Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつかその殉いが / Necrophilica

いつかその殉いが


タイトル:いつかその殉いが
サークル:Necrophilica


2011.05.01頒布


オリジナルシングル


全2tr


Vo…2tr




■感想


個人的注目サークルの、
メンバーのソロシングルとのこと。
でも名義はNecrophilicaになってるんですね。


ジャケから分かるとおりの内容…
だがしかし。


=====


tr-1「いつかその殉いが」


スピーディなゴシックHRですか。
全体的なノリの良さと分かりやすい展開、
適度なヘヴィさと激しさ。
そしてキャッチーなメロ。
コレだけでも十分ですね。


チャーチオルガンのソロから始まり、
ストリングスが合流。
その後退廃的なメロへと変化し、
G,のリフが入ってからの
美しくもキャッチーすぎるメインメロのイントロ。
がっちりハートキャッチされました。
コレを聴けただけでも大満足です。


やや音数が多く派手ではあるものの、
ストリングス、チャーチオルガンなど、
ゴシックの基本は忠実に抑えていて、
ハーモニクスを多用したりしているところにセンスを感じます。
ただ派手ではなく重さにも重点が置かれています。


これまたキャッチーなツインリードのGソロ。
ここでのオルガンは要らなかったようにも感じました。
その後のサビの盛り上がりも素晴らしく、
キャッチーで美しいメロは十分で、
コーラスが加わったVo.は高音部で本領発揮。


今回もクセのある男性Vo.は健在ですが、
前作よりも数段巧くなっており、
高音の伸びもしっかりと
かなり聴きやすくなってますね。
ファルセットも多用していて、
これがまたコーラス映えします。
こういう男性Vo.はなかなか聴けないので、
ある意味貴重かもしれません。
ブリッジではしっとりとした歌声も聴くことができます。


ストリングスの音量が大きく、
Vo.とほぼ同じくらい。
このあたりのバランスを改善して欲しいと感じたり。
全体的に音数が多いせいか、
ゴチャゴチャしているのが気になります。
逆に持ち味にもなりそうですが。


それでも、これはイントロから持っていかれました。
実にクセになります。


tr-2「リクエスト『自決』」


ヘヴィなG.のイントロと
いい意味で気持ち悪い笑い声から始まるゴシックHR。
どことなくDirっぽく感じました。


うねるようなヘヴィなリフと、
これまたうねるようなストリングス。
さらにエフェクトがかかったVo.と。
実にV系っぽいカップリング曲っぽいといえば分かりやすいですかね。


キャッチーさはtr-1ほどではないものの、
ヘヴィなリフと、
ブラストビートが登場する展開もDirっぽい。


やはりゴチャゴチャしてます。
こちらは単純に音数が多いせいかなと感じました。
もうちょっとスッキリしてもいいんじゃないかと思ったり。


あと、少し全体的にDr.のフレーズが気になりました。
打ち込みだから仕方ないんでしょうけど。


=====


歌詞の掲載が無いのも気になりました。
Web公開でもいいから掲載して欲しいところです。


やはり音数が多くゴチャゴチャしてるのが気に掛かります。
がしかし、
それを補っても有り余るくらいの魅力と、
光るセンスを感じました。
またクセが強いので好みにもよりますが、
男性Vo.でのゴシックという点でも、
聴いてみる価値はあると思います。


とにもかくにも今後の活動が楽しみです。

| 同人音楽 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/637-dcc547ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。