.はいつ聴いても凄いなぁ。
生で聴いたことある俺は幸せ者だわ。ホクホク。

tr-3「Change」
encounter+での馴染みが深い流歌さんと、
やなぎなぎさんのVo.による、
アッパー系ガールズロックです。

G.はMintJama2cさん。
これほど音で判断できるほど
分かりやすい人は数える位しかいないでしょう。

これも非常にアニメのOPっぽいです。
草原で女の子が走っている感じ。

ストリングスだったりシンセが入っていたりと、
音数はかなり多いです。
個人的にはもっとシンセ使って、
ピコピコして欲しかったかな?
あと、サビの盛り上がりが若干物足りない印象を受けました。

tr-4「青春∞」
もうこの方の説明は要らないでしょう。
茶太さんがVo.、ぺーじゅんさん作曲の曲。

超アップテンポなピアノが主役のガールズロックです。
跳ねるようなこのピアノは良いですね。
聴いているだけでも元気が出ます。
特に要所要所で入ってくる
メインリフはたまらん。

あと。ピアノソロが楽しそうでたまりません。
鍵盤弾けるっていいなぁ。うまやらしい。

これはどちらかって言うと、
エロゲ原作の青春系アニメのEDっぽいです。
細かい?

tr-5「土の雨」空色絵本
これは、まさに聴き手を選ぶサウンド。
空想音楽とは良く言ったものです。

なんとも形容しがたいサウンドに、
あべかずひろさんのか細い、
どこか悲しげな歌声がマッチしています。

サウンド的にはアンビエントが近いのでしょうが、
不思議としか形容できないサウンドです。

あまり余分なものが無く、
ある意味繰り返し聴いていると病みつきになります。

ふんわりとした中におどろおどろしさが混ざった感じです。
カオス…とまでは行かないのでしょうが。

tr-6「旅の途中」
はいはいファンタジーファンタジー。

こっちも説明要らないでしょう。
霜月はるかさんVo,、
大嶋啓之さん作曲の曲です。

もう分かりやすいくらいの、
超王道ファンタジー曲。
ジブリでいえばラピュタとか魔女宅とか、
そんな感じ。

やっぱこの系統の曲作らせたら、
大嶋啓之さんの右に出るのは居ないんじゃ?
ましてや霜月はるかさんがVo.じゃあ無敵。

tr-7「異端狂謳、美喰樂。」
はい。
説明不要三人目。
Vo.片霧烈火さん。
作曲はMorrigan(WAVE)さん。
この二人が組むとか凄い。

イラストを見た時にゴシックかな?
とおもってのですが、
そうじゃなかったです。

どちらかといえばファンタジー系。
それもダークな感じですね。
大きい城に少女が独りで住んでいるような。
分かりにくいですかそうですか。

メロディラインはファンタジーなのですが、
民族系のリズムがそそります。

片霧烈火さんのファルセットは綺麗ですね。
あと、ラストのシャウト(?)がたまらん。
ゾクゾクします。

個人的にはもうちょっとゴシック色入れても
良かったんじゃないかと思ってみたり。

tr-8「ひとひら」深水チエ
うーん。
これも形容しがたいですね。
和風は和風なんですが。
強いて言えば、和風プログレってとこですか?
わかりません。

アルバム中で一番毛色が違います。
浮いていると言えば浮いています。

深水チエさんの消え入りそうで、
どこか妖しいVo.が魅力的です。

リズミカルな曲ではないので、
これも聴き手を選ぶ曲ですね。

tr-9「en las cuatro estaciones」anNina
これタイトルはスペイン語ですかね?
クワトロだし。

曲調としては民族系です。
それも音数多めでかなり濃厚です。
ただ、さほどアップテンポでもなく、
雰囲気系な感じです。

これだったら個人的には、
街中で踊っている様な感じの曲が欲しかったかなぁ。

tr-10「SIGNAL」Cutie Pai
ポップンなどでも活躍中のユニットの曲。
超ポップなピコピコテクノポップです。

これ、ポップンに入ってても不思議じゃないです。
結構ノリの良い曲ですし、
Vo.も可愛い声ですし。

ちょっとアウトロが不自然な感じがしますが、
可愛いから許します(ぇ

参加メンバーからすると物凄くお得なのですが、
なんでしょう、イマイチ物足りないです。
もうちょっとキャッチーな曲が多かったら良かったのに。

まぁ個人的には、
tr-1「Back-alley Spiders」コレだけでお腹いっぱいですが。

それでもこの豪華さは他に類を見ないのではないでしょうか。
是非とも第二弾を期待しましょう。

| 同人音楽 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/400-96e1d42a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT