Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっかな2011行って来た!!

ちょっかなした!!

ちょっかな2011チケ

感想→疲れた

ということで、レポみたいな何か。

(8/17修正2回)


やはりというかなんというか、
コミケの疲れもあってかちょっと寝坊。
待ち合わせに30分遅れるものの、
無事に迷う事なく会場着。
そして顔見知りやらフォロワーさんの出席率の高いこと。
14時過ぎに整理番号順に待機列を形成し始めて、
14時40分には10分押しで会場入りです。

BLAZE自体は来るの初めてですが、
交通の便も良くて箱自体の音響もかなりいいです。
時間潰しする場所や食事にも困らないのもいいですね。

いつも通りというかなんというか、
ステージセンター後方の柵前を確保。
柵があるので思いっきり頭振れますw

ちょっと回りを見渡すと、
PAが無い。
普通の会場ならステージに向かうようにPAがあるのですが、
ここではステージの下手側にPAを見つけました。
こういう配置は珍しいですね。
おかげでフロアが広く取れているのはいいことです。
自分の後ろには物販ブースと関係者席が。
おおう。

いつも通りにDJタイムからのMCで幕を開けます。

トップはtakrockers!!

テーマソングでもある「ちょっかな」からスタート!!
抜群のテクニックと安定感は安心して聴けますね。
ラストはMintJamの「Rival」をカヴァー!!
MintJamのライブではhisashiさんとmochiさんがサポートで入っているので
安心そのものなんですが、a2cさんのポジションのbbさんと、
TERRAさんのポジションの父さんはプレッシャーだろうな。
とか思ってたら。
飛び入りゲストでMintJamのTERRAさんが!!!
これはなんというサプライズ。
当然会場もヒートアップ!!
いいもの見れたわー。ホクホク。

二番手は意外にもG5Project。

恐らく今回のサポートのセットの都合の順番でしょう。
まずはGodspeedさんの「Cloudia」
ギタープレイよりもmochiさんのドラムプレイに目が行ってしまうのはドラマーの性。
この曲かなりトリッキーで演奏すること自体が難しいと思われるのですが、
安定していたのは流石の一言。いやはや感動しました。

続いてはニケさんの「Machinery」
疾走系の曲ですが、これまた安定感がヤバイ。
実はこの曲大好きだったりします。
生で聴けて良かった・・・!!
そしてここでようやくa2cさん登場。

ギタリスト3人による「Free for All」いやーたまらん。
こういうセッション気味の曲って聴いている方も楽しいもんです。

そしてラストは二度目のライブ体験になるa2cさんの「Words」
やはりa2cさんはa2cさんでした。
抜群の安定感とテク、
解りやすいまでのサウンドとニュアンス。
そりゃギターキッズも泣くわけですよ。

いやー、良いもの見れました。

ここで少しオーディエンスが減ります。

続いて白石稔 with Naked City.

ビックリした。
白石稔うめぇwww
とはいっても、なんというか良い意味での学園祭って印象ですね。
これは次回にも期待。

そしで本命でもある、回路-kairo-

いつも通りのステージングだけど、
音が良い分俺もヒートアップ!!
ええ、後方で思いっきり頭振ってたのは俺ですw
コミケで頒布された新作から「一期一会」などを披露。
これにはビックリしました。

ラストは大好きな「種蒔く人」。
もうここぞとばかりに頭振ってましたw
気持ちいいですね!!←

やはりというか、
オーディエンスでも「ポカーン」状態の人が多く見られました。
ノリ方が解らず戸惑っているというか。
いいんだよ、自由に動いて←

ところで、
最後にギターを回して頭にぶつけていた毛さんは大丈夫だったのでしょうか…?

つづいて六弦アリス

2度目のステージですね。
時々不安な部分があったものの、
前回より全然良かったです。
ただ、やはりというべきか、
音の粗さが目立ってしまったかなという印象。
コレを機にもっと経験を積んで、
もっと良いステージが見たいですね。

次はeufonius

メグメル
この一言でしょう。
彼らのステージを観に来た人も多かったはず。
聴かせる曲ばかりでしたが生で聴けたのは耳福です。ホクホク。

次はC-CLAYS
今日が3度目のステージだそうで。
あれ?何気に全部見てないか俺。
完全に記憶違いでした。2度目ですね、ええ。

それはさておき、
前回と同様ダンサーを従えた視覚的にも素晴らしいステージでした。

常連ですね、音影です。

いつものニンニンタイムです。
と思ったらいつの間にか人数減ってて残念です。
この日は4人でのステージでした。

がしかし。
パフォーマンスは流石です。
というか、去年よりも格段に良くなってました。
初めて見る人も多かったようですが、
会場の盛り上がりは一番だったんじゃないでしょうか。

コンセプトがしっかりしている、
分かり易いSEX MACHINEGUNSとでも言えばいいと初めて思いました。
ああいうパフォーマンスが好きな人なら間違いなくハマるはず!

ギターのポジションマークにLEDが仕込まれてるのはビビった。

なんといってもカヴァーでしょ。
MCはここでは省きますが、
「God Knows」を披露。
これまたヘヴィなアレンジで認知度がある分盛り上がりは最高潮。
良いセレクトですなぁ・・・。

そして民安☆ROCK

オーディエンスの盛り上がりパネェwww
オタ芸やってる方もちらほらいましたが、
周りの迷惑にならない程度にしましょうね。

ノリの良いポップな曲が多いので、
初見の方もノリ易かったんじゃないでしょうか。

しっかし民安さんがかわいいのはもちろんなのですが、
全員の衣装がかわいかったです。
緑のツナギをベースにそれぞれでアレンジされていて、
原色が多く使われていてポップでかわいいです。
人数が多いからこそ、
こういうのは映えるから良いですよねー。

ここでまたオーディエンスが減ります。
うーん。

そして初めて見るAsriel

やはりというかなんというか。
KOKOMIさん一人のオケでした。
バンドでのステージを期待してたけど、これは仕方の無いことですかね。

歌声はCDで聴けるそのものでした。
高音はブレないしパワフルでしたね。

あと衣装かわいかったです。
しかし「ごきげんよう」という挨拶が聞けるとは思わなかった・・・。
人生で初めてかも知れない…。

トリはet nu

名前もステージも曲を聴くのも。何もかも初めてですね。
ニコ動で活躍している人たちのバンドらしいですが、
ルシュカさんと町屋さんしか知らなかったです…。

このステージはハッキリ意見が分かれるとは思います。
オーディエンスを見てもよくわかりました。
確かに音も演奏も凄く良い。
が、演奏した曲がイマイチでした。
演奏された全ての曲が。
激しいものの聴かせる・メッセージ性の強い曲だったために、
ノリも悪く盛り上がりに欠けました。
これがもっと弾けるようなポップな曲だったらもっと良かったとは思います。

-----

いやー、流石に疲れました。
時々ロビーでくつろいで談笑したり、
色んな方に挨拶してましたが、
会場が変わってもちょっかなはちょっかなでした。
来年もある…んですよね?
必ず参戦しますよ!!

とにかく出演者・観覧者・スタッフ
そして主催のはぜさん!!
ちょっかなした!!


ちょっかな2011会場ポスター

-----

と、この後が大変でした。

新宿なので帰宅するにはそれほど苦労しないのですが、
やはり疲れてるので座って帰りたいよねーということになり、
新宿から一度上野に戻ります。

この時点で電光掲示板をもっと良く注視していれば良かった…。

上野に着くとなんかおかしい。
乗車するハズの電光掲示板が「準備中」になってる…。
終電までまだ1時間以上あるのに…。

アナウンスが流れているので耳を傾けると、
落雷で信号が故障したため運休中とのこと。

まじでー。帰れないじゃーん。

ちなみに鈍行です。
新幹線は動いていましたが、
コミケ後なので資金が…ぐぬぬ。

暫くすると、途中までは運行するとのこと。
とりあえず行けるトコまで行こうということになり、
(駅員に尋ねたら、最悪の場合はタクシーで振替輸送もあるとのことだったので)
列車に飛び乗る。

当然待っている他の乗客が多いので、
なんとしても座りたかったので、
いつも通りグリーン車です。

ちなみにこの時点で23:30。

ここからが大変でした。

信号が停止して運休しているということは、
自分達の乗っている列車の前にも列車がいるということ。
つまり、玉突きで動かさないといけない。

自分達の乗っている列車が駅に着く



先発の列車が次駅を出るまで待つ



自分達の乗っている列車が出る

こんな感じですね。

ちなみに自分らはほぼ終点まで乗っているので、
20駅くらい(?)は全部こんな感じでした。

通常だと上野から自分の使っている駅まで約2時間くらいなのですが、
この日は23:30に乗って駅に着いたのが29時過ぎ。

分かりますか?午前5時です。朝です。殆ど始発です。
というか夜行列車ですねコレ。

平常時の3倍もかかるとかマジ…。赤くないのにね。

ある意味貴重な体験でした。
もうしたくないけど。

| 雑記 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/648-15be3ee0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT