Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

怒涛の三日間~そにょ3

へくちっ(←挨拶

ラストの三日目ー。

ま、軽くレポみたいな感じで。



もっと詳しいレポが読みたかったら他の人のを見るといいよ!
俺の読むとがっかりするよ!



13日(月)

遂にこの日が来た!

MintJam × 民安★ROCK Spicy Night 1stGIG
at 吉祥寺 CLUB SEATA


Tシャツとチケット

この日の為に一ヶ月前から仕事を休む準備をした甲斐がありました。
ギリギリまで休めるかどうか不安でしたが。

平日の、しかも開演は遅い時間ということもあり、
入場には数々の制約がありました。
整理券配布後一度解散するとかね。

しかし当日は生憎の雨模様で、
自分の髪がとんでもないボンバヘッ!になってたり。
これだから天然パーマはねー。

15時から整理券配布だったのに、
勢い余ってか、13時半には会場に着いてしまった。
がしかし。
既に顔見知りが何人かいるとかもうね。
あんたら一体何時に来たのよ。

知り合いと談笑していると、
次々と関係者やらメンバーやらが会場入り。
まさかジャージ姿のTERRAさんが見られるとは。
a2cさんのギターケースにはflipSideと書かれたテープが。
ちょっと笑いました。

その後続々と知り合いが到着。
と、ここでスタッフから一旦捌けろとの指示が。
仕方なく20分少々会場を離れ、
指定時間ちょっと前に再び会場へ。
既に列出来てるし!
それでもなんとか整理番号30番をGET!
そしてまたオープンの時間に来いやぁとスタッフの指示が。
そう。オープンまで2時間以上あるのです。
なもんで、総勢9人のMintJamファンでカラオケへ。
ここは割愛。
とりあえずギタリストは歌が巧いということは分かった。
あと、みんな牽制しすぎw
俺もだけど。

集合時間近くなったので、
三度会場へ。
あらー。人がいっぱいだわー。
早速列形成へ。
程なくして整理番号順に入場開始。

で、物販にー。
と思ったら、何も無い。
どうやら荷物の到着が遅れているご様子。
仕方ないですねー。

そそくさと荷物をロッカーに押し込めて、
前回の「ちょっかな。」で着ていったTシャツで、
いざステージへ!

おお。
まともなハコだ(失礼
モニターも付いている。
これは見やすい。

既に2マンライブの時点で最前列は諦めていた、
というか、体力的にキツイので、
後方の音響的に良い場所で観覧することに。

まだかなーとか待っていると、
続々と追加で知り合いが到着。
出席率高いなーとか思ってたら!
おお。
もう一人の神がいた。
なんという。
さらに熊殺しボイスのあのお方まで。

もっと良く会場を見回してみると、
ちらほらと見知ったサークルの中の方々が。
おうふ。
初めて名乗れた方もいて良かったです。
冬コミでまた!

入り口から入ると正面にいたのもあってか、
Tシャツのせいなのか、
視線が痛い痛い。
あえて言わせてもらおう。
「欲しいか?」

10分くらい押してスタート!
まずは民安★ROCK

セットリストは曲が分からないから、
他のファンの方のレポを見ると良いよ!

いやー。すごいな。
ライブ慣れしているというのもあるけど、
演奏陣の抜群の安定感。
疾走するアップテンポナンバーの数々。
キッキングホースラプソディーの曲が聴けたのは良かったです。

民安さん可愛いな!
ファンがはしゃぐのも無理ない。
衣装も可愛かったー。
チラチラ見えるお腹が…。

けどね。
やっぱり、あの、合いの手とかコールとか、
あのあたりはどうしても好きになれない。
否定するわけじゃないんです。
ただ好きになれないだけ。

そんでもって少し休憩。
ここでお客さんの移動がw
なんて分かりやすい。
無論自分は動きませんが。

そしてなかなか開かないカーテン。
どうやら機材トラブルがあったようで、
入れ替えに戸惑っている様子。
20分くらいかなー。
それくらい経ってから…

おお…。

遂に登場!

MintJam

セットリストは以下

1.Ignition on
2.Energy drive
3.Prmetheus
4.Melty blood
5.Judgement day
6.Light my fire
7.words
8.Perfect world
9.Sinario
10.Rival
en.Alice magic

もはや鉄板ともいえる
Ignition on ~ Energy driveからスタート!
いつ聴いてもこの流れは素晴らしすぎる。

ライブハウスということもあって、音響はばっちり。
後方だったので、Dr.のMOCHIさん(takrockers!!)の姿が
良く見えなかったのが凄く残念。

そしてPrmetheus
ライティングが素晴らしい!
これはスタッフ良い仕事してます。
TERRAさんが両手を広げる姿には、
ちょっとした感動を覚えました。

何よりびっくりしたのは、
B.のhisashiさん(takrockers!!)が
激しく頭を振りながら5弦B.を弾いていたこと。
あの温厚そうな方からこんな姿が見れるとはw

続くはMelty blood
先日のインストアライブでも話していましたが、
ブレイクの入りが難しい曲ですが、
今日はバンド編成なので申し分なし。

次はJudgement day
TERRAさん歌詞が違うよっ。
流石に気付いていたようで。

新譜からLight my fire
公式Blogでも書かれてましたが、
サビの合唱が巧くいったようで、
TERRAさんが物凄く喜んでいたのが可愛かったです。

そして、サプライズともいえるwords

聴きなれない方も多いかも知れない、
a2cさんが参加している「G5 Project」からの選曲です。
まさかこの曲が生で聴けるとは思いもしなかったです。

終始鳥肌立ちっぱなし。
この曲だけは間近で見たかったとちょっと後悔。
モニターだと細かい動きが見えないんですよねー。

新譜からさらにPerfect world

resetさんのカバーですね。
これはまずい。
先日のインストアライブとは違って、
何から何までヤバイ。
ちょっとウルっときたのは内緒。
はー。
良い曲だわー。

そしてreset繋がりのSinario

幾度と無く聴いていますが、
やはり良いものは良い。

ラストは有名曲Rival

TERRAさんからの曲紹介があると、
会場は一気にヒートアップ!
やっぱみんなこの曲大好きなのねー。
うんうん。

ラストが終わって直ぐに、
民安ファンの方が音頭をとってアンコール!アンコール!
このあたりは良く訓練されてるな~と感心。

直ぐにMintJamのメンバーが出てきた!
と思ったら、民安さんまで。

そう。
アンコールはAlice magic
この時点で民安ファンが前に押し寄せて凄い状態に。
これには流石に混ざれないw

曲が終わった時点で既に時間がオーバーしているらしく、
速攻で撤収。
出口ではメンバーの方々が見送り~。
そして硬い握手を。
はぁ。たまらん。

以上!

いやあ。
たまらん。
TERRAさんのボーカルも、
a2cさんのギターも、
setzerさんのキーボードも、
hisashiさんのベースも、
MOCHIさんのドラムも、
全てが凄かった。

ちょっかなやインストアライブとは違い、
曲数も多いので大満足です。

ただ一つだけ言うならば。
流れが悪かったかな?
MCは良いと思います。
トーク面白いですし。
曲が終わるたびにMCが入るのはどうかなーと。
2曲連続で演奏してもいいと思います。
Ignition on ~ Energy driveは別として。

それでも大きな不満はないですね。
非常に良かったです。
ハコの規模も音響も良かったです。
またここでやって欲しいですねー。

MCの部分はうろ覚えな部分が多いので割愛です。
他の方のレポを読むといいよ!

その後知り合いの方々と「また!」と分かれた後、
某N君と某Mさんと居酒屋で軽く打ち上げ(?)へ。
ライブ会場が近いとコレが出来るからいいよねー。

ここでもちょっと有意義な時間を過ごしました。
音楽仲間っていいわー。

そうそう。
そこでちょっと話が出たのですが、
「スペシャルサンクスに名前が載ると、
身内のサークルでも嬉しいよねー!」

うんうん。
正直マジで嬉しいです。

某MさんにはMintJamセットのビニール袋を進呈。
画像は無い。
実は会場待ちしているときにTERRAさんから頂いたので、
二枚あるから欲しいならと。
喜べ!

そんなこんなで。
怒涛の三日間終了です。

各々のイベントに参加された皆様おつかれさま&ありがとでしたっ!!

おうふ。
腰が痛いぜ。

| 雑記 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/591-bb82aa9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。