Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[例大祭7 現地調達でGET!] 流月抄 Moon over Mind. / Crest

流月抄 Moon over Mind.
作品名:流月抄 Moon over Mind.
サークル:Crest

2010.3/14頒布

東方アレンジアルバム
全7曲収録
6曲がVo曲



■感想みたいな何か
花たんとしてもお馴染みの、
ユリカさん所属のサークルです。
サークルとしては初めての東方アレンジアルバムのようで、
ユリカさん以外にも、Cheroseさんと、
ゲストとしてASKさん(あすけの。)も参加しています。

まー、当然ユリカさん目当てですよ。ええ。

=====

tr-1「Intro.」
「永夜の報い」のピアノインストアレンジです。

ピアノソロでかなり原曲に近く、
とても聴きやすいです。

透明感のあるクリアなピアノの音色は、
幻想的で良いですね。

タイトルの通りイントロ曲なので、
1:02と短いです。

ただこの曲があるからこそ、
次曲が映えるってもんです。

tr-2「The Bad Moon」
「幻視の夜」のヘヴィロックアレンジです。

ちょっとコモった感じのサウンドの、
へヴィかつちょっと明るいG.のリフからのイントロで始まり、
エフェクトがかかってユリカさんのVo.が入ってくる冒頭には、
「カッコイイ!」の一言。

パワフルで伸びのある、
存在感のあるユリカさんのVo.はまさに圧巻。
へヴィなサウンドに気後れすることなく、
見事に歌いきっています。

特にサビでのハーモニーはパワフルさだけでなく、
美しくも繊細な一面も垣間見れます。

ミドルテンポでノリも良く、
メロはいじってあるものの、
とても聴きやすいアレンジになっています。

サウンド面ではちょっと低音が強いです。
特にG.。
へヴィさを前面に出しているのと、
ユリカさんのVo.を際立たせるのはわかりますが、
Dr.が聴きづらいくらいなのはどうかなーなんて。

G.ソロも収録されてますが、
オマケ程度ってな感じです。
もうちょっと頑張って欲しかったのは秘密です。

それでもこの曲は純粋にカッコイイです。
ひさびさに骨のあるヘヴィロックを聴きました。

tr-3「Bizarre Dream」
「夜だから眠れない」のヘヴィロックアレンジ。
これは珍しい「東方三月精」からの出典ですね。

とてもダークなシンセのイントロと共に、
怪しいCheroseさんのVo.で始まるスローナンバーです。

途中からまたしてもヘヴィなG.が加わって、
妖しくも消え入りそうな細い歌声の
CheroseさんのVo.がたまらないです。

こちらもメロはいじってあるものの、
とても聴きやすいです。

やはりヘヴィさに重点を置いている為か、
低音強めです。
もうちょっと中間域が欲しかったかなぁ。

CheroseさんのVo.も若干ですがクセがあるので、
人によっては好みの分かれるところじゃないでしょうか。

あ、遅れましたがVo.のCheroseさんは男性です。

それと、ブックレットには歌詞が掲載されてないのですが、
HPにて公開されているので本作をお持ちの方はどうぞ~。

tr-4「Tears of Moonlight」
「狂気の瞳」のアレンジ。
Vo.はユリカさん。

基本4ツ打ちで、
ここまでのロック路線とはちょっと違います。

曲自体はシンセが主体ですし、
ミドルテンポでノリも良く、
メロはサビの部分がほぼ原曲通りなので、
非常に聴きやすいです。

ハウスっぽいピアノや、
ちょっと粗いG.のサウンドがまた良いです。

ユリカさんのVo.は言わずもがな。
とてもパワフルに、かつしっとりと歌い上げてます。
ラストはちょっとセクシーです。

派手さはないものの、
ユリカさんの違う一面が見れたようで、
満足のいく一曲です。

tr-5「Blue Ray」
「天空のグリニッジ」のJAZZアレンジです。
Vo.はASKさん(あすけの。)。

大人の雰囲気バッチリのアレンジで、
とても良いです。

ASKさん(あすけの。)のVo.もとても通っている歌声で、
クセも少なくとても聴きやすいです。

こちらもメロは多少いじってあるものの、
聴きやすいですね。

tr-6「Midnight Queen」
「亡き王女の為のセプテット」のアレンジです。

ピアノからのイントロが美しいスローな4ツ打ちアレンジで、
ユリカさんがスローながらもパワフルで、
かつしっとり歌い上げてます。
これはたまらないです。

メリハリもはっきりしている曲展開も、
Vo.に重点を置いている構成もよく、
さほど派手ではないのも良いです。

特にピアノのVo.だけの部分は幻想的で、
とても良いです。

tr-7「無重力の世界とくだらないいくつかの理由」
「千年幻想郷」のバラードアレンジです。
Vo.はCheroseさんです。

とてもしっとりしたサウンドで、
CheroseさんのVo.がぴったりはまっています。

またオーケストラサウンドも見事です。
壮大ですし、何より全体的に巧いです。

ちょっと短いのが残念です。
もっと長くてもよかったかも。

=====

全体的に見て、
Vo.に重点を置いた作品なので、
歌モノ好きにはもってこいですね。

また前半が勢いがあるのに対し、
後半がやや失速気味なのが難点かと。

逆にジャンルがバラバラなのに、
意外にも違和感無く感じました。
これにはちょっとビックリです。

ユリカさんにはほんとロックが似合います。
こういう女性Vo.は久々に見ますね。

CheroseさんASKさん(あすけの。)と、共に巧く存在感もあるのですが、
ユリカさんに喰われてる印象も受けました。
男性Vo.でパワフルなのが1曲でもあれば印象は違ったのでしょうが。

パッと見東方とわからない、
ダークなジャケットもまた良いです。

パワフルな女性Vo.が聴きたい方は是非ともオススメしたい一枚です。
とはいっても3曲ですが、それだけの価値はあると思います。

| 同人音楽 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/497-0b6b6836

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT