Speeeeed!!

やりたいことはどんどんやろう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

優しい瞳/歪ノ華 -huzuminohana- / Sylfiore/猫の福音

優しい瞳/歪ノ華 -huzuminohana- / Sylfiore/猫の福音

タイトル:優しい瞳/歪ノ華 -huzuminohana-
サークル:Sylfiore/猫の福音

2011/05/11配布?

オリジナルシングル

全2tr
Vo.tr…2tr



■感想

Eine kleineの元になっている猫の福音とSylfioreのスプリットシングルです。
よく覚えてはいませんが、確か無料配布だったようなそうでなかったような。

今となっては貴重な一枚ですが、
収録楽曲はその後Eine kleine名義でリリースされた「Persona」に
2曲とも収録されています。

このシングルで驚くのは、
ほぼ手書きであろうジャケットと歌詞カード。
当然コピーではあるものの、1曲ごとに1枚使っていて、
歌詞そのものも手書きです。
簡単なイラストも加えてあって、実に同人臭くて堪らないです。

=====

tr-1「優しい瞳」Sylfiore

煌びやかなシンセが目立つ、
ノリの良い爽やかなアップテンポチューンです。

ピアノやシンセ、ストリングスが飛び交う曲で、
その音数に負けじとドラムも手数が多い上に疾走しているという、
とにかく派手な曲です。
それなのにうるさいとは感じず、
片思い(かと思われる)歌詞の内容に合う、
ちょっと悲しい、でも爽やかなメロディが同調しているのが凄いです。

「Persona」収録Ver.と比べると、
若干音が軽めに聴こえますが、
当時の朔夜さんは然程ヘヴィネスに傾倒していなかったものと思います。
顕著に現れているのは間奏の部分です。
ここが恐ろしく変わっているのですが、
個人的にはこっちのVer.の方が好きかも知れません。

他にはドラムのフレーズやギターのフレーズなど、
細かいアレンジが加わる前なので、
その違いを楽しむことが出来ます。
ちなみにこちらのVer.のほうが10秒ほど短くなっています。

tr-2「歪ノ華 -huzuminohana-」猫の福音

ヘヴィネスでザクザクしたギターリフが心地いい
ダークでゴシカルな曲調の3拍子の曲です。

テンポのアップダウンや展開も激しく、
音数も多く派手な部分も多いので、
聴いていて若干疲れますが、
一貫してボーカルを立てている曲なので、
然程うるさくは感じません。

イントロの笑い声から狂気を垣間見せる少女。
高音と低音の歌声がかなり違うというだけでも凄いのに、
くろねこさんはこういう台詞も出来るのが恐ろしいです。

「Persona」収録Ver.とは違い、
ギターがやや引っ込んでいる印象です。
恐らく収録しなおしているのでしょうが、
アレンジが少ない分、こちらの方がスッキリして聴こえます。
それでもヘヴィなのには違いませんが。

一部「Persona」収録Ver.とは歌詞表記が違いますが、
ほぼ変更は無いようです。
ちなみに「Persona」には「歪ノ華」というタイトルで収録されています。

-----

よく「この二つのサークルが別じゃなくてもいいじゃない」というのを聞きますが、
ボーカルの歌声や曲調など、
ここまでタイプが違うと別になっているのも頷けます。
ジャンルが近いせいか、
こういったスプリットでないと理解するのは難しいとは思いますが。
ただひたすらに惜しいのは、Sylfioreは既に活動を停止しているということでしょう。

手元に「Persona」があるのでアレンジ前後の聴き比べをしましたが、
こういった進化の過程が伺えるというのは実に面白いです。

ここまで書いて思ったのは、これもう絶対手に入らないですよね…。

| 同人音楽 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muv.blog72.fc2.com/tb.php/786-843f374d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。