Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[例大祭7 ばお~通販でGET!] Vampire Concerto / IRON ATTACK!

Vampire Concerto
作品名:Vampire Concerto
サークル:IRON ATTACK!

2010.3/14頒布

東方メタルアレンジアルバム
全9曲収録
全てインスト



■感想
いつも重く、良い意味で暑苦しいサウンドを聴かせてくれる
IRON ATTACK!の新作。

今作は「THUNDER CONCERTO」以来となる、
様式美系のアレンジとのこと。

しかも使用しているG.は
いつものJakson意外にもフェンダーを使っているとの事。
その拘りは良いですね。

=====

tr-1「Opus Of The Scarlet Cradle」
「U.N.オーエンは彼女なのか?」のアレンジ。
1:45と短いSE的な曲。

とても妖しいパイプオルガンから
アコギとストリングスへと変化。

これはこれでもっと聴いていたかったです。
是非ともロングVer.希望。

tr-2「Ripple Of 495 Years」
「U.N.オーエンは彼女なのか?」のネオクラシカルアレンジ。
うん、様式美ですね。

2バスドコドコのスピードチューンですし、
フレーズもクラシカルで良いです。
まぁ、どこかで聴いたことのあるフレーズですが。
インペリテリかなぁ。

tr-3「Vampire Concerto」
「ツェペシュの幼き末裔」のネオクラシカルアレンジ。
イントロはバッハの「トッカータとフーガニ短調」。
モロですね。

とか思ってたら、その次が。
モロにイングウェイ。しかも「Never Die」。
殆どそのまんま。
「ツェペシュ」がちょっと入ってるくらいです。

この頃のイングウェイは好きで良く聴いていたから、
ハッキリと覚えています。

ソロとかまんま。もう拍手もの。
完コピかと疑う位の出来です。

完コピとかを抜きにしても、
このソロは凄いです。
こんなのも弾けるのかと感嘆せざるを得ないです。

これは良いアレンジ。
イングウェイ聴いたことあるなら是非。

tr-4「A Fragment Of Century」
「魔法少女達の百年祭」のアレンジ。
これもイントロのリフはどこかで聴いたことあるんだけど忘れました。

素直にカッコイイといえる曲ですね。

tr-5「Sign Of Wizard's Melancholy」
「魔法使いの憂鬱」のアレンジですが、
またイングウェイ。
しかも「Seventh Sign」と来たもんだ。

この融合しているのに違和感ないのは流石ですね。
いやー。すごい。

tr-6「Satellite Phantom」
「スプートニク幻夜」のアレンジ。
これは…Rainbow?
多分ですけど。
違ってたらすいません。

2バスドコドコのスピードチューンです。
これも素直にカッコイイです。

G.ソロも圧巻。
なんだこの速弾きは。

tr-7「Purple Flame」
「Reincarnation」のアレンジ。
元ネタなんだろうとか思ってたら、
(この時点ですでにアウト)
Deep Purpleの「Burn」でした。
タイトルからきたか…。

これは融合感が凄い。
よくこの展開を思いついたとしか言えないです。

G.ソロもまんまですが、
やはりカッコイイ!
オルガンとのハモリはないものの、
ツインで見事に再現しています。

tr-8「Killing Under A Scarlet Moon」
「亡き王女の為のセプテット」のアレンジ。
2バスドコドコのスピードチューン。
元ネタ分からないです。

が、分からなくても素直にカッコイイと言える曲です。
もともとセプテット自体が
クラシカルが合うとは思っていましたが、
これほどまでにピッタリとは。

tr-9「Blood Plus」
「紅より儚い永遠」のアレンジ。
パイプオルガンで始まり、
パイプオルガンで終わる、
1:42と短いアウトロ曲。

フレーズから察するにイングウェイですかね。
原曲は忘れました。

スローバラードですが、カッコイイです。

=====

様式美ということもあって、
サウンド自体はいつものエッジの効いているものではなく、
もっと聴きやすい、丸みを帯びたサウンドです。

どう考えてもオッサンホイホイ。
自分は凄いと感じると共に、
終始笑いっぱなしでした。

これを聴いた方が少しでも
様式美やクラシカル系に興味を持ってもらえるといいですね。
最近少ないですから。

イングウェイやパープルなどの
クラシカル系が好きなら問答無用で聴いて欲しいです。

| 同人音楽 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/443-08b363e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。