Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] Folktale Recollection -FINAL FANTASY- / Magical Trick Society

Folktale Recollection -FINAL FANTASY-
作品名:Folktale Recollection -FINAL FANTASY-
サークル:Magical Trick Society

2009.8/15頒布

FFシリーズアレンジアルバム
全9曲収録
全てインスト



■感想
アレンジされつくした感のあるFFですが、
今作はFFⅣとFFⅤからのピックアップで、
ケルトを中心とした民族系のアレンジ。

まぁ、意外性というのは余り無いかもですが、
驚いたのは「ビックブリッヂ」と民族系でアレンジしている点。

メインだったりチョコボだったりは民族系多いけど、
これは試聴したときにビックリして購入決意と。

前半4曲がFFⅣからで、
後半5曲がFFⅤからという構成になってます。

=====

tr-1「プレリュード」
「FFIV」からですが、
「プレリュード」ってどのナンバリングでも同じじゃなくて、
びみょーに違うんですよねー。

主にストリングスとハープでの演奏ですが、
中盤からのメロがリコーダー(なのかな?)。
これには驚いた。

tr-2「愛のテーマ」
「FFIV」からです。
これは思いいれがある曲なので、ちょっと嬉しいです。

原曲重視で演奏している楽器を変えただけなのですが、
これはばっちり。
違和感は全く無いですし、
寧ろ原曲よりも良いんじゃないかってくらいです。

tr-3「バトル1~バトル2メドレー」
「FFIV」からですね。
通常バトルとボス戦のメドレーになってます。

通常、ロックアレンジとかメタルアレンジとか多いのですが、
これは意外でした。
なんか、民族の集落での演舞っぽい曲のイメージが浮かんで来ましたね。

激しい中にもゆったりとしていて、
壮大な感じも受けました。

tr-4「チョコボ」
ここまでが「FFIV」からです。

チョコボに民族はピッタリですね。
ちょっとマヌケなメロに、
ほのぼのとした雰囲気が非常にマッチしています。

楽しそうに弾いているストリングスがまた良いですね。

tr-5「メインテーマ」
ここから「FFV」です。
これはなるべくしてなったと言う程、
余りにもハマッているアレンジです。

FFⅤが好きなら是非とも聴いてもらいたいアレンジです。
原曲の持つ広大さや高揚感、
なんと言ってもRPGのフィールドBGMらしいサウンドに仕上がっています。

tr-6「街のテーマ」
ほのぼのゆったり。
これが一番似合う言葉でしょう。
もうそのまんま。

tr-7「ビッグブリッヂの死闘」
意外性その2。
最早FFⅤの代名詞と言っていいほど有名なビッグブリッヂ。
これがまさかの民族系アレンジとは。

これは純粋にカッコイイの一言。
こうも似合うとは思わなかった。

フルート、ギター、ストリングスその他諸々。
(単に楽器の名前が分からないだけ)
全てがカッコイイ。

tr-8「親愛なる友へ」
これも余りにもハマリ過ぎている曲。
その為に違和感が全く無いです。
まったりまったりです。

tr-9「エンドタイトル」
これはEDの曲で良いんですかね?
曲名は良く知らないもので。

これも良かったです。

というか、リピートしていると、
この曲が終わった後にプレリュードに戻るという、
ゲームの様な作りにしてやられてしまうのは、
自分だけじゃないと思いたい。
うっかりするとエンドレスエンドレス。

=====

久々にFFアレンジの良盤に当たりました。
曲のチョイスもさながら、
良いアレンジを聴かせてもらえました。

実際自分と同じくらいの世代の方には、
懐かしいと共に新鮮な印象も受けるかも。

FFⅣ・Ⅴが好きで民族系が大丈夫ならば是非!

| 同人音楽 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/469-46354eb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。