Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

M3-2010春 Tシャツ作ってみた。

さて、掲載の許可も頂いたので公開と相成りました。

先日のM3で、
MiddleIslandのお二人に
「喜んでもらえる差し入れを持っていこう!」と
急に思い立ったので、
まー、あれです。
普通ならばお菓子とか飲み物だったりするのですが、
それではあまりインパクトが無いので、
(そもそもこの考えがおかしい)
なにが良いかなーと思って二日三日。

「そうだ。Tシャツにしよう。」
とゆー訳で、製作開始。

作り方自体は、前回ちょっかな。」のライブで作って着て行った、
TERRAさんに間違われた曰くつきのMintJamのTシャツとほぼ一緒です。

ただ前回はいわゆるペンキ塗料を使ったのに対し、
今回は市販のプリントTシャツでも仕様されている
シルクスクリーン用の塗料を使いました。
いや、探せばあるものですねー。

シルクスクリーン塗料

これは家庭でもシルクスクリーンでプリントTシャツが作れるという、
Tシャツくん」なるものの塗料で、
水性で扱いやすく、
通常の絵の具のように混色できるという特徴があります。
さらにペンキ塗料とは違い布用塗料なので、
乾燥しても塗布面が割れずに伸びるという性質もあります。
乾燥までの時間が短いのも特徴ですね。
当然のことながら、「Tシャツくん」なんて所持していないので、
塗布する際は筆等でちまちま塗っていく作業になります。
ただ、粘度がかなり高いので、
専用のうすめ用バインダー(調剤)で粘度を調整することを強く薦めます。

Tシャツくん」そのものは昔刃流行った「プリントゴッコ」と同様のものです。
これが小さい面積でも対応していれば完璧なのですが。

まずは前回と同じ通りアイロンプリント用紙に印刷していきます。
今回はこちらのものを使用。
アイロンプリント用紙
因みにアイロンプリント用紙は色々と種類があるので注意です。
白生地対応のもの(印刷する時は反転印刷のもの)
濃色生地対応のもの(今回使用したのと同じ、白色紙のもの)
この二種類には特に注意して下さい。

他にも
・レーザー/インクジェット
・染料/顔料
などがあるので、購入する際には注意書きをよく読んで下さい。

悲しいことに剥がすのを前提に作られたのもありますが、
今回購入した店舗には染料対応のものしかなかったのであえなく断念。
これはプリントしてもガムテープで一気に剥がせるという、
イベントなどで一度使えればいいという代物。
あとで購入して、顔料だとどうなるのか試してみたいところです。

そうそう、「なんでアイロンプリント使うのー?」
「カッティングシートじゃだめなのー?」とか思われるでしょうが、
布地なので伸びるのは当然、
密着していないとスキマに塗料が入ってしまうこともあり得るので、
カッティングシートは不向きと判断しています。
試したことはないけれど。
一度試してみようかしらん。

さて、そんなこんなでアイロンプリント紙に印刷していきます。
ガガーっとね。そんな音はしませんが。

もとの画像が小さいのでかなり粗い。
仕方ないので細かいところは他の画像や参考になる物を見て修正していきます。
大体は自分の勘ですが。

で、塗布する部分、今回は印刷してある黒い部分をカッターで切り抜いていきます。
チキチキとね。
カッターは毎度の事ながら(?)OLFAです。
OLFA以外使う気がしません。
今回はアートナイフを使用。
これはかなり使い勝手がいいです。
細かいところもさることながら、
曲線部も切り易いですし、
刃の角度も絶妙で力をあまり必要としないのも良いです。

ちまちまちまちま・・・

さて、切っていくと当然のことながら、
「A」の△の部分のように宙ぶらりんになるところが出てきます。
前回はサイズが大きかったのと、数が少なかったから良かったのですが、
今回は余りにも細かいのと数が多いので、
マスキングテープを使用して位置決めをしてしまいます。
ペタペタってね。
ただこれが後に分かることなんですが、失敗でした。

切り終わったところで大体の位置決めをして、
アイロンでプシューっと貼り付け。
あとで剥がすのを考慮した上で、
あまり圧力はかけないで貼り付けていきます。

で、熱が冷めたところでマスキングテープを剥がしていくのですが…

シマッタ。
剥がれづらい…!!


そう、ずれないように貼ったマスキングテープは、
熱を加えるとテープ自体の収縮は無いものの、
粘着力が増すという性質があったようで。
これは更なる改良が必要ですね。
熱を加えても粘着力がさほど変化しない、
さらに強い粘着力は必要無いとなると…。
こういうテープってどうやって探せばいいのやら。

どうにかこうにかゆっくりとじわじわ剥がしていきます。
この通り。

試作品

さて、ここからが本番です。
筆でちまちまと塗料を塗布していくわけですが、
粘度が高いというのもあって、
一度に塗れる面積はかなり狭いので、
かなりイライラしていきます。

そこで、
「水性なんだから水で薄めればいいんじゃね?」
という安易な発想が電球と共に脳裏に浮かんできました。
ピコーンっと。

では早速。
カチャカチャ…。
ぬりぬり…。
あ。
滲んだ…。
orz


滲んだ…orz

そう、水分が多すぎで滲みます。
当たり前ですね。
いや浅はかでした。

ただ、筆先が濡れているとかなり塗りやすいのが発覚。
つまり、水分を適度に含ませた筆で十分に捏ねると丁度良いという。
これは面倒。
だが仕方ない。
なもんでちまちまと塗っていきます。
ぬりぬり…ちまちま…。

時折光を当てて塗料の濃淡具合を確かめながら修正していきます。
ぬりぬり…ちまちま…。

大体塗り終わったところで、
乾燥させます。
ドライヤーを使ってもいいです。
およそ30分~60分くらいです。

…60分経過。

さて塗料が手に付かなくなった位まで乾いたので、
アイロンプリントの部分を剥がしていきます。
これがまたちまちまと。
広い部分はいいのですが、
細かい部分はカッターの背の部分を使って剥がしていきます。
バリバリっ…ちまちま…

特に塗料を厚塗りしていると、
アイロンプリントとの境目が分かりづらいのと、
塗料が離れづらいので、そこはカッターを使います。

大体剥がし終わったら最後に仕上げとして
アイロンをかけます。
ぷしゅー。
あ、スチームはかけないですよ?
あくまでも分かりやすいように擬音です。

ひとまず完成~。
うむ。立派なものです。

ひとまず完成。・・・あれ?白は?

あとは細かい部分を修正して、
さらにアイロンをかければ完成です。

ちなみに白いのは失敗したのでお亡くなりに…。

あああ・・・

さて、
今回はこれだけじゃつまらないので、
左袖の部分に一文字づつ。
「岬」と「紫」を同様に塗っていきます。
が!
これがまた失敗。
アイロンを強くかけすぎた為に、
剥離の時にはがれないという…
仕方ないのでガムテープでビリビリっと剥がしていくのですが…
何度やっても剥がれない…くそう。

そこでグーグル先生の出番ですね☆
「アイロンプリント 剥がし方」で検索っと…。
っターン!!

ほうほう。
消毒用エタノールをかけて剥がすのか。
ふむふむ。

買って来ました。
これです。

くさっ

いくつか種類があるのですが、
ちょっと高めのものをセレクト。
値段はどうやら濃度に比例するっぽいです。

さっそくボロ布に少量とって、
ポンポンと叩くように染み込ませていきます。
が。
ここでもまた問題発生。
塗料が溶ける。
ありゃ。
仕方ないので裏返して、
塗布面(表側)に当て布をして、
裏側から染み込ませていきます。

全体的に染み渡ったところで、
表側にひっくり返して剥がしていきます。
ちまちま…
おお。これは剥がしやす…い…?
うーん。
多少は剥がしやすいものの、
想像していたのよりは遥かに地味です。
仕方ない。またちまちまやりますか。
ぽんぽん…ちまちま。
ぽんぽん…ちまちま。
うん?あれ?
何度やっても剥がれない。
むー。どうしたものか。
時間も無いにで誤魔化そう。
うん、そうしよう。
残ったアイロンプリントの部分の上から、
塗料を塗っていきます。
うし。できた。
このほうが手作り感があっていいじゃない。
うん良い…多分…orz

さて、仕上げにアイロンかけて、完成です。

中島さん専用

黒と紫。

紫さん専用

まぁまぁでしょ。
ここまでやるんだったら「Tシャツくん」を購入した方が良い気もしますが、
Tシャツなどを作る頻度を考えるとね…。

今回は塗料を試せたのでよかったです。
ただ新たな問題点が多数出てきましたが…。
これらが解決できれば、
応用で色々できるんですがねー。

さて今回掲載許可を頂いた
MiddleIslandの中島 岬さん、紫さんありがとうございました!!
喜んでいただけたでしょうか?

このTシャツはM3の差し入れとして、
お二人にプレゼントしたものですので、
現在自分の手元にはありません。

いつの日か、
このTシャツを着てイベントに参加されることを期待しています!!

(´-`).。oO(もっと良い物作れるようになったらいいなぁ。)

| 雑記 | 22:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

Tシャツを手作りして渡すとかスゴいですね…ちょっと引くわ~^^;

| | 2010/05/17 09:45 | URL |

No title

コメあざっす。

何事もちょっと大袈裟な位が丁度良いんです…多分…。

| マブ | 2010/05/17 23:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/473-72eeea23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。