Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[例大祭7 現地調達でGET!] 東憐乱舞 / INFINITY

東憐乱舞
作品名:東憐乱舞
サークル:INFINITY

2010.3/14頒布

東方アレンジアルバム
全9曲収録
6曲がVo曲



■感想
Unlucky Morpheusの平野幸村さんプロデュースということで、
どんなもんかと手にした作品です。
因みにUnlucky Morpheusの天外冬黄さんは、
ジャケット等のデザインでも参加。
ある意味羨ましい。

さて、平野幸村さんがプロデュースということは、
ガッチガチのバンドなんだろうなぁと思っていたら、
全然違いました。
以下メンバーとパートなど羅列。

ぶーすとー:G.、B.、アレンジ
mei:Vo.、コーラス
志穂:Vo.、コーラス
かーま:ピアノ、ストリングス、オルガン、シンセ
アライグマ砂糖:アレンジ、作詞

なんて変則的な。
このメンバー配置はかなりのイレギュラーです。

当然(?)の如く平野幸村さんもゲスト参加。
tr-3とtr-5のG.ソロやってます。

=====

tr-1「天翔る旅路」
「紅より儚い永遠」のアレンジ。
インストですがHR寄りですかね。
SE的はイントロ曲なので、
1:04と短いです。

tr-2「偽者は笑う」
「春の湊に」のアレンジ。

Vo.はmeiさん。
ちょっと素人っぽさが残るものの、
存在感はある歌声です。
もっとハイトーンと力強さを手に入れたら…と思うと、
将来が楽しみです。

メロはそんなにいじっていないので、
聴き易いですね。

印象としては80年代のジャパメタのような感じを受けました。
恐らくディストーションサウンドのG.が前面に出ているせいでしょう。

G.ソロはちょっと長めです。
ツインリードのハモリは綺麗で見事です。
テクもなかなかのもの。

ちょっとDr.の音が小さいでしょうか?
気になったのはこのくらい。

tr-3「憂い蒼く」
「キャプテン・ムラサ」のアレンジです。
スピードメタルですが、
なんとなく某SIAM SHADEっぽい印象です。

Vo.はmeiさん。
こういうのもなかなかいけますね。

荒々しいG.サウンドによるリフがカッコイイです。
そうか。
バックでピロピロやってるのが某SIAM SHADEっぽいのか。

さりげなくバックにストリングス鳴ってるのもまた良いです。

メロは結構いじってあるので、
若干聴きづらいかも。
それでもサビはキャッチーで良いです。

G.ソロは平野幸村さん(Unlucky Morpheus)。
やはりこの方は巧い。巧すぎる。
存在感が段違い。
\すげえ/

G.ソロの前にオルガンのソロも入っているのですが、
もうちょっと速弾きとかあったら良かったなぁ。
折角だから平野幸村さん(Unlucky Morpheus)とのバトルとか。

中盤のリズムはちょっと笑いました。
ラモーンズじゃん。

tr-4「秋愛歌」
「稲田姫様に叱られるから」のアレンジ。

Vo.は志穂さん。
この方は歌い慣れてる感じですね。
高さも十分ですし、なかなかに太い歌声です。
独特なのは、発音というか歌い方というか。
ちょっと英語っぽいかなと。
なもんで、英語の歌が聴いてみたいです。

ノリの良いミドルテンポのHRって感じです。

G.ソロはなかなか。
ちょっと某Deep Purpleっぽいところもあったり。

ちょっとスネアの音が軽いかな?
あと、オルガン・シンセの存在感が薄いです。
もうちょいハッキリした音色だったら…。

tr-5「14色の虹」
「恋色マスタースパーク」のインストアレンジ。

というか。
これまんまじゃん。

メロがG.なのですが、
ちょっと音が細いです。
中盤からのG.ソロは平野幸村さん(Unlucky Morpheus)なのですが、
それとの差があまりにもありすぎて。

平野幸村さん(Unlucky Morpheus)のソロは…
もう書かなくてもいいかな。

ちょっとバスドラの音量が小さく感じました。
うーむ。

tr-6「冷たい壁の...」
「U.N.オーエンは彼女なのか?」のスピードチューン。
イントロが某Janne Da Arcっぽかったです。

Vo.はmeiさんと志穂さんのツインVo.で、
ハモリ自体は余り無く、
パートごと、という感じです。

中盤のKeyソロ→G.ソロの流れは良いですね。
しかもKeyは音色を3つも。
その割りにG.ソロはちょっと長めです。

これは原曲重視のアレンジで、
かなり聴き易かったです。

tr-7「独りぼっち」
「上海紅茶館」のバラードアレンジ。
イントロはピアノからです。

Vo.はmeiさん。
ハモリが綺麗ですね。

メロは余りいじっていないので、
とても聴き易いです。

イントロからのピアノの音がちょっと大きいです。
曲中でも時々入ってくるのですが、
ちょっとビックリします。

tr-8「共に」
「少女が見た日本の原風景」のアレンジ。
4ツ打ちなのですが、
この打ち込みサウンドと、
時々入ってくる男性のセリフが、
なんていうか某globeぽい。
ラップまで入ってるし。
パーク・マンサーか。
ちがった。
それ軟式globeだ。

Vo.は志穂さん。
終盤の男性Vo.との掛け合いはカッコイイです。

ちょっとこの曲は意外でしたが、
コレはコレでアリですね。

tr-9「終局迎えぬ憐乱舞」
「紅楼」のインストスピードチューン。
イントロのピアノで気を抜いているとやられます。

このピロピロ感は…
ペロッ。
某SIAM SHADEッ。

もうG.弾きまくりで気持ち良さそうです。
が。
終盤のなんともいえない尻切れ感は一体。
突然終わる感じなので拍子抜けします。
もうちょっとなんとかならなかったかなぁ。

=====

ふむ。
サークルとしても初めての作品だから、
やりたい事を詰め込んだって印象ですね。
ちょっと抑えている感じもしますが。

テクもセンスもあると感じました。
あとはバランスですかね。

メンバーの変則配置ってのを生かして、
もっと面白いものが出来そうな気もします。
なにより色々なジャンルをやれそうですし。

バックにUnlucky Morpheusがいるってのもありますが、
今後に大いに期待したいですね。

| 同人音楽 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/450-adca8fc6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT