Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Overture -Scene Elminada- / GILDIA

Overture -Scene Elminada-

タイトル:Overture -Scene Elminada-
サークル:GILDIA

2010/08/14頒布

オリジナルシングル

全4tr

Vo…2tr



■感想

2ndアルバム頒布前に発表されたシングルです。
tr-1「Overture - scene Elminada -」は
2ndアルバム「Elminada -赫蝕の魔女-」に収録されていますが、
tr-2「赦しの城」はここでしか聴けない曲になっています。
tr-3とtr-4はそれぞれバッキングtrになってます。

鮮やかな色彩と構図で一際目を引くジャケットも良いです。
煌びやかな印象は収録している楽曲をも表しているようです。
裏ジャケとの対比も素敵です。

=====

tr-1「Overture - scene Elminada -」

ストリングスとピアノのイントロの後に、
いきなりサビから入って、
その覚えやすくキャッチーなメロに引き込まれる、
アップテンポのHRチューンです。

BPMは然程速くないのですが、
バッキングのシンセやストリングス、
テンポの良いメロにスピード感が出ていて、
実際の数値以上にスピーディに聴こえます。

コレでもかとキラキラしたシンセがメインに聴こえ、
ストリングスやピアノがノリの良さを引き立てています。

ややパワフルさには欠けるものの、
その高音の響きが美しいerica様の歌声は素敵です。
コーラスを従えたサビも美しいです。

一方G.やB.は聴こえづらく、
B.はそうでもないですが、
G.はソロ以外殆ど出番が少ないように感じました。
元々シンセがメインならそれでも良いのでしょうが。

音数は多いのですが、
どうしても中音~高音がメインになってしまい、
低音が不足していて全体的に軽く聴こえました。

終盤はサビのゴリ押しですが、
キャッチーさも相成って不思議としつこさは感じないです。

ちなみに何度かDr.をコピって叩いてみましたが、
非常に気持ちよく、本当に楽しく叩けました。

tr-2「赦しの城」

アップダウンの激しい旋律を奏でるストリングスと、
やや奥まった控えめなバッキングのG.のイントロで始まる、
スピード感溢れるHRチューンです。

tr-1「Overture - scene Elminada -」とはうって変わって、
G.が前面に出ていて、
それはG.ソロにも表れています。

シンセはそれほど聴こえないですが、
チェンバロ(かな?)も入っていたりして、
音数は多目で全体的に派手になっています。

サビの前の裏打ちハイハットが気持ち良いです。
この曲も叩いていて気持ちよかったですね。
ただちょっと単調には感じました。
もうちょっと色んなフィルを入れても良かったんじゃないかと思ってみたり。

ラストの転調はあざといものの、
それが分かっていても気持ち良いです。

展開は比較的お手本ともいえる構成なのですが、
メロのキャッチーさや全体が派手に出来ている為、
逆にビシっとハマっていて、
安心して聴けました。

=====

2ndアルバム「Elminada -赫蝕の魔女-」の序章的な位置づけですが、
この2曲だけでもお腹いっぱいです。(良い意味で)

ちなみにブックレットには物語のプロローグが掲載されていて、
2ndアルバム「Elminada -赫蝕の魔女-」を聴く上でも楽しめる内容になっています。

2曲ともメロがキャッチーな上にスピード感もあるので、
そういったのが好みの方にはオススメです。
逆を言ったら同じように聴こえてしまうのが残念かも知れません。

しかしジャケットがふつくしい…。

| 同人音楽 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/682-20e9e872

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。