Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[例大祭7 メロンでGET!] Romansick / 魂音泉

Romansick
作品名:Romansick
サークル:魂音泉

2010.3/14頒布

東方アレンジアルバム
全10曲収録
2曲がVo曲



■感想
魂音泉初のコンセプトアルバムだそうで。
帯にもあるとおり、「胸の高鳴り」をテーマにしているとのこと。
抽象的だから難しいですよね。

前作「World's End Garden」からのリミックスや、
ボーナストラックとして、カラオケVer.があったりと、
サービス面も忘れてないですね。

=====

tr-1「幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~Border of Life (Piano“Regrets”Version)」
「幽雅に咲かせ、墨染の桜」のアレンジ。

ピアノソロによる1:04と短いアルバムのSE的な曲です。
この曲からtr-2「ボーダーオブライフ(Twilight Highway Remix)」への
繋がりはとても良いです。

tr-2「ボーダーオブライフ(Twilight Highway Remix)」
「ボーダーオブライフ」の4ツ打ちアレンジ。

基本ピアノとシンセメインの透き通るような綺麗な音色が良いです。
メロも原曲重視で聴き易いです。

そしてまた流れるようにtr-3「妖々跋扈(Feel Frantic Remix)」へ。

tr-3「妖々跋扈(Feel Frantic Remix)」
「妖々跋扈」のアレンジ。

シンセメインの4ツ打ちですが、
原曲の要でもあるピアノのメロを上手く使っていて、
非常に面白いです。

中盤からサックス(っぽい音色のもの)も入ってきて、
なかなかに飽きさせないです。

ここまではどれも大人なアレンジでしっとりと。
次曲の前菜みたいな感じですね。

tr-4「流星ドライヴ」
どう足掻いても今作のキラーチューン。
帯にも書いてあるとおり必聴の一曲。

「アリスマエステラ」のアレンジ。
ダンサブルなピアノとVo.のたまちゃんさんの歌声が
とてもマッチしていて非常に良いです。

大人しめなのにノリも良く、
聴くたびにどんどん引き込まれていきます。

問答無用で良いアレンジ。

tr-5「星の器(Lovers Escape Remix)」
「星の器」のアレンジ。

動きまくるB.を基調としていて、
どこかドラムンっぽい印象を受けました。

くるくる回るシンセもいいですね。

tr-6「クリスタライズシルバー(Starlight Dance Remix)」
「クリスタライズシルバー」のアレンジ。

基本は4ツ打ちで、色々な楽器が入ってきて、
その展開が面白い曲。

かなり大人しめなアレンジですが、
ピアノ、オルガン、木管などなど、
色々な表情が楽しめる内容になっています。

tr-7「竹取飛翔 ~Lunatic Princess(FMTtM Remix)」
「竹取飛翔」のアレンジ。

これはこのアルバムの中じゃ結構派手は部類に入りますかね?
音数は少ないものの、とてもノリも良く、
原曲のメロも殆ど残っているので、
とても聴き易い曲になっています。

ベースは4ツ打ちで、
ピアノとシンセで周りを固めている、
といったところでしょうか。

tr-8「歳月(Flute“Sorrow”Version)」
前作「World's End Garden」にも収録されている、
「砕月」のアレンジの別Ver.。

Vo.をフルートらしき木管に置き換えていますが、
これは全然別の印象を受けました。

物凄く透明感のある音色で、
涼しい月夜っぽい印象を受けました。

同じ曲でもこうも印象が違うとは。

以下2曲はボーナストラック扱いです。

tr-9「南柯之夢 feat. 雨天決行(off vocal)」
前作「World's End Garden」収録のカラオケVer.です。
「U.N.オーエンは彼女なのか?」のアレンジ。

こうやって聴くとなかなか面白いです。

tr-10「恋する幻想郷 feat. ill.bell(K's Hopelesslove Remix)」
こちらも「World's End Garden」収録の別Ver.。
「神々が恋した幻想郷」のアレンジです。

タイトルにある通り、
Vo&RAP.はill.bellさん。

イントロがピアノで始まるので、
一瞬「お?」となりますが、
ラップが入ってきた瞬間に一変します。

その後もバックはピアノオンリーですが、
これはカッコイイですね。

=====

うーむ。
全体的に大人しめながらも、
はっきりとした存在感のある曲が多いです。

前半の流麗な進行はいわずもがな。
これは素晴らしいです。
上げて落としてまた上げる、
このアルバムとしての流れはいいですね。

Kissing the Mirrorとの合作で活動開始した時のイメージが、
自分には凄く強く残っていたのですが、
前作「World's End Garden」と今作で完全になくなりましたね。

しっとりとしていて、
ハッキリと存在感のある曲が聴きたい方には是非。

| 同人音楽 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/438-ed247d03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。