Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[M3-2010秋 現地調達でGET!] クリノリンの鳥籠 -Cage of Crinoline- / Necrophilica

クリノリンの鳥籠 -Cage of Crinoline-
作品名:クリノリンの鳥籠 -Cage of Crinoline-
サークル:Necrophilica

頒布日不明

オリジナルシングル
全2曲収録
1曲がVo曲



■感想みたいな何か
M3のカタログのサークルカットに惹かれて購入しました。
ひと目でゴシックサウンドと分かるジャケット。
こういう分かりやすいの大好きです。
そして当然の如く、完全手作り。
こういうの大好きです。

=====

tr-1「Crinolineの鳥籠」
アルバムだったら冒頭にあると似合いそうな
ピアノを基調とした、
スローテンポのゴシックインストです。

少し打ち込み感が分かってしまうのと、
一部音程がズレているように感じました。

約3分半と短いですが、
鐘の音やカオティックな展開はまさに王道。
狂気っぽさが足りないとは感じましたが、
やりたいことは伝わってきました。

tr-2「偽りの姫君」
イントロのストリングスのメロでやられました。
これは良いゴシックメタル…なのかなぁ。
曖昧ですいません。メタルじゃないかも。

へヴィなリフ、タム回しの多いDr.、
そしてメロディックなメロ。
聴きやすいミドルテンポ。
こういうの大好きです。

尚且つ、ドラマティックさを演出する、
ストリングスを中心としたオーケストレーション。
静と動を巧く使い分けた曲構成。
これは素直に良いと思いました。

さらにカオティックさを演出する轟音の波。
ゴチャゴチャしているものの、
ひとつひとつ良く聴いてみるとしっかり造られています。

残念な点としては音質とバランス、
あと好みのハッキリ分かれる男性Vo.でしょうか。

展開がメリハリ効いているのに対して、
サウンドのメリハリがいまいちだったりします。
若干こもって聴こえる感じも受けました。

Vo.は個人的にはあまり好きではない歌声です。
ただ、そこら辺の素人より全然巧いです。
凄いのは低音と高音のギャップ。
低音では威圧感を伴う、太い歌声なのに対し、
高音では細いながらもパワフルにしっかり出ています。
ファルセットの使い方も巧いです。

メロディラインの素晴らしさはイントロから証明されてます。
Aメロ・Bメロ・サビ、
どれをとってもキャッチーで覚えやすく分かりやすいメロディライン。
Vo.曲がこの1曲しかないのが悔やまれます。
もっともっと聴きたいですね。

=====

好みがバレバレですね。
メロディが美しいのは大好きです。
あえてクサメロとは言いません。
クサメロって表現が嫌いなので。
どうでもいいですかそうですか。

これは良い拾い物。
まだまだこんなサークルが隠れているとは。
これは応援せざるを得ない。
勝手に応援リンクに追加させて頂きます。

ともかく今後の活動に大いに期待です。
ゴシック好きなら手に取って損は無いかも。

| 同人音楽 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/584-21c1d778

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。