Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「作品を作る意味を、作品を世に出す意味を、ほんのちょっとだけ考えてみてはどうでしょうか?」

えー、M3お疲れ様でしたっ!(冬コミ前なのに
皆さんお目当ての作品が無事に入手できたでしょうか?
俺はというと…どうでもいいですね。

さて、今回のM3開催前にサークルチェックをしていて、
感じた・思ったことをつらつらと。
あくまでも個人的ないちリスナーとしての主観なのであしからず。

ムッとくる表現があるかも知れません。
上から目線な文章ですいません。
自分はこんな書き方しかできない様です。
なので、気分を悪くする恐れもあるので、
そのあたりを踏まえた上で読んで頂けたら幸いです。

あくまでも個人的な見解です。
なので、押し付ける気も更々ありません。
ましてや同人音楽同好会は一切関係がありませんので、
なにかあればコメントや拍手・メールなどでどうぞ。

では。


-----

・M3公式サークル一覧からのHPへのリンクが切れている

これ、結構ありました。

移転している場合も多かったですし、
ググって見つかる場合もあるんですが、
HPやBlogが存在していなかった場合もあります。

逆に言えばHPすら存在していない方が「無いんじゃ仕方ない…」と諦めがつきます。
個人的にはそういう方が逆に気になったりして、チェックリストに追加したりしますが。

ともかくコミケとは違い、
参加サークル一覧をリンク付きで公開しているM3準備会には頭が上がらないですね。
本当にありがとうございます。

-----

・作品の情報が少ない、欠けている。

作品の情報って凄く大事です。
例えばジャケだったり、タイトル、収録曲数、頒布価格などなど。
頒布価格の記載が無かったら、(´・ω・`)うにょーんってなりますが。

頒布価格については購入する側にとっては意外にも大事だったりします。
特に店舗委託をしている場合だと価格が大きく違う場合もあるので、
会場で購入しようか、それとも通販にしようか、店舗委託を店頭で購入しようかと
迷う事が多々あります。
大多数のサークルは価格の違いを記載しているのが殆どですが、
価格すら載せていない場合もちらほら見受けました。

それから試聴音源。
いまやHPなどで試聴できるのは当たり前になってます。
その「当たり前」になっているのをどうこう言うつもりはありません。
ですが、音楽作品を頒布するにあたって、
「自分(達)はこういう音楽を作ってます!」と作品を表に出す以上は、
音源が無いと判断できないのでは?と考えます。

個人的にはニ○動やY○UT○BEなどの動画の埋め込みは好きじゃなく、
クロスフェードなどのMP3をDL出来るの有り難いと思っています。
もちろんサークルのやり方があるので、否定はしません。
だって、動画を貼り付けた方がクリック一つで気軽に試聴できるんだもの。

試聴音源が動画でアップされてはいるものの、
その作品のタイトルすら分からないってのもありました。
正直、「それはどうなの?」ってなりましたが。

場合によってはアップできない事情もあるかと思います。
余りにも忙しかったり、PCが壊れたなどなど。
そういう場合は分かりやく「こんなジャンルですよ~」とか、
「当日試聴用意してます!」とか一言記載してみたらどうでしょう?

試聴音源だけでなく、他の情報全てにおいて、
過去作にも言えます。
新作だけが作品じゃない。
そりゃ、既に黒歴史化している場合もあるでしょう。
それは個々のサークルの判断ですが、
過去作が欲しいって、俺みたいな人だっているんです。
あまり「無かった事」にはして欲しくないとか思ってみたり。

-----

・HPやBlogが放置状態

これを目にする度にウンザリしてました。
リアルに(´・ω・`)←こんな感じです。

夏コミから更新していない位は当たり前で、
酷くなると一年放置、
最終更新2年前ってサークルもありました。
でもカタログのサークルカットを見ると、「新作頒布予定」とか記載してあったり。

忙しくで更新できない、
ツイッターの方が気軽に情報を発信できる、というのも十分わかります。
でも基本はHPやBlogじゃないですか…?

-----

・告知がtwitterやmixiのみ。

twitter廃人()の自分が言うのもなんですが、
限定的な告知ってどうなんでしょう?

忙しくてHPやBlogが更新できなくて、
twitterだと気軽に告知できるというのも分かります。
でも、みんなtwitterやmixiをやっているわけじゃないんですよね…。

でもネットに繋いでいない人もいるからなんとも言い難いですね…。

そんな限定的な告知方法なら、
いっそのこと何も情報が無い方が面白いと思うのですが。
サークルカットに「女性ボーカル物出します」。
他に告知は一切無し。
自分だったらチェックリストに追加しますね…。

-----

以下駄文

「作品を分かる人だけ分かって貰えればいい」
という声を良く耳にします。
その「作品を分かる」にはどうしたらいいでしょう?
媒体や表現方法が違えど、「作品」は同人誌も同人ゲームもコスROMも同じです。

それなら、作品の情報を公開するということは当たり前だと思うのですが…。?

自分もコスROM出したのは「自分が作りたかった」からという自己満足からです。
不純ですよね。でも動機なんてそんなものでいいんじゃないでしょうか?
良くある高校生がバンドを始めるきっかけが「モテたかったから」みたいなものです←
だから「自分が聴きたいから」とか「作りたかったから」という理由は否定しません。

一生懸命汗水流して作った作品です。
その作品には様々な想いが詰まっています。
それが例え不純な動機でも、一つの作品を頑張って作ったという事実には、
なんら変わりないハズです。
そんな情熱の結晶の「作品」です。
色んな人に見て(聴いて)貰いたいと思うのが道理だと思うのです。
それなら一人でも多くの人の目に触れる為に、
情報を公開するのは当たり前のことだと思うのですが…。

-----

あくまでも個人的な見解です。
なので、押し付ける気も更々ありません。
ましてや同人音楽同好会は一切関係がありませんので、
なにかあればコメントや拍手・メールなどでどうぞ。

ただ一つだけ。

「作品を作る意味を、作品を世に出す意味を、ほんのちょっとだけ考えてみてはどうでしょうか?」

| 雑記 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/660-baa70cf0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT