Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010春 現地調達でGET!] 東華爛漫 / INFINITY

東華爛漫 / INFINITY
作品名:東華爛漫
サークル:INFINITY

2010.5/5頒布

東方アレンジアルバム
全7曲収録
6曲がVo曲



■感想みたいな何か
サークルとしては2枚目のアルバムで、
今回はあんきものお二人は参加していない模様です。

今作ではVo.が5名という豪華さ。
混声はないものの、
男女Vo.にインストと入り混じった内容になっています。

=====

tr-1「時は流れ...」
「プレインエイジア」のアレンジです。

冒頭からヘヴィなエモ系のリフと共に、
海姫(MIKI)さんのなかなかにパワフルなVo.で
幕を開ける曲です。

スローテンポでヘヴィはバッキングなのですが、
ちょっと展開にには疑問を感じずにはいられなかったです。

特にAメロBメロで入ってるピアノはちょっと物足りないですし、
なぜか爽やかになる展開とか。

コーラスのハモりは綺麗でいいですね。
これで男性Vo.のスクリーモも入ってたら良かったのに。

tr-2「嘆きの鐘」
「千年幻想曲」のメロデスアレンジです。

Vo.はぐりこさんで男性です。
これはなかなか良いデスボイス。
ホイッスルボイスも出せればもっと良いですね。

時折ストリングスが入ったりして、
シンフォニック要素は足りないものの、
リフやバッキングがなかなかにメロディックで
良かったです。

全体を通して疾走していない展開も
また良いですね。
展メリハリがあって実に良いです。

tr-3「溺愛の水槽」
「ティアオイエツォン」のデジロックアレンジ。
ここでのいきなりのデジタルサウンド全開のキックには
ちょっと焦ります。

イントロは爽やかで良いですね。
キラキラとまではいかないシンセもなかなかです。

Vo.は桜みるくさん。
ちょっとこの曲には合ってないように感じます。
もっと可愛いVo.の方が良かったかも。

あと、コーラスが合っていないようにも聴こえました。
しつこいとまではいかないものの、
ちょっとコーラス多目です。

サビの派手さは良いのですが、
ちょっと高音がキツイです。
ここで入っているクラップは良いですね。

爽やかなままのG.ソロは見事。

tr-4「偽りなき光る個性」
「幻視の夜」のインストアレンジです。

まるでメイデンのようなツインリードのイントロ。
これは純粋にカッコイイですね。

ちょっとスカスカ感はあるものの、
ノリの良いシャッフルのリズムが良いです。

サビ以外はメロがいじってあるので、
若干違和感はあるものの、
ノリと勢いで巧くアレンジされています。

ちょっとプレイに粗さが見える、
G.ソロは弾きまくりで良いです。
控えめなコーラスもなかなかのものです。

tr-5「紅の夜」
「ツェペシュの幼き末裔」のアレンジです。
スローテンポのヘヴィロック調の曲です。

イントロの妖しいシンセの後の、
ヘヴィなリフは純粋にカッコイイです。

Vo.は海姫(MIKI)さん。
綺麗なコーラスを聴かせてくれます。
ヘヴィなバッキングと相成って、
独特な雰囲気を出しています。

めちゃくちゃ妖しいカオティックなG.ソロは面白いです。
もっとやっちゃってもいいくらいです。

tr-6「螺旋糸」
「暗闇の風穴」のアレンジです。

イントロからのキラキラシンセが目立つミドルテンポの曲で、
まるでV系のようなディレイが強いサイドG.が
初期のLUNA SEAっぽくて良いです。
もっとクリアな曲調でも良いくらいです。

Vo.は七色さんという女性の方です。
低音部は良いのですが、
高音部がちょと不安定に聴こえました。

tr-7「懐音」
「懐かしき東方の血」のアレンジです。

原曲勝ちなのですが、
イントロの冒頭がカッコイイです。
シンセが加わってるバッキングもカッコイイです。

メロは原曲重視で聴きやすいというか、
これはもう原曲のメロが綺麗なので仕方ないですね。

Vo.はmeiさんという女性の方。
ちょっと高音が不安定でしょうか。
ただ、コーラスがちょっと合ってないように感じました。

G.ソロも弾きまくりでいいです。
なかなかのテクニシャンですね。

=====

うーん。
なんというか惜しい。
まだまだ発展途上で伸びしろはあると思いますが、
どの曲にしても物足りない印象です。
アルバムを通してのまとまりにも欠けますし。

ただ、テクは十分ですし、センスの良さも感じるので、
今後は十分に期待できるんじゃないかと思います。

| 同人音楽 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/511-fcadc7f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。