Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[例大祭7 現地調達でGET!] Flowers for Patchouli / Dark PHOENiX

Flowers for Patchouli
作品名:Flowers for Patchouli
サークル:Dark PHOENiX

2010.3/14頒布

東方アレンジアルバム
全10曲収録
全てインスト



■感想みたいな何か
ゆうさん(PHOENIX Project)と
姫川紫音さん(LOST IN THE DARKNESS)によるユニットのアルバムです。
ゲストアレンジャーとして、くみちょさん(APAZOME)も参加しています。

中ジャケのパチェが可愛いです。

=====

tr-1「信仰は儚き人間の為に」
ピアノのイントロで始まる、
ミドルテンポのHRアレンジです。

起伏に富んだ展開で、
スローになる部分でのアコギや木管は良い味出しています。

メインメロはリードG.とストリングスを行ったり来たり。

メロは多少弄ってあるものの、
比較的聴き易いですね。

ちょっとバッキングの音量が大きいでしょうか?

原曲の持ち味でもあるメロの良さを引き出し切れていないのか、
サビの盛り上がりに欠けるように感じました。


tr-2「花の映る塚」
重い。
余りにも重いリフで始まるミドルテンポのメタルです。

ただ、そのリフが単調でつまらなく感じます。
重いのはいいんですけどね。

メロはシンセで、この曲も多少弄ってありますが、
さほど気にならない程度かと。

ミドルレンジの音域が無いため、
全体のバランスが悪いです。
リピートするにはちと苦痛です。

tr-3「魔界地方都市エソテリア」
寂しい感じのアコギとシンセ、
フルートで始まるスローテンポのバラード(?)曲です。

これは原曲の持つ、
良い雰囲気を上手く昇華させているように感じました。
モロに寂しそうな雰囲気がたまらないです。

メロもほぼ原曲そのままで聴き易いですね。

tr-4「幽霊客船の時空を越えた旅」
ミドルテンポのアレンジです。

8ビットサウンドから幕を開け、
ストリングスを加えて段々と変化していくのは面白いです。

メロもチップからストリングス、ピアノやエッジの効いたリードG.など、
二転三転して面白いです。

中盤のピアノそろもなかなかのもの。
聴き応えがあります。

tr-5「法界の火」
寂しげなシンセのイントロから一転して、
激しい2バスドコドコのスピードチューンへ変化するメタルアレンジです。

ストリングスとピアノ、フルートの雰囲気たっぷりの
コンビネーションはさすがです。

中盤手前の激しくヘヴィなバッキングの嵐と共に現れる
発狂ピアノは凄まじいです。
これはたまらん。

STOP&GOが激しい曲ですが、
メリハリの効いている展開で、
逆に気持ち良いですね。

tr-6「蠢々秋月」
リズミカルなピアノが印象的な、
スピードチューンです。

弾きまくりなピアノとストリングスの絡みはまさに絶品。

中盤のB.ソロもまた良いです。

この原曲にありがちなアレンジじゃないので、
新鮮味があって良かったです。

tr-7「フラワリングナイト」
80年代の香りがする、アッパー系アレンジです。

ノリのいいリフが心地よく、
懐かしさ溢れるオルガンの音色がたまらないです。

この曲のありきたりのアレンジじゃないので、
新鮮ですね。

メロはシンセ、ピアノ、リードG.と行ったり来たりですが、
それほど弄られてないので聴き易いですね。

tr-8「広有射怪鳥事」
ストリングスとアコーディオンがメインの、
どことなく北欧の香りが漂うアレンジです。

3拍子ってのもありますが、
この田舎っぽさは雰囲気たっぷりです。

アコギ、ピアノも入ってきて、
隙の無いアレンジになっています。

このアレンジも新鮮でした。

tr-9「密室に花束を(ラクトガール)」
壮大なシンフォニックサウンドで幕を開ける、
4ツ打ちベースのアレンジです。

シンフォニックサウンドだけでなく、
ピコピコ電子音や、ピアノ、ヘヴィなG.も入っている、
いい意味で捻くれたアレンジです。

二転三転する構成はなかなかのもの。
メロも原曲重視で比較的聴き易いです。

終盤の発狂ピアノは絶品。
これはいいアレンジです。

tr-10「妖怪寺」
くみちょさん(APAZOME)アレンジの曲です。

寂しそうなピアノとストリングス中心の、
しっとりとしたスローテンポのアレンジです。

終盤に向けてヘヴィなG.が入ってくるあたりは
ゾクゾクします。

まさにアウトロ曲に相応しい曲です。

=====

一癖あるものの面白いアレンジが多く、
聴き応えはあります。

統一感が全く無いので、
そういった意味ではちょっと人を選ぶかも。

どうでもいいですが、
プレスなのに通常のジュエルケースではなくスリムなのは良いですね。
場所を取らない的な意味で。

| 同人音楽 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/538-08ecaca8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT