Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

01 / 5150

01 / 5150

タイトル:01
サークル:5150

2011/10/30頒布

オリジナルマキシ

全3tr

Vo…3tr



■感想

ジャケットすらない、
幻想郷の不人気こと、5150のM3の会場限定150枚の作品です。

そもそも不人気だったら
ライブでアレだけ盛り上がってるのは不思議仕方ないです。

さて、シンフォニック東方シリーズや、
四季楽典などでのシンフォブラックやシンフォメロスピで有名なサークルですが、
実は龍さん、ポップスの方が得意だとか。

=====

tr-1「Glory day」

ハーモニカから始まるイントロで、
一瞬アメリカンロックか!?とか思ってたら、
いきなりの2バスドコドコ疾走&高音シャウト&ヘヴィリフでびっくりしました。

アニソンっぽいノリの良さと、
キャッチーで分かり易いメロ、
そしてヘヴィなリフを併せ持った、
ストレートな明るいミドルテンポHRです。

まるでGRANRODEOっぽいとでも言えば分かり易いでしょうか。
特にG.ソロのあたりなどはそう感じました。

龍さんのVo.はシンフォ東方シリーズで魅せる、
デスボイスではなく、
爽やかな通る歌声。
これが実に曲にマッチしています。

tr-2「風の吹くまま」

爽やかな3拍子のアコギがメインのポップスです。

比較的明るい曲調で、
青空が似合うような爽やかな曲です。
バラードではなく、ポップスを選ぶあたりが
龍さんらしいといえばらしいでしょうか。

良く話に出るからなのか、
なんとなくマクロス7のバサラを思い浮かびます。

アウトロが尻切れになっているのは気のせいでしょうか?

tr-3「どこまでも遠くへ」

サビから始まる、
物凄く爽やかな、
どストレートなミドルテンポのポップロックです。

まるでアニソンのようなメロがとにかくキャッチーで、
この曲でPV作ったら面白そうとか思いました。

多用されるブレイクがスピード感をより一層増していて、
ノリの良さを十分に引き出しています。

何気にG.がテクニカルだったりします。

いやー、素直に良い曲です。

=====

シンフォ東方シリーズとは違い、
5150の旧作や「RE:Start!」に代表されるポップスを押し出していて、
シンフォ東方シリーズの作風とは違った一面が十分に堪能できます。

とにかく3曲ともメロが良いです。
これで限定とか勿体無いんですけど。

こっちの方向でオリジナルアルバムを期待したいです。
あとライブもあったらいいなぁ、なんて。

| 同人音楽 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/691-cd153508

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT